Android端末を買い替えた時のEye-fiとSugarSyncの悩ましい挙動。

先日GALAXY-TabからARROWS Xに移行した際、microSDHCについてはそのまま差し替えて使いまわしているわけですが、これに関してEye-fiとSugarSyncが共に困ったちゃんな挙動をすることに。

差し替えたmicroSDHCには当然GALAXY Tab時代の撮影画像が入っているのですが、Eye-fiもSugarSyncも、これらをすべて「新規カメラ画像」とみなしてしまうのです。

どちらも、起動一番「xx枚の新規画像があるからアップロードするぜ?」と聞いてくるのです。あたしの場合、その数82枚(SugarSync調べ)。数枚ならば無視もできますが、この枚数となるとアップロードにも時間がかかり、2重化するデータ量もそれなりです。

SugarSyncについては「止めれ」と言ったら以降黙ってくれたのですが、Eye-fiは先ほどセットアップが終わったところでガツンガツンとアップを始めてくれましたさ?

設定を見回してもこの挙動を止める術は見当たらない気がするのと、そもそもどちらのソフトもカメラ画像等を自動で探し回って見つけてしまうようなので、たぶんmicroSDHCの別の場所に移動しても無駄。下手をすると3重になりそう。

対応としては

  1. 多重アップロードなんて気にしない♪
  2. microSDHCを差し替える前に、カメラ画像の類は削除しておく
  3. microSDHCの使いまわしを止める

…といったところ。1.は論外として、2.をやるくらいならば3.にしたほうが良い気が。

MicroSDHCに入っているデータで新しい機種に持ち込みたいものを考えた場合、ダウンロードしたアプリ類が持って行けることを少し期待したものの、これはできない様子(認識されてない)。データファイル類の大半はそれこそSugarSyncかEvernoteに入っているので、ローカルで持ち込む必要は無し。

となると、新しいmicroSDHCを買ってきたほうが良さそうだね。

SugarSyncも、Eye-fiも、データのほうに何かフラグつけるとか、「今日この日以前に撮影した画像はアップロードしない」とか、なによりも「このディレクトリはみなかったことにしてくれ」という機能が欲しいなぁ…。てか、イメージギャラリーとか画像系はどれも共通して「見なかったことに」機能が欲しいのだけど…。

Android的に、どれも同じ「画像検索機能」とか使っていそうだな。

「見なかったことに」機能を持ったアプリを作ってみるのも一手?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてARROWS X LTE F-05D。

ありがとうbmobile、そしてさようならbmobile。あたしはXiに行くよ。

一説によると"くろっしー"とは"苦労と試行"の略で、苦労試と書くそうな(ねぇよ)

…いや、苦労死とか?(おぉい)

えぇぇ、やっと手に入ったですよARROWS X。bmobile Fairの更新をするかXiに行くかの瀬戸際、bmobile Fairの期限切れ5日後に横浜ドスパラで出会えたのはまさに僥倖と言えませぅ。

時間制限の都合で受け取りは翌日夜閉店時間後になってしまいましたが(汗)

もとい。

GALAXY Tabが契約後1年経過し、Xiはテザリング上等、料金についてもテザっても電話機単体でも5985円、しかも今はキャンペーン中、そしてbmobile Fairの更新期限が1月という環境。

画面サイズについてはGALAXY Tabの7インチが捨てがたいのですが、防水タイプが欲しくなったです。理由は「お風呂でEvernote編集できる」ということで。iアプリ版もあるのですが、あたしのN-03Cはメールホーダイなので非メールのパケットは極力絞らないといかんのですよ。

しかし今季のDocomoはGALAXY Tabのマイナーチェンジを出してきたものの防水ではなく、構造的にもあまり変わり映えが無いという始末。Docomoってばなんでこの機種出したのだろう…。自分ところのラインナップでも7インチスレートは特別扱いにしているあたり独自のニーズを掘り起こしている自覚はあるのだろうし、だったら無理にマイナーチェンジしなくても良いと思うのだけどなー。

で、ARROWS Xなのですが、画面サイズは4.3インチと小さいものの、解像度で見るとTabが600x1024なのに対し、Xは720x1280。解像度では勝っているので、あとは4.3インチで小さい文字を見ていられるか、という点に勝負が移るのデス。

まー、あたし的には4.3インチでも一応電子書籍読めるな。具体的にはO'Reillyのebookですが。

カラーは赤です。3倍速い少佐のレッド。その証に角が付いてきました(嘘) もちろん伯爵もおまけに付きます(何)

いや赤しかなかったのですが。

プラン。

今回はテザリング含めがっつり通信する見込みがあるので、最初からタイプXiにねん+Xiパケホーダイ・フラット+SPモードです。目指すは通信各社言うところの「1/3」ってやつです。

GALAXY Tab時代から特に用もなかったのでスマートフォンでのimodeメールは使ってませんが、先日のトラブルを考えると使う気にはなれませんなアレは…。まぁimodeメールはN-03Cでやれば良いのですが。

通話するつもりは無いので、Xiカケ・ホーダイは付けていません。

あとケータイ補償お届けサービスを付けたので月額399円。前回付き合いで付けてそのまま忘れていたゆうゆうコールは、Xiから適用外になったので強制解除になりました。

最終的に出てきた注文書にあるXiにねんの「起算日:2008年12月6日、定期契約満了日: 2012年12月31日」ってなんだろう…?FOMA時代の2年縛りが継続している…の?これが正しいのであれば、今年末には解約できることになるけど…。

費用。

あたしの場合この日のために溜めたDocomoポイント22,800円を適用で、支払いは36650円に。ここはニコニコ現金一括払い。月々サポート割が2年あるので、2013年12月まで耐え抜けばさらに32,760円割引…のはず。でもきっとまた1年くらいで機種変更するよあたし。てか2年ものんびりしてたら置いて行かれるのがこの業界ですから!

GALAXY Tabは端末購入サポートがあと1年弱残っており、違約金が6,600円かかっています。今回Xi化にあたりファミリー割引も適用外になるのでこちらの違約金はどうなんだろう、と思っていたのですが、これは除外でした。まぁファミ割の適用外にするのはDocomoの都合なので、除外されないと困りますが。

あと、Xiの契約事務手数料は2,000円でした。契約事務手数料、GALAXY Tabの違約金、その他日割り計算とか

その他、ドスパラのなんぞよくわからない割引適用によって2490円キャッシュバックが来てます。パチンコ屋かよオマエラ…とかちょっと思いましたが。え、そういうシステム構成では無い?(笑)

結局、その場での支払いは36650円、キャッシュバックで2490円、差引34,160円也。別途Docomoからの2月分請求額が15,126円。うち、契約/解約関連が6,600円。その他は日割り計算が入り乱れているのであまり考えたくない感じが。

合計40,760円が今回の費用って感じですかね。

来月から4月末まで5,505円+ユニバーサル料…なのかな?

トラブル的な。

  • ドスパラ店員が手続きに慣れていなくて手間取る。
  • 店に行ったのが20時過ぎ(ドスパラ閉店は21時)なのであたしも問題はあったのだけど、この時間帯でもDocomoの契約はできるものの、Docomoポイントの適用システムが時間外になっていた。結果、手続き書類をあたしが預かり、翌日再チャレンジということに。
  • ドスパラにはファミリー割引の合算請求用書類が無いそうで、強制的に個別請求へ移行することに。今月中にDocomo行かないとなぁ…。
  • あれ、携帯電話の購入はドスパラポイントつかないんだ…?だったらカード払いにすればよかった。

全体的な使用感。

基本的には悪くない感触。ちょっとiPod touchとの棲み分けが微妙ですが。

スマートフォン購入時は毎回叫んでいる気もしますが「電池持たない!超持たない!

特にWifiテザリングすると致命的にぐんぐん減りよる。USBテザリングにすれば多少良いのかもしれませんが、防水タイプでコネクタの蓋開けるなんてそんな馬鹿な。

テザリングなしでも、全力全開で通信すると毎日充電しないと危険域。通話はせず、PCメール受信にはK-9 mailでIMAP4を1時間おきに確認するようにしたところ、朝満充電からスタートで夜帰宅するころには残15%以下に。メールチェックを3時間おきにしてもさほど変わらず。実際問題として、日中会社にいるときは私物メール読まないので(そもそも安易に取り出せない)メールチェック間隔はもっと広くしても良いのですが、それだと休日時に面倒。

最終的にはメールなど各種自動確認なし、普段は機内モードOnにしています。これならば数日は持ちそう…なのですが、おもむろにテザリング始めると一気に減る…(汗)

「お風呂でEvernote」はよろしくない気配。水にぬれた状態だと、タッチパネルが誤動作。たぶん水滴のほうも認識してしまっているのかと思われます。やるなら防水Bluetoothキーボードでも導入するか…。

なお、初期アクセサリとして透明タイプのバリアジャケットも導入したのですが、これがお風呂持込みにおいて盲点に。ジャケットと本体との間に水が入ってしまうので、一度外して拭かないといけませぬ。2度目からはジャケット脱がしたうえでお風呂持込みしましたさ。

クレードル。

いまいち。

  1. ジャケット付けている影響もあるかもしれないのだけど、コネクト精度が悪い。数回置きなおさないとNG。
    でもN-03Cも似たような問題抱えているよな…。本体置いたときに充電ピンが飛び出すタイプの宿命なのかな…?
  2. クレードルに刺している間は画面操作ができません。特に、ロック解除時に解除ボタンがクレードルの中に入ってしまっていたり、画面上から引き下ろしたやつ(なんて言ったかねアレ)を戻したくても操作エリアがクレードルの中に入ってしまっていたり、です。
    元より毎日充電しないと持たない性格なので、充電中に操作できないとかなりアレなことがあるのですが。
  3. てか、ワンセグ視聴したい時は横置き充電できたほうが便利だろ…。なんで縦よ?

手書き入力はそこそこに便利。片手もちで親指で書いても案外大丈夫。これ、Graffitiに変えたいな…。Android用ソフトあるよね確か…。

SugarSyncの罠。

GALAXY Tabで使用していたMicroSDHCをそのまま使いまわしたのですが、ここにSugarSyncの罠が。カードに記録されていたGALAXY Tab時代の写真をそのまま「新しい写真」と認識してしまい、アップロードしようとしまする。この写真はGALAXY Tab時代にアップロード済みなので、再アップは不要なのですが…。

メモリカードを使いまわすときは写真の類は一度削除するか、そもそもカード使いまわすな、ということかしらね…。カードに保存してあるアプリ類も、そのまま使えるわけではない様子だし。

Evernoteの…罠?

今回もプレミアム会員特典があったので何も考えずYesとしてしまったのだけど、あたしつい最近会員料金払ってプレミアム会員継続してる…。失敗?

と思ったら、FAQによるとちゃんと1年分加算になるらしい。よしよし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Rollei 35sでの撮影にも慣れてきたので。

35mmフィルムスキャナー、買おうかなぁ… ←墓穴


いや、フィルムスキャナ対応のフラットベッドスキャナに買い替えるという手もアリか…?

風景写真メインならば距離計はなんとでもなる。てか∞固定というか。問題は食べ物とかテーブルにあるもの。0.9mでも辛いよーな気がするというか実際無理というか、んー。

あと、1回中でジャムって現像前に日焼けさせました orz

フィルムスキャナは、最近だとPC非接続で使えるタイプが出ているわけだけど、スペックにSDカード対応と見た時点で「あぁ、Eye-fi入れれば楽だねぇ」と考えた時点でオマエはPC接続型を買え、と思いましたさ。

フラットベッドだと、GT-F730あたりだろうか…。価格帯は同じくらいだね。

CCDタイプ選択は必須としても、最近スキャナの用途が液タブで描くときの下絵という、そのまま作品に使うことが100%無いようなものばかり取り込んでいるからな…。…高いモノを買うというのも。

いやまぁ、素直に写真屋さんのデジタル化サービス使え、とも言いますが。

てか、はたしていつまでフィルムカメラ熱が続くのか、とか、そういう根源的な疑問も。

たまゆら もあれだけカメラの実機を出しているんだから、カメラメーカーとコラボモデルの一機でも出せば、もう少し盛り上がったのではなかろうか、とか。Rollei 35S風デジカメ・たまゆらモデルとか出せば、かなり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rollei 35sテストショット結果。

取り敢えず1本撮ってみたので。

27枚撮り使い切って現像に出して、写っていなかったのは0、ブレまくりが3(うち夜間+動体1)、フィルムの巻が足りなかったらしくて2重に写っているっぽいのが1。まぁフィルムカメラ15年くらい触ってもいない人間にしては上出来ですか?

料金は現像+プリントで1,228円。楓にゃんよくもあれだけガンガン撮れるよなー。高校時代だったら、あたし昼飯抜きで1日1本撮影、とかが限界だぞぉ?

使用感としては。

んー、近接狙いしなければ、距離感は大体OKっぽい。あたしは歩幅が約90cmなので、被写体から1歩離れたら(誤差込みで)1m、2歩離れたら2m…とやっておけばイケる感じ。てか、6m以上狙い∞設定で使うようにするのが無難的な。

で、現像結果から良さ気なものを数枚。

Manryo

実家の、えーとこれは万両のほうだっけか?

Shioirikadan1

Shioirikadan2

汐入の花壇から2枚。子之神社のもちょっと先ですな。そーいえばこのちょい坂本寄りですれ違った二人組、あれも巡礼組だよなぁ気配からして(笑)

Jieitai

んで、海上自衛隊。空の色が良い感じになった気が。

フィルムカメラの特徴なのかフィルムの特徴なのか印画紙プリントの特徴なのかあたしの露出調整のせいなのか判断ができないのですが、発色がすごくパッキリするのと、陰影がきっちり出るのが好感触。確かに良い絵が撮れますねぇこのカメラ。

持ち歩き的には、ちょっと重量感があるけど邪魔にはならない感じ。コートのポケットにも入るし。

あと、レリーズ買ってきました。まー、50cmあれば取り敢えず十分だよね。

しかし、今回一番のショックは横浜ビックカメラには自前ラボが無くて現像に時間がかかる、という事実が発覚したことか。結局ヨドバシカメラのほうで頼みましたが。

キタムラさんはモアーズの上のほうで行くのが面倒だしなぁ…。あとはダイエーか。まぁ横須賀で現像に出すなら、ダイエーのDPEコーナーは機械が見えているので、現像速いだろーなー、とは思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rollei 35sをテストショットしてみた感想。

ローライになったりRolleiになったりするのは、主にスペルを思い出せたか否か、によります(笑)

もとい。新宿からの帰り道で何枚か撮ってみたのですが。

あたしはストラップを左手に掛ける癖があるらしく、右にストラップがあるローライさんはレンズが自分のほうを向いてしまって悲しい。てか、入手品は十分実用美品のストラップとケースが付いているのだが、そのまま使ったものかケースを入手したものか。

"ちひろちゃん"がケースを作ってくれる?そんなわけないぢゃん。てか、そんな器用だとは思わん(酷)

左側のフィルム巻き上げについては何の違和感も感じないのだが、これのいったいどこが悪いんだろう…?フィルムカメラのマニュアルタイプなんて、たぶん小学校上がる前に辛うじて触った程度だからなぁ…。

レンズカバーは何か用意したほうが良いかなぁ…。

距離計とか露出計の代わりに、三脚穴で安いコンパクトデジカメを上下逆にぶら下げるというハックを思いついたのだが、どうか。具体的には らき☆すた デジカメとか。

せっかくバルブモードがあるんだから、レリーズは買ったほうが色々楽しいかなぁ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローライ35s げっと。

新宿キタムラさんにて、ブラックモデルをば。

業者オーバーホール済み狙いで39800円也。

さて、フィルムと電池アダプタと電池を買いに行こう…。

2011.12.03追記:

Rollei 35Sの修理については、キタムラさんで取次いでくれるとのこと。壊さないようにしてもいずれはオーバーホールが必要になるので、このあたりは要チェックですな。

装備品を整えたので、新宿駅内のBecksにてセットアップ。アイスのアップルラテはリンゴ味が強いなぁ…(関係ないだろそれは)

  • フィルム: FUJIFILM SUPERIA Venus ISO800 27枚撮り
  • 電池: 関東カメラサービス MR-9アダプタ+SR43

フィルムはヨドバシカメラのフィルム館で、電池はカメラ館の2Fで扱っていました。フィルムについてはISO1600まで対応しているのですが、売っているのが36枚撮りしかありませんでした。取り敢えず少ない枚数で一気に撮って様子を見たかったので、27枚の800を入れています。次からは36枚1600で行こうと思い購入してあるのですが、そもそもこいつは36枚に対応しているのであろうか(汗)。

操作方法に付いては SX-70 FOREVER Blog: ローライ 35/Rollei 操作方法とこんな感じの写真が撮れます。 を参考に。

電池ボックスの罠にハマりかけました。だって蓋部分のくぼみ(フィルムの軸が入る)が、SR43にちょうど良い大きさな物で…(汗)

…しかし、このカメラずいぶんとメカメカしいなー。こんなのに慣れ親しんだ楓にゃんは、きっと良い男の娘になるよ…。 < なんか違う

もとい。

そしてテストショット!目測?問答無用の∞設定でいけば…いいんぢゃね?(笑)

取り敢えずセットアップと適当なテストショットは終わったので、あとはフィルムがちゃんと入っているかが問題だな…。こればかりは現像してみないと。

費用としては、カメラ本体が39800円、フィルムが27枚800と36枚1600×3で3150円、電池アダプタと電池が2640円。ざっくりカメラ本体+5000円ですかねぇ。

2011.12.03 さらにアフィリエイト情報を追記。なんだ通販で手に入るじゃん…。:

楽天市場だとこんな感じでそろいます。一応店舗はカメラのミツバさんで揃えてみましたさ。

さて、明日は晴れるかなー。

2011.12.03 さらに36枚撮りについての調査結果を追記。これで最終か?:

ググったところRollei 35sではなくRollei 35のほうで36枚撮りというスペックデータがあったので、たぶん大丈夫なんだろう。

参考:The Classic Camera/ ローライ 35

あと、ISO1600についてはWikipediaを読むと粒子が粗いとかあってちょっとビビるのだけどそもそもまずはフィルムカメラ+目測撮影に慣れないといけないレベルなので気にしないことにしようか。

アレだ、「300発撃ち込むまでは帰さないよ」ってやつよ? ←いやそれは銃器だが。しかし大体同じよーなもんだと思うがどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

rollei 35。

たまゆら~ならば必ずは通る道、rollei 35の購入(おぃ)

ちなみに今、中古市場ではこやつのシルバーモデルが絶滅状態になっているらしい。しかし、個人的には購入するならばブラックモデルのほうが好みだなーと思うあたり、たまゆら~失格である。

ざっくり「たまゆらに出ているから」という以上に「なんぞミニマムでかわいい、いじりたい」という"小っちゃいモノ好き"思考が強くなってきておりまする。たまゆらに出ているからの理由なら、あたしならばコンパクトデジカメをベースに外装だけ自作するとかやりそう。てか、やりたい。

で。

買うにしても10年単位で触っていない銀塩カメラだし、ちょっと調べるとかなり癖がある機体のようなので一応慎重になっていたのですが(論点そこか)。

まずは安い中古銀塩カメラを買って少し練習するかー、とハードOFFで物色するも、見た目程度が良さそうなYashica Electro35は電池が絶版でアダプターの入手が必要らしく、あと一部電動なのでフルマニュアルらしいrolleiの練習には微妙。

…と思ったが、rollei 35も電池必要みたいだね…。しかも電池アダプター必要みたいだね…むむぅ。

むしろ横浜西口相鉄口のカメラ屋さんでレンタルしてるニコンの銀塩一眼レフを借りたほうが良さ気な気も。

あと、価格帯を鑑みるに、良品以上の中古銀塩を探していると結局最初からrollei 35を買え、ということになる結論。大体4万~6万といったところか。

しかし…このカメラそんな簡単なモデルじゃなさそうだよなぁ…。体感に頼る部分が多そうだし。それとも、一度一体感を持ってしまえば子供でも簡単に扱える、って類かねぇ…?

予算的には決して楽な方向ではないのですが、今のうちに購入すべきか、たまゆら放送終了後に再放出されるのを待つべきか。買うなら作品に合わせてシルバーモデルか、はたまたブラックモデルか(ブラックかなぁ…好み的に)。

しかし、オタクってのは案外カメラ野郎が多く、しかもカタチから入る人はちゃんとカメラの保管方法とかも調べていそうであり、何気に たまゆら は人気が上がっている気配もあるので存外に放出量が低い可能性もありそうな。

個人的には、こーいう買い物は血眼になって探すより、適当に立ち寄った町の写真屋さんで何気に発見、購入するってシチュのほうが運命を感じて良いよね、とか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上海問屋、2万円切るHDMI対応7型外部液晶モニター

む、これはちょっと気になるぞ。これなら先日の雨漏りのようなとき、カメラを一脚で天井裏に入れつつこのモニタで確認、とかできそうだ。

上海問屋、2万円切るHDMI対応7型外部液晶モニター (デジカメWatch)

…そんな頻繁に天井裏を撮影する必要があるのか、という疑問は置いておいて。

HDMIのIn/OutとBNCのInputが付いているので、普通のPC用モニタとしても使えそう。画素数は800x480と非常にミニマムなので、あくまでサブっていうかたぶんガジェット表示くらいしか役立たない気がするけど。

電源は12VのACアダプタの他、SONYのNP-F970/550が使えるらしい。まぁカメラ搭載用なんだからバッテリー駆動しないと意味がないけどさ。

カメラ搭載用途では考えていないから別にいいけど、バッテリーでの稼働時間がスペックにないですなー。

しかし今月は予算が終わっておる。来月…はコミケがあるな、むむむ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macbook AirでOffice for Macを買わずにOffice文書を扱いたいな、って。

まー別に買ってもいいんですが、なんかもっと良い手は無いのかーと考えた末のぐるぐる感をライブ感覚でお楽しみください的な。

Macbook Airを手にし、VAIO Zが起動しなくなりつつある今日この頃。唯一の問題と言えば、Officeを導入しておらず、Evernoteにのっけてある家計簿はExcelなのでOfficeが必要であり、さてもさてもなんとか手を打つ必要がある。

Macbookからリモートデスクトップで自宅PCのExcelを操作?まぁこれでも良い、がちと面倒。

そんな時、USBメモリに入れたScientifice Linux on VirtualBoxが存外に快適に動くことに気づく。まーちょっと重いのだけど、WiMAXネットワークを電車内で使っているとネットが重いのかOSが重いのかよくわからない程度に快適。いや単にMacのSSDにコピーしてから使うのが面倒だっただけなんだけどさ。

そこで閃いた。宇宙からの毒電波が届いた。VirtualBoxにWindows 7を入れておけば、最強にポータブルなWindows環境がMac上に出現するのではないかっ?! (もちろんライセンスは正規版でね)

まずはVirtualBoxベースでWindowsがきちんと動くか確認したい。しかし今手持ちの余りライセンスはWindows XPとWindows 2000とWindows 9x系…。

そこで閃いた。悪魔が囁いた。Windows 8のプレビュー版が出ていたよね?!

ダウンロードなう。

ふと我に返る。お名前.com Windowsデスクトップ はどーかなー。…しかしこれにはOfficeが無い。Officeも借りれないか?

そして思い出す。Windows Liveの存在を。ていうかアカウント持っていたじゃないか!

Excelでちょっと表計算するくらいなら当然Web上でできるよなー、そりゃ。

しかしなぜか、何度やってもヘルプページへ飛んでしまい肝心のOffice Web Appへ辿り着けない。

なんとかたどり着いたものの、今度はSkyDriveからExcel Web Appに戻れない。新規作成はできるのに。

しかし、EverenoteにのっけてあるExcelファイルをWindows Liveで開く方法がないな…。いや別にEverenoteになくてもSkyDriveにあれば使用感は似たようなもんだよなー…。

オチなく終わる。

あ、Windows 8落とし終わった。

しかしお名前.comのほうも前から気になってはいたんだよね。今キャンペーン中で初期費用要らないし、試してみるか?

当面の用途としては、現在自宅PCをリモートデスクトップで使っているメールとかOfficeとかEye-fiの受信とか、か…。OfficeはVAIO Z用のライセンスを移動すれば、規約的に問題なかった…と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンCOOLPIX AW100。

うーん、水中ではたぶん使わないけど(ほぼ泳げないので)、GPS+地図付きの頑丈なカメラ、という点がそそるな。

【新製品レビュー】ニコンCOOLPIX AW100 ~現在地の地図表示が可能。ニコン初の防水・耐衝撃デジカメ  (デジカメWatch)

この間の女神山登山とかのケースだと、こういう頑丈なカメラのほうが良いかも。雨が降っても安心だし。

これで地図がGoogle Mapとか、とにかく頻繁に最新情報に更新できて、かつ徒歩移動で使い物になる程度に縮尺が細かい仕様だと、旅行のお供には最適な気がするのだけど。

いや、いっそ7インチくらいのスレート型スマートフォンにきちんとしたカメラ機能付けてGPSロガーと防水耐衝撃機能を持たせる、とかでもいいと思うけどなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eye-fiデータの受け皿。

色々と考えた結果、衝動的に解決を図るなど。

結論として、受け皿は自宅デスクトップにしましたよ。

  1. カメラからはWiMAXなり適当な無線LANなりで送り出す。
  2. 必要に応じて自宅PCをWakeOnLANでたたき起こす。なお、出先では自宅LinuxサーバにSSHログインしてそこからたたき起こす。
  3. 光ファイバーでさくさくと受信。
  4. さらに光ファイバーでSugarSyncにざくざくと保存。
  5. 出先でMacbook AirなりGALAXY TabなりをSugarSyncに繋いで画像なりほかの場所に再アップロードなりお好きにどうぞ的な。
  6. 用が済んだら自宅PCはコマンドラインのshutdown /sで黙らせる。

結局ですな。

Macbook AirもGALAXY Tabも中身がシリコンメディアなので、あんまり書き込みたくないという感覚があるです。もちろん、そのためにMacbook AirはSSDがAppleCare protection対象になっている(…よね?)ことをきっちり確認したわけですが。

あと、GALAXY TabについてはEye-fiがSDカードにデータ保存しないという説(あたし含む)と、いやいやEye-fiはSDカードにちゃんと保存するよという説がどーもかみ合わなくて謎だったのだけど、最近になってようやく、「世間一般にAndroidのSDカードマウントは/mnt/sdcard/、GALAXY TabとかSとかは/mnt/sdcard/extarnal_sd/」らしい、という事実に気づきましたさ。

つまり、GALAXY Tab側がおかしいのであって、これではEye-fiが対応することはないだろう、と(GALAXY Tabのファームアップデートするとこの辺変わるのかな…?)。

まー、この方法を取ると無線WANが使えないところだと写真をカメラ外に出せないのがアレですので、一応Macbook AirにもGALAXY TabにもEye-fiのソフトをインストールしてありますがね。

しかし、ここへ来て肝心のEye-fiカードが自宅PCでもMacbook Airでも認識しない、という壮絶な問題が発生しておるのですが(汗)

元々の母艦であるVAIO Zはなぜかちゃんと認識していて、カード側のファームもアップデートしたのですがね。

Windows 7の自宅PCはカードが熱くなるまで必死に読んだあげくに降参し、Macbook Airはフォーマットしようとする始末。

うぅーむ、データを全部取り出した後でフォーマットしないとダメかね…?(汗)

…。

ここまで書き上げて、文章を見直していて気付いた。

自宅LinuxサーバでEye-fiデータを受信させれば良いのではないかと!

調べてみると、どうも動くEye-fi サーバがある、というような情報が。そのものの記事ではないので、リンクはまだ張らないけど。

てか、LinuxでEye-fiデータ受信できるなら、それ自宅サーバに置く必要ないじゃん。VPSに立ち上げておけば良いぢゃん?

うぅむ、このあたりもっと調べるか…。

#2011.09.04 深夜に追記:

寝ようとして毒電波を受信。Mac miniをサーバとして導入すれば良いぢゃない、と(爆)

…いいのかなぁ、こんなオチで。

#2011.09.10追記

ふと思い立ってEye-fi付属の専用カードリーダーを持ち出してみたところ、新・母艦PCのデスクトップではあっさりと認識。

機材との相性が悪かったのか、はたまたその日の気分が悪かったのか…。まぁなんにしても解決としよう。

あと、Eye-fiって「オンラインサービス」として独自のFTPサーバが選択できるのね。自分のサイトに自作のギャラリーシステム作ってそこ転送…とかも面白そう。プログラマ的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンD60をクリーニング&点検。

ちょっと前にP7000のレンズに目いっぱい指紋を付ける事件をやってしまったので、土曜日午前中にカメラ類の清掃を。

そしてD60のレンズを外して中を覗き込むと、ミラー周辺になんぞ銀色に輝く破片複数…ぬがーっ?!

取り敢えずレンズの清掃をやってから付け直し、適当に撮影してみるも、現状は特にゴミが写ってはいない…様子。まぁよく考えたらこのミラーはファインダーへの反射鏡であってCCDへの経路ではないし、ゴミ自体も視界領域の外側にあるみたい。

とはいってもそのうち中に入り込むのは間違いないし、こんなところに指突っ込むほど愚かではないのでクリーニングに出してみることに。自分のBlog見直してみたら、購入から2年は経過しているし、その間一度もメーカー保守はしていないのでここらで一度きちんと整備してもらうのも良いだろうと。

クリーニングはニコンプラザ内のサービスセンターで依頼できます。あたし的に適当な場所は新宿か銀座なのですが、今回は渋谷も行きたかったので新宿へ。

持ち込んで状況を説明したところ、撮影への影響は今のところなく、ローパスフィルターも問題ない、とのこと。まぁしかし埃が入り始めているので、一度クリーニングと点検やりましょう、ということになってそのまま手続き。料金は\1000、所要90分です。

受け付け対応がすごく丁寧で、こんな荒っぽく使っている素人のあたしがクリーニングなんて頼んで御免なさいとかそんな気持ちに。えぇ、持込み時点で風呂敷に包んだD60をトートバックから無造作に引っ張り出したのはあたしですよゴメンナサイm(_ _)m

ちなみにサービスセンター併設のニコンプラザは製品が多々展示してあるし新製品は触れるし、写真展もやっているし景色も良いので、ここだけで90分くらいは時間をつぶせるような気もします。今回は渋谷で買い物があったのと、友人と合流することになっていたのでそそくさと移動しましたが。

しかし今回、本体修理とかなったら予備機をそろそろ本気で考えるべきかなー、と思って最近の機種とか見ていたのですが、お値段とサイズ形状的にはD3100のボディ単体約5万、そそる機能も含めるとD5100のボディ単体7万。

D3100のライブビューOn/Off機能は別にいらない…というか何このレバー??的な状態だったのですが、D5100のバリアングル液晶モニターまで来ると欲しくなります。

ちなみにD60ボディも新品約4~5万なので、ここで敢えてD60を買い足す理由は無いです。むしろD3100を買え、ということになるようです。

まー、現時点では必ずしも必要ではないので、カメラ予算として積み立てておけ、ということかなー。その予算でうっかりミラーレス一眼とか買うなよあたしー、的な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅内ウェブカメラ設置(配信しないよ?)

簡易スキャナの代わりにしてみようかなー、と。メモ程度に使う数ページの"自炊"とかね。

最近GALAXY Tab、Evernote、SugarSync、Eye-fi等々を連続して導入した結果、「取り敢えず手元に置きたいけどオリジナルを持つ必要がないもの」を、片端からデジカメで撮るようになりました。

ただ、机の上にモノを水平に置いて上から撮影すると、電燈の写りこみやら自分の影やらが結構面倒なことに。

そこで今度はどこかに立掛けて、水平方向から撮影するのですが、だったらウェブカメラ設置してそれで撮れば良いんぢゃね、という結論に。

で、購入したのが LOGICOOL ウェブカム HD画質 200万画素 C510

まぁそこそこに安くて、そこそこに画質良さそうなところですな。名前は200万画素ですが、今回の主用途である静止画撮影なら800万画素スペックになるので、メモ用途には十分です。200万画素でも十分だと思うけどね。

製品としては、180度水平回転する台座と、台座そのものをたたむことでレンズカバーになる構造が特徴的。ついでにポーチも付いてくるので、持ち運びにはそれなりに良いかと。持ち運びと言う観点でみると、たたんだときにUSBケーブルが垂直に生えてしまうのがちょっとアレかと思うのですが…。

設置は、台座部分を展開することで一定の幅を挟みこめるようになっています。

が。

我が家の環境では普通の液晶ディスプレイ、メインディスプレイの後方にあるアルミラックともに幅が合わず、うまいこと設置できないオチが。メインディスプレイはしょっちゅう移動する液晶タブレットなので論外ですし。

結局、アルミラックの縁にひっかけ、USBケーブルを固定することで一応安定化できましたが…。うーんこの構造は少し微妙…?

ソフトのインストールは、Windows 7 x64の場合繋いだとたん勝手にドライバを取りに行き、撮ってきたドライバがちゃんとしたLogicoolのもので、必要なコントローラなども全部入れてくれたのであっさり終了。

Evernoteからもちゃんと操作できたので、これでレシートなどのスナップショットが楽になりそうです。

デスクトップPCで撮影 →Evernoteへ取り込み →GALAXY Tabで参照、とか。

ちょっと難点は。

Image

ウェブカメラゆえ当然のことながら横長広角気味なので、縦型のレシートとかを撮影しようとすると横幅が余ります。背景が映ってしまうと言うオチが付きます。

簡易スキャナとして使う場合は、背景にもすこーし気を付けませぅ。

ちなみに、右の画像は取り敢えず撮影してみた献血ハガキ。見事に半分、本棚とコートが写っております(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメプリントサービスを物色。

Eye-fiを導入したので。PCへの転送と同時にいくつかのオンラインストレージに転送できるので。オンラインストレージからプリント依頼が出せるので。

とか言いつつ、Eye-fiから辿ったオンラインストレージが提携しているプリントサービスが今一つそそられず、別途プリントサービスから選択してしまったりしたのだけど。

取りあえず契約してみたのは、DPE宅配便。とフジプリの2つ。どちらもFUJIFILMの現像機を使うらしく、それなら銀塩プリント的にも安心かなと。料金体系もほぼ同一ですが、枚数とかでびみょーな差が出ているようです。

フジプリ:

「オリジナル印画紙」なるものがあり、これを適用すると少し安くなります。しかしどの値段表も基本50枚以上の注文で、50枚未満だと1枚あたり単価がちょい上がります。

しかし、トップページに「50枚未満で注文できるか否か」と、「オリジナル印画紙の1枚8円も適用は50枚以上である」という2点が書いていません。値段表に行くときちんとあります。

ここの部分がちょいマイナス点に感じて、今回は見送ることにしました。まぁ基本が50枚以上の大量注文者向けなのでせぅ。

DPE宅配便:

特に安価狙いのオプションは無く、値段表はシンプルです。あたしはシンプルなほうが好きですな。

大量注文については30枚単位で送料が安くなります。あと、ディスカウントコードなるものがもらえる様子。

比較:

L版プリントを最安の印画紙で、30枚と60枚で比較してみます。発送オプションは無し。どちらのサービスも基本180円+発送オプションになっており、DPE宅急便も値引きされるのは基本の180円からなので。

L版・30枚(送料込)L版・60枚(送料込)
フジプリ10円×30枚+180円=480円 8円×60枚+180円=660円
DPE宅配便12円×30枚+90円=450円 12円×60枚+0円=720円

ざっくり60枚未満だとDPE、大量枚数だとやっぱりフジプリのほうが安い、てな感じでしょうかね。DPEは30枚未満送料180円なので、もう少しパターンを増やしてみないと損益分岐点が微妙な気もしますが。

あと、フジプリの場合はA4サイズがメニューにあります。その他の4つ切りとかは両方にありますが、このあたりになるとフジプリのほうが値段安い感じ。

…そういえばあたしのデジカメは両方ともRAW画像対応なのですが、こいつからのプリントサービスってあるのかなぁ…。今度調べるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eye-fi X2 Pro.をP7000に導入。

やっぱりいちいちカメラカバーを外すのが億劫であり。ServersMan@SDカードは待っていられず。ここは基本に則り、Eye-fiに手を出すことにしました。

購入したのはEye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G 。RAW画像転送までは要らないだろう…と迷ったのですが、アドホックモードが使いたかったので。

今つかっているSDHCがClass 10の8GB、P7000のRAW+JPGモードはこれですら遅いので、遅延が少し気になりますけどね…。

で、購入後セットアップを開始したのですが、ちょっとGoogle師匠に聞くといろいろ出てくる通り、意外な難物の模様。まぁ大体同じ道をたどったわけですがね。

一番素直に繋がったのはBic WiMAXルータ。公衆無線LANは取り敢えず使える位置にも、使う相手も無かったので試していませんが、このあたりの使用を前提としている節があります。

  • 自宅の家庭内無線ルータが意外と苦戦。何度やっても繋がらず、ログを見ると接続後即rejectされているよーな、しているよーな気配。先達の足跡を見ると、どうもルータ側のセキュリティを全廃しなきゃだめだ!みたいな記事で絶望。
    したのですが、先ほど改めて試したらあっさり接続。えぇと、同じ無線LANに接続しているノートPCからセットアップしたのがいけないのでしょうか(汗)
  • 最難関、アドホックモード。直結なんだから簡単だろうと思ったのですが…。
    • 母艦PC側にアドホックモードの設定追加が必要。これはEye-fiのサポートページにやり方も出ています。逆に言うと紙のマニュアルとか添付の電子マニュアルとかには記述無い、てか添付マニュアルとか無い。
    • 母艦PC側をアドホックモードにすると、母艦PCの無線LANは切断されます。当然ですが。切り替えは手動…というか自動に出来たとしても、Eye-fiが近づいたとたんInternetを切断されたらたまったものではないな。
    • 一番アレなのが、アドホックモードではWEP暗号モードしか使えない。PC側の設定に他の暗号方式が出てくるので、「アドホック=WEPのみ」では無いと思うのだけど…。他のルータなどはWPAとか使えます。
    • そもそもあたしのVAIO Z、無線LANとWiMAXが切り替え式なので2段階切り替えという非常に面倒なことになるんだよ…。

アドホックモードの設定はしましたが、どうも一度外の回線を通したほうが楽そうですな…。

しかし、差し込んだとたんインストーラが起動し、インストールするといきなり新規アカウント登録画面に入り、その間アカウントがどういうものか、何をインストールするのかが説明不足。

パッケージをよく見ると小さく「動作には専用ソフトのインストールおよび無料ユーザ登録が必要になります」という記述。…あたしまずマニュアルを熟読しちゃった(読むほどのことが書いていないが)ので、パッケージの記述読み落としましたわ…。

PCが起動していなくてもEye-fiサーバにデータを一時預かりする機能とかもありますが、そもそもEye-fiサーバとは何なのか…結局公式サポートサイトを更にキーワード検索して、辛うじて「容量無制限で、無料サービスなら7日間、プレミアムサービスなら無期限でEye-Fiサーバ上に画像を保存する事ができます。」…っていうのが仕様なんだな、と分かった程度…。むむむ、信用していいのか?

プレミアム会員とやらは月額480円なので、だったら他のオンラインサービスに転送してPCには送らない、とかやったほうが幸せ?ServersMan@SDカードがServersMan@VPSの方と連携できるなら、そっちのほうが安心感あるかなぁ。

あと、パッケージ絵もだまし絵。外から見えるのは単なるシール、箱を開けるとUSBカードリーダに刺さった本物。…カードリーダ要らないのでパッケージ小さくして安くしてください…。

まぁなにはともあれ一通りのセットアップが完了したようなので、今日色々撮ってみるかねぇ。

あ、P7000は文句ひとつ言わず、引っかかりもせず、Eye-fiを受け入れてくれましたさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon COOLPix P7000。

買ったのは昨年11月ですが。

購入はビックカメラ横浜にて。キャンペーン特価中のアクセサリーキットを店員が見つけられず、その後ヨドバシカメラ横浜にてアクセサリーキットのみ購入。ちなみにカメラ本体をビックで買う前、ヨドバシまで値段確認に行っている…(ビック→ヨドバシ→後日ヨドバシ)。

今回はミラーレス一眼がかなり安くなってきたので、気軽に持ち歩く軽量一眼として購入したい、しかしやっぱりコレかさばるんぢゃね?てか一眼なのにファインダー無いのってやっぱり残念ぢゃね?とか躊躇して、NikonのCOOLPix S8100あたりにしよーかーなー、と物色中だったのですよ。

そこでふと横を見たときにP7000を見つけてしまい。

  • 価格帯は型落ちミラーレス一眼クラス。OK!
  • メーカーはNikon。元々コンパクトデジカメはメーカーにこだわらないけど、どうせなら一眼と同じメーカーに。OK!
  • CCDがでっかい1/1.7型。一眼レフ並みとは言わんが、結構近いところに。OK!
  • 光学ファインダー付いてる。ちゃんとレンズ稼働に合わせてズームする。OK!
  • みょんにメカメカしい外観。OK!

…という感じでこちらに決定。お値段は48,800円。

一緒に買ったアクセサリーキット「P7000アンティークキット」は、専用革カバーと外付け光学ファインダー。限定で約1万。なんで6千円のカバーと2.5万のファインダーがセットで1万に化けるのかが意味不明ですがっ

普段専用ケースとかは買わないのですが、こいつは普通のコンパクトデジカメよりちょっと大きいため、汎用ケースが合わないのです。とはいえむき出しで鞄に入れるわけにもいかないので、専用カバーに手を出したと。

使い勝手:

基本は悪くないです。が、未だ機能の大半は使いこなせていません…(汗) 良いんです、機械なんてものは自分の使いたい機能だけ使えば。マニュアル撮影とかかなり強力で、たぶん一眼レフ並みの細かい設定できそうな感はあるのですが。

スペック上は画素数10メガピクセルなのですが、FINE+RAWデータにすると、class 10のSDHC使っても書き込み遅いです。連写ができない。RAW要るかと言われると、使ったことないんだけどね…(てか、ソフトがない)。

レンズとかの反応は良し。光学ファインダーを使うかと言うと、サイズが小さいこともあってやっぱり液晶使っちゃいますが。

アクセサリー。

外付け光学ファインダーは試しに付けてみて覗いてみて、そのまま箱に戻りました(笑)

革カバーは、雰囲気は良いものの構造に難あり。

装着は三脚用の穴にねじ止め(カバー側にも三脚用ねじ穴がある)のですが、カバーを付けるとバッテリー、SDスロットはもちろん、HDMIコネクタ、USBコネクタにもアクセスできなくなります。写真を撮ってPCなりに移そうとすると、カバーを全部外さないと何もできません。Eye-fi導入しようか検討中です…。

カバー自体は、昔のカメラ風味たっぷり。本体に付ける部分+液晶やレンズ等を保護する部分の2枚構造で、2つはボタン3か所で留めます。うち1つのボタンを外すと、カバーを180°回転させて(下にぶら下がる)カメラが使えるようになります。…本当は3か所全部外すものかもしれないけど(汗)

えー。レンズは電源をOffにすれば自動で本体に収まるのですが、通常撮影時に外すボタンの金具が、ちょうどレンズ真上を通過するんですよね…。何かの拍子にレンズが出たままカバーを剥いたりすると、レンズにボタン金具が当たりそうでちょっと怖い…。

メカメカしい外観もなんとなく昔のフィルムカメラを連想するので、革カバーは中高年~30代くらいまでの昔を懐かしみたい人向けかも。あたしは実用目的ですがっ

その他、D60用に購入したリモコンキットが、偶然こいつにも使えることが判明。これは僥倖です。

ちなみに、古いコンパクトデジカメは母のもとに向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOM NS回線をXPLATEへ乗り換え検討。

今までのおはなし:

無線LANルータとしてBic WiMAXと光モバイル(SIM Lock Free)+bmobile U300という武器を手にした土野魔魅。そしてついにWILLCOM NSを光モバイルとWiMAXに接続することに成功。さすれば最早WILLCOM回線は不要、無用!しかしちょっと待て、XPLATEが気になるぢゃぁないか。

で。

解約+新規契約が安いのか、素直に機種変更が安いのか、そこが問題であるる。アルル。魔導物語かはたまたハスハの色黒ねーちゃんか。

もとい。

まずはMY WILLCOMで現在の契約を確認。

WILLCOM NSは「新つなぎ放題」+「W VALUE SELECT」で、残り10か月。この時点での解約は通常9,975円だけど、W VALUE SELECTのおかげで無料になる様子。あんまりコレに頼るのもどうかとは思うが。

ということで解約+新規で気にするべきは新規契約時手数料のみ。NSは電話機能ないので、番号変わってもお構いなしなのです。

新規だと?

W VALUE SELECTの期間がリセットされる(…よね?)。電話機本体は元々が12,000円と安価、W VALUE SELECTによる効果は2,120円/月なので、新ウィルコム定額プランの2,900円が780円になる…と。

代わりに契約手数料が3,150円。機種変更時+1,050円。

あと電話番号は変わるけど、元々電話としての機能がない機体なので関係なし。

機種変更だと?

W VALUE SELECTは終了…だっけ?でもWILLCOM STOREでは分割払い時-500円/月になってる…。旧機種での通信料金へのW VALUE SELECTが終了して、新機種のほうで分割払い分の割引が始まる…ってこと??

どーもこの部分、Webで見てもよくわかんないわよね…。

代わりに契約手数料が2,100円なので、新規時-1,050円。

ところでなんでXPLATEが?

ちっちゃくてカワイイからです。かわいいものは正義なのです。そしてちっちゃい割に無骨なデザインが素敵すぎ。

敢えて言うなら、これを携帯のストラップアクセサリーにするのがボケてて良いのではと!

結論。

W VALUE SELECTの訳わかんなさっぷりを考慮すると素直に新規契約したほうが良い気がしてきた…。

さらに結論。

どうせ新規なら、取り敢えず不要なNS回線だけ解約して、今契約しなくても良いぢゃん」という毒電波が聞こゆる…。

しかし同時に、

いやいやいや、うかうかしてるとXPLATE完売終了しちゃうよ?ハイブリZERO3の残念賞を忘れたの?」という毒電波も聞こゆる…。

さらには、

XPLATEのカタチが気に入っているだけなら、別に回線契約しなくても良いんぢゃね?」という(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazon出品中:デジタル一眼レフカメラアクセサリー リモートスイッチN2 ニコン D80・D70s用。

だからこのデジカメはD60だと言うに!このおバカ!このおバカ!!(哀)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OLYMPUS E-PL1と聞いて。

Elpeo-PLe 1だと思ったのはあたしだけか。あたしだけなのか。

そのままでも「E・プル」と読めなくもないと思う今日この頃。そしてなんでマリーダは本多知恵子ぢゃないんだろう、とか思う今日この頃。>謎<

当然12機種出すんですよね?(笑)

しかし、いくらエントリー機と言ってもツインレンズで10万…。この小ささはたしかに魅力なんだけど。

ニコンでレンズそろえつつあるので、買うなら素直にニコンのボディをもう1つにしたほうが建設的なんだろうな、とか思って自分をごまかす今日この頃。

ちなみに、最近は単焦点レンズつけっぱなしですな。これが一番かさばらなくてイイです。結果、手ぶれ防止はおろかAFもシャッタースピードも、全部マニュアルになってしまったけど…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D60に単焦点なレンズ。

ヤフオクでマニュアルフォーカスのレンズを購入れす。

十分使える程度のもので、8,500円。単焦点レンズは不思議とズームレンズより高いので、まぁ安く買えたほうではないかと!(こっちのほうが精度要求されるんかな?)

現物のみなので今一つ機種がわかりませんが、たぶんデジカメ以前のモノかと思われます。みょんな重厚感も漂ってるし。

で、本日届いたので、早速実装デス。

「レンズ未装着」DEATH。

…!やっちまったか…っ!?<どのあたりを

えー。

「マニュアル仕様ゆえ、デジカメもマニュアルモードに設定しないとエラーになる」

というオチでした。

Webで調べてニコンのページで調べて、ふとカメラ自身のヘルプメッセージ見たら、そこに書いてあったよ…<馬鹿

や、しかしともかく。
これは中々面白い使い勝手になるのですねー。

絞りも手動で変更できるので、目いっぱい絞ってみると楽しいくらい画面が真っ黒になるし!

焦点を合わせていない周辺被写体は、見事なぼんやり感になるし!

難を言えば、今までズームレンズで慣らしてきたので、カメラのホールド感が今一つ、というところでしょうか。

でも、これなら持ち歩きも楽になるので、色々と遊びが増えそうな予感。
レンズも標準キット2本+追加1本で18mm~300mmまでカバーしたし、単焦点も手に入ったし、後は400mm超とかの大砲クラスを欲しいとか考えなければ、これでひとまず装備完成、でしょうかね。

いや、400mm超は星を撮るのに欲しいと言えば欲しいのだけど(児爆)<その前にいい加減レリーズを買え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパスPENPEN。

ちょっと実機を触りに行って。

あぁ、こりゃ重い。サイズの割にずっしりと。

しかも、ファインダーを覗く姿勢でつかむとなんか持ちにくいというか、重心に違和感が。

うーん…。「携帯用一眼レフ」としての用途には今一つか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふぅうむ。

一眼レフを使っていると、

確かに画質はコンパクトデジカメとは比べ物にならん
 ↓
持ち歩きたい
 ↓
しかしでかいし重い
 ↓
ちっこいのは無いのか

ということで、選択肢はオリンパスのマイクロ一眼になるらしいが…。

なんか、ヤフオクで「数回しか使っていない」美品50,000円とかあるが…(新品だと10万コースなので、安いのは確か)。

そんな金は無いだろオマエ

というオチですな。

使う分にはAFとか手ぶれ無くても何とかなってきた…というかどっちもめっきり使っていないので、安くたたき売られている銀塩一眼に触手がにょろーっと伸びそうにもなるのだけど…。

まー、買うなら回り道しないでちゃんとしたのを買うべきだよねー。いや買わないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wiicom NSの回線を有効活用するために。

「どこでもWi-Fi」を導入すれば、PCもNSも無線LANで繋がるからSIMカード差し替えなくて良いぢゃん!

とか寝言を思い付いたけど、ビックカメラで本体価格28,000円だったので断念した。

てか、それならむしろHT-01Aをデータカード+データ定額にして、モバイルタイプの無線LANアクセスポイント機器を導入したほうが、ずっと幸せな気もした。

HT-01AもPCも、NSもみんな無線LANで使えるし!

…。ま、素直にT-01AかHT-03を買えとも。この2つは、ちゃんとデータ定額対応が明記されてるしな。

…6.5万か…。

プログラマ的にそそられるAndroidか、画面が大きくてハイパワーなTか、が悩みどころなんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDカードホルダー。

デジタル一眼レフに合わせて、SDカードホルダーを買ってみました。


ハクバ ニュークリアメディアケース イエロー DMC-16SDY [SDカード/SDHCカード用] 500~580円くらい。

SDカードが2枚入って、厚さがUSBメモリくらいです。写真方向で右下を軸に、黄色部分とホルダーの白部分がスライド回転します。

アタマの部分にストラップを通すことはできますが、ちょーっとこれは邪魔そうだよねぇ…。

カードリーダーとして持ち歩いているエレコムのMR-C11と大体同じ厚みで、2つを重ねるとエネループのリチウムイオンバッテリー、KBC-L3と同じくらいの厚みになります。3つ合わせると、かばんの中での収まりが結構良い感じ。


【3営業日以内発送在庫】【送料無料】[エレコム]高速版マルチカードリーダライタ 11+9メディア対応 (ブラック)(MR-C11BK)1,500円くらい。

エレコムのカードリーダーは、厚さ8mmでSDHC、MMC、メモリースティック(PRO)、xDと、スマートメディア以外はたいてい使えるので重宝します。もちろん、アダプタ使えばminiSDとmicroSDも可。多分メモリースティックDuoも可。


エネループ(eneloop)USB出力付 リチウムイオンバッテリーエネループ KBC-L3S 大体3,000~4,000円くらい。

エネループバッテリーもストラップ穴はついているけど、これ携帯につけたりすると、多分携帯より重たくなるんぢゃないかなぁ…。主に携帯電話充電用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パケ・ホーダイダブルのPC接続定額化について考える。

「パケ・ホーダイ ダブル」でPC接続も定額に、帯域制限は強化 (ケータイWatch)

ちょっと計算してみたですよ。

税込税抜き入り混じっている気もしますが、数千円台の消費税はある意味無視できる単位ですので。

現在:

  • SH906i (タイプSSバリュー+パケットパック10+ファミ割MAX)=934+1,000=1,934円
  • HT-01A (タイプSSバリュー+Bzホーダイダブル+ファミ割MAX)=5,700+934=6,634円
  • イー・モバイルのUSBモデム (縛り期間満了のライトデータ)=6,172円

で、合計が14,740円。たぶん実際にはi-mode契約料とかも絡んでいるけど、そこは考慮しない。

これでできることは、

  • i-mode
  • Windows Mobile
  • PC接続

今回の改正で、i-modeに使いつつPC接続ができる状態で、13,650円になると。HT-01Aでパケ・ホーダイダブルが適用できるのかが微妙ですが、できるとして、

想定1。目いっぱい絞り込む:

  • SH906iの契約ベース(携帯電話番号残したいので)
  • タイプSSバリュー+パケ・ホーダイダブル+一人でも割MAX=13,650円。たぶん。
  • イー・モバイルは解約。HT-01A用の回線も解約。
  • HT-01Aを使いたいときは、SIMカードを差し替える。てか、実際はi-modeを使いたいときに差し替え、かも。
  • むしろ、i-mode.netを活用できないか、模索したい。i-modeメールの特長=PUSH型配信なので、即時性のあるメールを受け取りたいときに便利、と認識してる。

合計は13,650円。これなら、今より少し安くなる。感覚的には同等か。
てか、今の契約、パケットパック10を解約しようと思っているので、そういう意味では同額(少し高い)。

ただ、SIMカード刺し替えの面倒くささと、それに伴う破損の危険あり。あと、HT-01Aで使っているときはPUSH配信してこないので、代わりにメールチェック頻度を上げる、とかする必要あり。

もっとも、本当に即時性のある通信が必要な時が、どれだけあるか、については疑問があるが。

想定2。実際はこっちが妥当なところだろう:

  • SH906i (タイプSSバリュー+ファミ割MAX)=934円
  • HT-01A (タイプSSバリュー+パケ・ホーダイダブル+ファミ割MAX)=13,650+934=14,584円
  • イー・モバイルは解約

で、合計が15,518円

これも感覚的には同額に近いけど、ただ、もう一声欲しいところ。イー・モバイルがなくなってDocomoに集約される、という点では、少し良い感じなので、やってしまってもOK?というところも。

ただ、足を踏み出すにはもう一声欲しい

そもそも、このパターンが成立するか、要確認ではあるけど。そこは窓口とかで聞いてみないとわからんわな。特にHT-01Aの扱い。

ちなみに、現状でパケットパックを解約しようとしていることについて。

タイプSSバリューは無料通話1,000円分が含まれます。今2回線あるので、2,000円分。

ただ、HT-01Aは完全にデータ通信専門なので、この無料通話分を使うことはありません。たぶんほとんどきっと。

で、ファミ割なので、HT-01Aの無料通話分は、SH906iでも使えるはず。さらに、SH906iでの月当たり通話料(てか、i-mode通信料)は、2,000円をチョイ超えるかどうか、というところです。

なので、パケットパック10の分が、そのまま浮くっぽいのです。ちょっと忙しかったりしたのでそのまま放置してしまっているけど、今度料金形態を確認した上で、手続きしないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デジタル一眼レフを買っちゃいました。Nikon D60。

えぇ、結局土曜日に、ビックカメラにて。

ポイントは家電製品とかで使うアテができたので、ビックカメラカードでポイント20%、更に今まで使ってたデジカメを下取りに出して5000円引き。

買ったのは、予定通りD60のダブルズームキット。あと、SunDiskのSDHC 8GBを一枚。

ダブルズームキットの内容は、本体+18-55mmレンズ+55-200mmレンズです。35mm換算は1.5倍らしいので、実質27-300mmデスね。

どちらもAFおよびVR(手ぶれ補正)つき。

取敢えず、手近なものを撮りまくって練習です。
AFとVRは切ったままで、絞りその他の設定はカメラお任せ。意外と問題なく扱えますな。どうしようもなくなったらAFとVRをオン、です。

今までの癖で、ズームさせるときに右手がシャッター周辺をうろうろしたり、撮ったものを拡大表示するときに右手がシャッター周辺をうろうろしたりするのがアレですが。

電源スイッチがいかにもズームスイッチ、という感じに見えるので、ちょっと危険です(笑)

電源投入後の立ち上がりの早さは素晴らしい。てか、電源入れなくても被写体をロックオンできるので、立ち上げとロックオンを並行して操作できるのは、普通のデジカメには真似できないかと。

シャッター音はある意味うるさいけど、まぁこれも一眼レフの特徴だよね。大きいもんね。…この音は擬似再現ぢゃないよね?(汗)

しばらく振り回していると、右手が疲れます。結構キます。慣れていないせいも多分にありますが、本体が重いのです。ずっしりと。

このずっしりのおかげで、シャッターボタン押す時に手ぶれしづらい、というところもあるのですが。

さて、このあとの展開ですが。

確かにレンズは揃えたくなります。取り敢えず、当初から購入を考えていた300mmクラス(35mm換算450クラス)は買おうと思っているのですが…。

新品で18,000円(さすがにVR付き60,000円は、当面見送りだ)。

この間狙っていたヤフオク品は、10,000円超えた時点で断念。まぁ半額までだろ。

今物色中だと、「素人なので程度不明、たぶん大丈夫で4,000円」「ちょっとホコリ入ってますが撮影は支障なし、6,000円」といった感のものがある。

この場合、

「最初はとにかく慣れることが大事なので、多少落ちても安い5,000円以下狙い」と、

「ちゃんと良いものを買って、末永く使うために新品18,000円」

どっちがいいんだろうねぇ。あたしの基本買い物パターンは、一応後者ではあるわけだけど。そうはいっても、安さ優先で色々試したほうが良いこともあるわけで。

まぁ、18,000円なら、そんなに悩まなくても工面はできるけどさ。VR無しでどれだけイケるか試して、ダメなら60,000円クラスを購入、て流れも考えると、安いやつでお試し、も必要かも?

あと、カメラのメンテナンス方法。

カメラ買ってその足で本屋行って、「一眼レフ入門」みたいな本を漁ってみたのだけど…。

「こうすればきれいに撮れる!」みたいな内容はたくさんあるのだけど、「レンズ交換時の注意」とか「日々の手入れポイント」みたいな内容が全然見つからず。

ほら、あるでしょ?

「レンズ交換は風上を向いて、黄砂舞う屋外でやりましょう」とか<待て

「レンズ球面はまず500番台の耐水ペーパーで整えて、徐々に2000番台まで磨きましょう」とか<違う

撮り方なんてのは、どーせ数こなさなきゃダメなんだろうから、別にいい。そんなのは画材と同じでせぅ。整備方法は、ちゃんと覚えないと壊すし。それも画材と同じかと。

てか、真っ先に整備方面を調べ始めるのって、やっぱり技術屋のビョーキ、ってことかしら…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

わくいく。

http://www.nanomedia.jp/release/2007/0612_gappli.html

何か。

タイトル画面がLeaf作品「雫」のあの惑星にしか見えないのはあたしだけなのか。

プラットホームが携帯だけに、晴れた日はよく届きそうだ…。

あ゛、私信。

綾乃ちゃんはいい加減、10年近く前にうちから持っていった「雫」を返すように。今からやるかっつーと多分やらない気がするが。だって怖いんだもん…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

jigブラウザ

書き込みのテスト(笑)

いちお、大丈夫みたいねん。


…あとでちゃんと更新しまス(汗)

----- 追記 -----
あぁなんだろ、書き込みはできてるみたいなのにサイトに反映されない(汗)
このブラウザからのココログ更新は微妙に無理…か。

それはさておき(置いてイイのか?)。

jigブラウザを導入してみましたん。
略してjigブラ。ブラを互い違いにかけてるとか、そーゆー状態のコトれすか?(ちがう)

普通のインターネットサイトを、携帯電話からPCに近い再現度でブラウズできるのが売り、だそーれす。
今のところ、使用感は悪くない感じ。

あ、ちなみにiアプリなのと、新世代FOMA(900以降)対応なので。
Docomo以外だと、auに対応しているみたいれす。

携帯電話からのサイト更新について
肝心のスペック
利用料金。


携帯電話からのサイト更新について
FreeStyleWiki
問題なし。普通のi-modeブラウザだと、Cookieが使えなくてログインできなかった問題が解決しました。
つーか、むしろこの効果を狙って導入したのデスが。

編集画面でのスクロールがなんかアレ気でしたが、たぶんあれは設定と使い方で何とかなるよーに思う。

ココログ(ここのコトだ)
…ダメっぽい(泣)
冒頭にも書きましたが、書き込むだけなら何の問題もないのれす。

が、しかし。

保存ボタンを押した後、「反映中…」になったあと進まない。たぶん、自動ジャンプができないのか?
PCから入りなおしてみると、書き込んだ内容はちゃんと保存(つーか操作のせいで3重に(笑))されていたのれすが、サイトのほうをいくらリロードしても出てこない。
んで、PCから入って、記事を編集モードにして、そのまま保存するとサイトに反映される。

あと一歩なだけに、なにかすっごく悲しい…。

肝心のスペック。
使用機種はF901iCれすが、最初なんだかスクロールが鈍かった。
…とか思ったら、設定変更で高速化が可能。「やや速い」で十分な速度に。
あと、1ライン単位の移動はあるけどスクロールキー相当の高速移動はないのか?!とかおもってたら、これまた設定変更でOnに。

結局、「アレはないのかゴルァ?!」とか思う機能の大半は搭載されているみたいなのれすが、それが前面に出てないのでいぢって見ないと見た目が損しているかも。
先のスクロールキーも「カーソルキー2度押し」なので、設定を見ないと気づかないし。

そしてついつい連射しておかしなところにスクロールさせてしまうあたし(児爆)

ま、メニューレイアウトとか、操作性性は悪くないれすよ。むしろ良好。
Nシリーズのスティックポインタが恋しくなりますがね。

その他。
Bookmarkはサーバ側に保存されるので、機種変更しても引き継がれるようです。
あと、PCから編集も可能。サーバ容量は20KB、1項目22byte + タイトル + URLなので、1項目100byteくらいとして200項目くらいは入るのか?
まぁおおむね大丈夫さね。

公式な呼称が「お気に入り」だったり「IEからインポートできます」とか書いてあるけど、そんなことは知らん。

あと、RSSリーダーとしての機能もあるようなのですが、ここに項目追加することができません(泣)
すでに登録されているモノ(ニュースサイトとかはおおむね入っているようだが)から選択することのみ。
「ここを登録したいんだ!」とゆーものが今あるわけではないんだけど、この機能はあったほうが好印象だと思うぞ。

利用料金。
月額料金 1,050円、年額 6,000円+パケット代なので、まぁ有効性を感じたヒトはとりあえず月額で始めて試してみるのがよろしいかと。
あたしはとりあえず月額で。
果たしてこれが安いのかどうかは微妙なのですが、うまくいけばノートPCを出さなくてもたいていのWebサイトは見れるわけで。
あと、とりあえず「パケット代計算用の項目にあるから」という理由で判断してますが、通信料がパケホーダイ対象になるように思うのれす。
FOMAをPCに接続しての通信はパケホーダイ対象外なので、そういう意味でも有効かもしれない。

試用版
あるにはあるのだけど、、なにせ3ページ(URL)しか見れない。

たとえば先のFreeStyleWikiなどは

1.自分のサイトのトップ
2.FreeStyleWikiのトップ
3.ログイン画面
…終了…(つまり肝心のログイン動作が試せなかった(泣))

とゆー具合に。初回3ページ、その後は1日1ページなので、明日になればログイン確認まではできるけどさ。
そのあとの書き込み確認はまた次の日…(--;
やってられないのでとりあえず申し込んでしまいましたん(罠)

まぁこれから試す人は、「ご試用は計画的に」とゆーところでせぅ(笑)

申し込み画面のちぅい!
PCからだと(携帯からは知らない)、iアプリ上で確認できる「お客様番号」なるものを入力するのれすが、番号を間違えると画面に何も出なくなります(爆)
TABLEタグが閉じてないとか、ブラウザがIEでないと蹴られるとか、そーゆー次元の問題じゃない。
ソースを見るとタグ以外の文字が見えない(しかもPREタグだったよーな記憶が(汗))

白紙になった人はもう一度番号を確認するべし。
…しかしどうにかならんのか、この仕様(--;

| | コメント (0) | トラックバック (1)