Mac OSの名前が。

Mac OS X ライオンキング になるのはどのバージョンあたりかなぁ…。

いや、なんかそろそろネタ切れなんぢゃないかと…。

それとも、

Mac OS X ジャングル大帝 とか

Mac OS X イリオモテヤマネコ とか

Mac OS X ヤママヤー とかに

なったりするのかなぁ…(全部日本向けやん)

日本向け限定なら、

Mac OS X ネコミミ少女

とかもアリか?(ねぇよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARROWS X LTE(ざっくり2.5週間くらい経過)

基本的には良い子。飯の喰いっぷりが半端ないけどそれ以外は良い子。

バッテリーが持たない:

機内モードを積極的に活用しませぅ。2日くらいは持ちそうです。最近気づいたのだけど、機内モードOnでもWifiは使える。つまり機内モード+WiMAXルータという選択肢。お前は何のために10時間バッテリーのMobileCubeを買ったんだ?!

お風呂で使用:

これについては今のところ問題は起きていませんな。端末内部への水侵入も無い感じ。先ほど発生した「カップラーメンのつゆをぶっかける」という惨事にも「水道水で洗って対応」という携帯電話らしからぬ解決を図ったり。

LTE:

ゆりっぺ(意訳:ゆりかもめ)車内はそこそこの確率でLTEモードになります。確かに早いや。横須賀線車内も、新川崎くらいまではLTEを拾っている気がしまする。「案外使える範囲が広い」というのが印象。

難点も少しあって、LTEとFOMAの境界線付近だと、両方を交互に拾おうとしてます。切り替え時に一瞬回線が切れるので、結果的にしょっちゅう切れているような状態になることも。ま、あたしは動画とか見ていないので、大して困らんのですがね。

ときどきつながらない:

アンテナは十分立っているのに、通信回線が開かないことがそれなりの頻度で起きてます。機体特性なのか、最近話題の「スマートフォン普及させたら晴れた日でも電波が届かないや」問題なのか、判別が難しいところですが。

慌てず騒がず、「機内モード」をOn/Offしませぅ。それでダメならあきらめませぅ

iPod Touch:

うーん、棲み分けが微妙になってきたぞ…?どちらも板モノ、片や通信機能あり、片や薄い…。むむむ。でもカレンダーとかタスクリスト類は、やっぱりAppleのほうが良質な気がするです。キャスパーたんデススマイルズはAndroid版出ないのかなぁ…。

充電クレードルが使いにくい:

なんでなんでしょうね…?ジャケット着せてるせいかと思いきや、ジャケット脱がしても充電が始まらないことが多くあります。接点の爪がうまく当たらないのかな…。

N-03Cもそうだったけど、差し込むと爪が飛び出る形式でなく、単に「置いたら接触する」形式になっていないのはなんでなんだろう…。接点から出る電力量がさりげなく高エネルギーで危険、とかあるのかしら??

裏カバーについて:

小っちゃいシールで「押し込む場所」を指示するくらいならば、ケース自体にマーキングを刻印したほうが使い勝手も良いと思うんだ。だいたいあのシール、水濡れしていると早晩剥がれるよ?N-03Cは半年くらいで剥がれたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macbook Air用の革ケース。

これ欲しいのでメモっておきたい。革で1万なら高い気はしないが、1万は1万なので。

[N] 職人が作るオイルドレザースリーブ for MacBook Air (ネタフル)

Macbook Airはクッションの効いたケースより、こういう「気を使わない」持ち方がちょうど良いと思うのさ。

ところでこれ、バリアジャケット着せたままでも入るのであろうか? ←バリアジャケット言うな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クドわふたーPCキャリングケース。

Macbook Air用に購入したのですが、サイズが微妙に残念賞。ちょっと大きすぎる。重ねてみるとちょーっとケースがはみ出るんですわ。

Dscn0563 Dscn0564

あたしの手持ち機体では、VAIO Z (Lバッテリー)がちょうど良く収まる感じ。

Dscn0566

あと、なぜそんなことをするのかと言われると反論できない気もしますが、VAIO ZとMacbook Airの2台持ちでもきっちり収まります。具体的には、Lバッテリーによって空く本体と机の間にMacbook Airを押し込むという…。

…VAIO ZをLinuxサーバにして、Macbook Airを端末にしろ、とでも?

素材的には、絵の部分が多少べたつく…というかそこだけ極端に滑りが悪い感があるので、手で持っているときに気になるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワコムのInklingが。

ひっそりといつの間にか発売になっておった。てっきり年内発売は無いか、コミケでお披露目かと思っていたのに…!(コミティアでお披露目だったとか?まさか)

よ、予算が無い…ぐぬぬ。

ワコム直販サイト

あと使用レポートが。ふぅーむ、イラスト用の清書には期待過大か、な…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防水型スレート端末+電子書籍のイイ関係(希望)。

防水対応で文章を読むに適したサイズのスレート端末に電子書籍をインストールすれば、長風呂しながら本を傷めず読めるではないか!という事実になぜか たまゆら を観ていて思い当たった。

つーことで、iPadの防水対応版、出ないかなぁ…。日本でも特殊な種族だと思うけど、海外ではお風呂につかりながら本を読む習慣って無いのかなぁ…?

Zipロック(暗号化zipに非ず)とかに突っ込めば一応防水化はできるとは思うけど、できれば機械だけで持ち込めるのがうれしいし、安心感もあるやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デススマイルズ for iPod touch / iPhone。

こんなものがあることに今さら気づいたのでさっそくインストール也。これで何時でも何処でもキャスパーたん11歳が「ゾクゾクするぅ♪」と仰ってくれまする。

難易度的には全ステージでLevel.1が選択できるので、へたれシューターなあたしでも全部Lv.1、コンティニュー3回でクリアーできる程度。

しかし操作がきつい。オートショット・オートボムでもきつい。

  • タッチスクロールで自機移動するのだけど、自分の手が邪魔で自機が見えなくなることしばしば。
  • つい熱くなって手が汗ばむとタッチに反応しなくなり時期コントロール不能に(こまめに指を変えましょう)。
  • てか、本体が熱くなる。
  • 本体を支えながら画面端のショットボタン押してるので指がつりそう。
  • ショット方向が1ボタンで交互切り替えなので、敵に囲まれるとつらい。

まー、それでもかろうじてクリアできる程度だから、ちゃんと難易度調整はされているのだろうけど。

ソフト本体は有料版(1000円)だけど有料アイテムは未使用。てか、必要なの?あとiPhoneモードが未プレイ…。

バッテリー消費も激しいようなので、電源のあるところでやったほうが無難かも。

ケイブ、iPhone/iPod touch「デススマイルズ」コスチュームチェンジ機能などを8月6日に追加 (GAME Watch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イー・モバイル、大容量バッテリーの新スマートフォン「GS02」。

ほむ。イー・モバイルはサポートセンターの最悪っぷりがもはやトラウマのレベルなのだけど、これはそそられるな。

4インチディスプレイはAndroidメイン機には向かないけど、携帯電話的な感覚ではちょうどいいかも。カメラも800万画素ならばメモ写真には十分だろうし。

サイズの割にバッテリー容量が大きいのと、テザリング+SIMロックフリーという点が惹かれる。が、しかしイー・モバイルなので他社SIMとしてどこが使えるのかは要チェックか。2.1GHzサポートしているってことは、FOMA(b-mobile)使えるのだっけ?しかし防水・防塵が非対応なのは要注意だぜ。ワンセグと赤外線通信はどうでもいいけど。

ちょっと注目しておきたいところだけど、いったいどの機体と入れ替えるつもりだ>あたし

んー。

GALAXY Tabは画面サイズ的に交換不能。

N-03Cは「携帯電話」なので微妙。てか、こいつは「堅牢性」重視で機種変更したやつなので、そこを満たしてもらわないと。

Hybrid W-ZERO3は候補に挙がるけど、まだ分割払い継続中なのよね。

これでWiMAXも対応していれば、WiMAX契約切り替えで決定なんだがなぁ…。

しかし、iPod touchを購入してからというものなにかAndroidにはあまり興味を持たなくなった。使い勝手は大体同じ、Androidの開発環境はJavaなのになぜなんだろう…?

iOSがApple独占で、機種もアプリも供給基準が安定しているから、かな…?Androidはどーしても携帯キャリアの思惑が強く出てくるし、同じものを再度買おうとしても在庫が無かったりするし。

いや、iPhoneもiPadも携帯キャリアの思惑が強く出すぎて未だ購入できないんだけどさ。

イー・モバイル、大容量バッテリーの新スマートフォン「GS02」  (ケータイWatch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートPCスタンド。

これ便利そうなので明日早速ブックエンドを入手したいところ。

「お手軽ノートPCスタンド」を15秒・105円ナリで作ってみる

しかし100円ショップのブックエンドはマヂにへちょいのでここはちゃんと1000円くらいのを買ってきた挙句丈夫過ぎて「えいやっ」で折れなくなるというオチが見えそうな、そうでもないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch で Wake On LANが便利。

使っているのはMochaSoftのRemote Desktop Lite

えぇ、本来リモートデスクトップ用デス。

RDPの補助としてWake on LAN機能が付いているのですが、主に自宅内でPCをリモート起動するときに使用しております。

具体的には、朝起きてメインPCを取り敢えずWOL起動し、暖気しつつ着替えと庭の水やりを済ませ、機体が安定した頃に使い始めるとか。

電源のOn/Offくらいしか本体に触る機会がないサーバ機をリモート起動させることで本体を奥まったところにおいてしまうとか。

以前「Wake On LANで電源ボタンの代わりはできないか?」という記事を書いていたのですが、コレが1つの答えになった気がします。

なお、ポートを開けることでファイアウォール越しの起動もできる造りのようなのですが、Internetからアクセスするときはいったん自宅サーバにSSHログインしてそこからWOLを叩いてしまう環境ができているので、面倒なこともあってまだ試していませぬ。

Wake on LANのパケット送り出した後、そのままpingもしてくれるので、起動完了の確認も可能です。

メインPCは光学ドライブとか使うので、あまり奥に入れるわけにはいかないんですがね。本体を奥において、光学ドライブをUSBなりeSATAなりで外に出す、という手もあるけどなー。PCは足元に置いているので、光学ドライブだけを机の上とかに置くことにどれほどの意味があるか…。

ちなみに、リモートデスクトップとしての使い勝手もそれほど悪くないです。まぁ画面小さいのと、たいていはMacbook Airがあるのでそちらを使うのですが。初回使用時、なぜか仮想キーボードが動かなくなったのですが、この場合はiPod touch自体を再起動してしまうのが良いようデス。てか、そうしないと回復しなかった。

無償のLiteと有償500円のフルバージョンがありますが、あたしの使い方ならLiteで十分。が、しかし重宝しているのでここは有償購入して対価を支払うべきだと今思い当たった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CamiAppノートを買ってみた。

普段から普通のノートに書いたマインドマップを携帯電話で写メってEvernoteにつっこんでコレといった不自由を感じていないあたし的には、別に無くても良い気もするけど。

買ったのはリングタイプのA6。まずは邪魔にならないところから。マインドマップ用途だと最低A5、基本A4なんですけどね。

で。

取り敢えず、アクションマーカーなる3つの枠が3ビットであることに感激するのはプログラマの習性か(汗)

リングタイプだと四隅のマーカーは無いんですな…とおもったら台紙自体が黒枠としてマーカー動作するという仕掛けか。

さてはて、どのくらい使えるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非接触型充電パッドは。

Macbook Airこそ対応すべきではないだろうか。

唯一残ったケーブル、電源を駆逐するためにも!

ジョブズ的にはどうなんだろう、あのあたり。新型機で導入しなかったところをみると、気に入らなかったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Software Design 11月号 (2010年バックナンバーPDF付)。

今月号は2010年版バックナンバーのPDFが付いてきているので購入。さて、捨てられる本をまとめておくか…。

Software Designは毎年確実にバックナンバーPDFを付けてくれるので安心感があるのだけど、他の雑誌も例えば「年末にはバックナンバーPDFを出しますよ」と予告・宣言しておいてくれれば、雑誌をせっせと自炊整理する人の助けにもなるだろうし、年末の売り上げも期待できるんじゃないかなー、とか思うのだけど。

ついでに年初の時点で年末のPDF版をAmazonとかで予約できるような体制になっていると、購入忘れが無いというか見込み客確保にもなるんでないかとか。

11月号自体のメインはさくらインターネット大特集!誌面の1/3くらい占めている印象が。さくらちゃんを隅々まで紹介していてとてもエロい(なんぞ)

これ、次は他のデータセンター系インターネットプロバイダとかやらないと不公平ぢゃないですかね?(笑)

あとは、Hack For Japanの活動報告第1回が掲載。プログラマの一人としても、何かできることが無いか活動内容を見直したいところ。

あとは印刷環境特集。Software Designで「プリント環境」って書かれると一瞬印刷のことか基板のことかで悩むのはあたしだけか、あたしだけなのか。

#2011.10.24 追記

購入した11月号を読んでいて、デジタル版があることに初めて気づく。「雑誌オンライン.COM」で購入できるらしい。バックナンバーも買えるし、価格も紙版より100円安いし、Androidでも読める。

取り敢えず今月号を購入して読み比べるか、買っていないバックナンバーを試すか、微妙なところではある…。

あと、先日の記事でぼやいていた週刊ダイヤモンドもこちらでは単品電子版が購入できる模様。

うーん、ぬかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows VPSについての調査メモなど。

お名前.comを思い出したついでに、実際に使えるかどうかの調査・考察を始めてみた。

用途:

  • メールソフト
  • MS Officeソフト
  • Eye-fiの受信母艦

メールソフトについては、普段使用しているThunderbirdをMacと共用すべくSugarSyncしているのだけど、メールソフトはたいていPCをシャットダウンする寸前まで稼働しており、ソフトを終了したあとSugarSyncの同期を待つのは面倒。ちなみに、IMAP4なのにわざわざソフトレベルで同期しているのはSPAM辞書を合わせておきたいから。

MS Officeについては、Mac用ライセンス買うのが面倒…というか予算が厳しいので、今あるライセンスを合法的に活用できないか、という算段。

Eye-fi受信は別にどこでも良いのだけど、やはりMacbook AirやAndroid機にがりがりと書き込むのはSSD寿命の不安が心をよぎって心臓に悪く、オンラインサービスもコレといったものが無かったので今はデスクトップ Windowsに送り出している次第。

あと敢えてWindowsでしか動かないソフト、というとエロゲーくらいなのだけど、これはそもそもVPSぢゃ無理だろうというかたいていはCD/DVDをドライブに入れておかないと動かないのでたぶん無理。てか、お前はわざわざリモートで何をやっているのか、という感が。

なお、あたしは絵を描くため物理Windowsマシンは完全廃止できません。むしろ絵を描くためだけにCPUパワーと大量メモリを用意しているともいえます。そういった意味でも、VPSに一定以上のお金をかけるのは無意味なのだな。

開発環境としてはLinux系OSになってしまうし、Visual Studioでも使いだせばWindowsの価値はもっと上がってくるのだけど…。うぅむ。

費用:

  • お名前.comは10月末まで初期費用無料、メモリ1GBプラン1か月契約で2,520円/月。ただし1か月契約の時は最低利用期間3か月なので、実質7,560円/3か月。
    すでに10月も下旬なのだけど、お名前.comに日割り計算は無い様子。なので今契約すると2,520円/10日+2か月分。あれれ?初期費用は本来2,100円なので、11月から契約してもあまり変わらない感が。
    なお、現在7日間無料トライアルができるようです。
  • その他の選択肢として、Amazon EC2のWindows Server を借りて自分のOfficeをインストール。これだと時間単位+ディスクイメージを保存するS3エリアが月単位課金。
    他に見つかるたいていのVPSはサーバが生きてようと死んでいようと1か月課金なのだけど、Amazonの場合は停めておけばS3の料金しかかからないので、24時間稼働しないデスクトップ用途であればこちらのほうが節約になりそう。
  • Office付きのVPSとしては、WILL@NETのOfficeデスクトッププランが初期費用5,250円+4,480円/月。Officeも新規購入するのであれば、そこそこのお得感、ではあるが。

問題:

ところで、メールとOfficeだけだったら我慢しろとかWindows Liveで良いんぢゃね?とかいう感じなのですが、さらなる活用として思いついたEye-fi。セットアップにはUSBでつないだEye-fiカードをWindowsで認識させる必要があるのですが、はたしていずれのVPSもこの芸当ができるのか?

以前会社で使っていたVPSサービスではできたような…気もするのだけど、しかもEye-fiカードだしなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macbook AirでOffice for Macを買わずにOffice文書を扱いたいな、って。

まー別に買ってもいいんですが、なんかもっと良い手は無いのかーと考えた末のぐるぐる感をライブ感覚でお楽しみください的な。

Macbook Airを手にし、VAIO Zが起動しなくなりつつある今日この頃。唯一の問題と言えば、Officeを導入しておらず、Evernoteにのっけてある家計簿はExcelなのでOfficeが必要であり、さてもさてもなんとか手を打つ必要がある。

Macbookからリモートデスクトップで自宅PCのExcelを操作?まぁこれでも良い、がちと面倒。

そんな時、USBメモリに入れたScientifice Linux on VirtualBoxが存外に快適に動くことに気づく。まーちょっと重いのだけど、WiMAXネットワークを電車内で使っているとネットが重いのかOSが重いのかよくわからない程度に快適。いや単にMacのSSDにコピーしてから使うのが面倒だっただけなんだけどさ。

そこで閃いた。宇宙からの毒電波が届いた。VirtualBoxにWindows 7を入れておけば、最強にポータブルなWindows環境がMac上に出現するのではないかっ?! (もちろんライセンスは正規版でね)

まずはVirtualBoxベースでWindowsがきちんと動くか確認したい。しかし今手持ちの余りライセンスはWindows XPとWindows 2000とWindows 9x系…。

そこで閃いた。悪魔が囁いた。Windows 8のプレビュー版が出ていたよね?!

ダウンロードなう。

ふと我に返る。お名前.com Windowsデスクトップ はどーかなー。…しかしこれにはOfficeが無い。Officeも借りれないか?

そして思い出す。Windows Liveの存在を。ていうかアカウント持っていたじゃないか!

Excelでちょっと表計算するくらいなら当然Web上でできるよなー、そりゃ。

しかしなぜか、何度やってもヘルプページへ飛んでしまい肝心のOffice Web Appへ辿り着けない。

なんとかたどり着いたものの、今度はSkyDriveからExcel Web Appに戻れない。新規作成はできるのに。

しかし、EverenoteにのっけてあるExcelファイルをWindows Liveで開く方法がないな…。いや別にEverenoteになくてもSkyDriveにあれば使用感は似たようなもんだよなー…。

オチなく終わる。

あ、Windows 8落とし終わった。

しかしお名前.comのほうも前から気になってはいたんだよね。今キャンペーン中で初期費用要らないし、試してみるか?

当面の用途としては、現在自宅PCをリモートデスクトップで使っているメールとかOfficeとかEye-fiの受信とか、か…。OfficeはVAIO Z用のライセンスを移動すれば、規約的に問題なかった…と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛読者カード運営代行サービス「i 読(あいどく)」

これは良いサービス!出版各社の前向きな参加を希望したい!!

自炊はもはや不要!本屋で買って、ハガキを返し、電子が届くサービス始めました。

関連記事:電子書籍の「自炊」(書籍の電子化)はするな!!(少なくとも現段階では)

関連記事:「本の自炊」に対するソリューション登場!愛読者カードを使ったサービス

愛読者カードに注目するってのが、目の付け所がSHARPと言えましょう。確かに愛読者カードを持っている=正規購入者だし。

エロゲの中古買い取りと同じ理論だね★ (ユーザ登録はがきが無いと一気に買い取り額が下がる。そしてユーザ登録するともらえる特典も最近多い)

…書店でカードだけ抜きとるとか、カードだけヤフオクに出すとか、そーいう悪用方法は簡単に連想できるのでもう一工夫あったほうが無難だけどね。ただ、これらをやっても紙の本+カードで入手した電子版の最大2冊までなので、無制御に出回ることは無いのかも。

そもそも「電子版のほうが欲しい」という人ならばカード送って電子版もらって本は中古処分、という人も多数いるはずだし、紙の本だって発行即購入→読了即中古売却、という人もいるので、やっぱりこのあたりまでの損失は今でも見込んでいるはず。

読める機器数への制限だけど、一番良いのは「ある機器で書棚に返したら別の機器で読める」かと。物理的な制限とほぼ同じなのでわかりやすいし、回し読みとかもできない。せいぜい大画面で開いてみんなで読む、くらい。

ただ、これだと「読んでいる機器を家に忘れちゃったから手持ちのコレで読みたい」という場合に不便。対策として「読んでいる機器が書庫からの呼び出しに反応しなければ別の機器で読める」なら?「呼び出しに反応」は「ソフトがシャットダウンするとき書庫に自動通知」でもよし。

今の機器はたいてい自動スリープするので、例えば家に電源入れたままおいてきちゃった、というケースでも大丈夫かな。一番の問題は「日本の無線事情は常時接続にはまだ遠い」ことか。

さて、この手のサービスが普及してくるには何よりも出版側の協力が必要。電子書籍については鶏と卵、圧倒的に片方が強くて、とにかく読みたい本が無いと読むことができない。

個人的には「新刊」「雑誌」「コンピュータ系の技術書」「小説」あたりが充実することを強く希望。

流行から外れた本は名作もしくはお気に入りでもない限り読んでもうれしくないだろうし、雑誌と小説はとにかく本が増える!ライトノベル系は物理的に在ることも重要なので、保存用に紙で買って持ちあるいて読むように電子で買いそう。そしてこいつらはとても裁断できない!

技術書についてはだいぶ出揃ってきた感。

そもそも重厚で持ち歩きが辛く、しかし趣味プログラマーとしては家でも職場でも手元に置く必要があり、しかも数を揃えて次々買いなおさないと技術についていけない。しかし電子版だけで良いかというと、会社の情報漏えい方針のために電子書籍を読む機器が持ち込めない可能性があり、結局紙が必要になるという問題も。

(紙の本なら情報漏えいしないかというとそんなことは全く無く、むしろそれは情報の元のほうで管理制御すべきなのだけど、日本企業はとにかく頭を押さえて出る杭を打って問題を解決したがる…。なら出てきた杭をさっさと抜いてしまえば良いのに)

雑誌については、最近週刊ダイヤモンドとか時々読むようになったのだけど、これの電子版は本も強制的に届いてしまう。週刊誌だし分量もすごく多いわけではないし、たぶん電子版で読むようになったら本はダイレクトに古紙回収に出しかねない感じなので、「電子版のみ」の選択肢がぜひ欲しい。

誰かに見せたいとか、「紙の本が欲しい」状況になったらコンビニとかで買えばいいんだし。

あとはファッション雑誌類。

絵の資料として買うのでかなり電子化したいのだけど、本来の読者層的に電子版への対応は遅いかなぁ…。あと自炊屋さんに持っていこうとしたのだけど、中を見るとアンケートはがきやら中綴じ記事やらでページのサイズが一定しておらず、裁断後の整理がなんぞ鬱な。切った後に全ページ見てサイズ違いの紙を外さないとスキャナが壊れそうな予感なので、やっぱり出版社による電子版が欲しいなー、とか。

ライトノベル小説は、まぁそこそこ出てきた…のかなぁ??今確認したらDMMの角川スニーカーとか、ちゃんと新刊入っているし。でもWindowsでしか読めないってのがかなり鬱。

いや、リモートデスクトップで読むという大技もあるけどな?

…改めて見ると、読みたい本とか読んでいる本はかなりの数が電子化されているな…。むしろ書店で買う前に電子書店をチェックすべき?でも本屋さんめぐりもソレ自体が楽しみなので、理想は書店で見つけた本をその場で電子版購入できること、だなぁ…。

しかし書店で本片手にPC操作はちょっとマナー違反な感じ。電子版を「だけ」買っても書店側に一定の利益報酬を入れられるシステムがあれば良いのだけど…というとやっぱりこの愛読者カードシステムは初期導入コストがかからない上にみんながそこそこ幸せになれるシステム、ってことなのか。

一周回ってどっとはらい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

GALAXY Tab + bmobile + Mobile AP。

DoCoMoがテザリング料金を値下げてきたので。

FOMA回線でのPC接続するにあたり、いったいどの機体をルータ or モデムにしようかと考えたので。

PC接続中は当然電話を取れないので、普通の携帯電話をモデムにするのは論外なので。

となるとGALAXY Tabを使うか光モバイルを使うべきで、いっそGALAXY Tabがテザリング解除できれば便利だな、DoCoMo公式で有償解除とかしていなかったけ?とGoogleったところ、Mobile APなるものに遭遇。

GALAXY Tab SC-01Cに隠されたWi-Fiテザリング機能を呼出す「Mobile AP Shortcut 」

テザリングできるじゃーん♪

ちなみに回線はbmobile Fairなので、テザリングしても規約違反には当たらないと思うのだけどどうか?

現状、iPod TouchとMacbook Airまでペアリング達成。しかしGALAXY TabをルータとしてiPod Touchを通信させるというのは、大小2つのスレート端末持って何してるんぢゃオマエ、的な光景であることは否めない。iPadで無いだけましか。

いや、GALAXY Tab + Macbook Airってのもかなーりアレ気な光景である気もするんだけどさ(汗)

ともかくも、これでbmobile + WiMAX + 無線LANスポットを組み合わせれば、すべてのモバイル機体が大体どこでもインターネット接続できるようになった気がします。

問題はbmobileの料金です。これで一か月以内に1GBを食いつぶすようならば、GALAXY TabのSIMを素直にDoCoMo回線に戻すことになるかと。つまりbmobile言うところの「回線維持費を食いつぶしている一部のヘビーユーザー」ってやつになるですよ。結果的には電話もできるしSPモードも使えるようになるしで万々歳?

しかしこうなるといよいよ光モバイルとEMチャージは不要か…?GALAXY Tabはエネループで充電できた…気がするし、FOMAが繋がらなくてEMが繋がるっていうケースは見たことが無い気がする。

あー、しかし。FOMA通信だとやっぱりリモートデスクトップは辛いねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンド10月22日号がスティーブ・ジョブズ特集。

やー。もうなんか、表紙左のMacintoshなころのジョブズさんが若くて若くて(笑)

でもあたしの中のスティーブ・ジョブズは、なんとなくこの若かりし頃のイメージだなー。本音を言えばAppleはClassic Mac OSのころのほうが好みだったかも。

Mac OS Xも悪くは無いのだけど、別物だしね。あれはMacというよりLinux。デザインに惚れて買うというより開発環境として買うというか。

あたしがインテルMacになった時点でお絵かき環境をMacメインからWindowsメインに移したのも、同じインテル入ってるなら別にMacでなくてもイイや、と思ったのが理由だし。

とか言いつつMacbook Airは買ったし、買ってみればやっぱりMacはすごいなーと思うのだけど、Mac OSがこんなにも軽くて快適なのは特別に優れているというわけではなく、ユーザーの要求に何でもかんでも答えようとした「なんでも言いつけてください」Windowsに対して、ユーザーの使い方1つ1つまで指図した「俺がルールだ」Macintoshなんだと思うのさ。

だから、定められたルールに従って使っていると快適そのものだけど、そこから外れようとすると結構苦難の道が待っている。例えばバッテリーを増やしたいとか、SSDの容量を増やしたいとか、いざという時の武器にしたいとか(7オタ的に)。

Windowsは最初っからなんでもできるようにしてある分、ある種けもの道を開拓しないといけない。そこが難易度高いんだと思う。

結局初心者がまず入りやすいのはMac系、中級以上になっていぢり始めると楽しいのがWindows系、ぐるり廻ってカスタマイズが面倒になってくると戻ってきてMac系…か、究極のカスタマイズたるソース改変のLinux系…なのかな。そしてここに、ソース改変カスタマイズすら可能になった究極OS、Mac OS Xが控えておると。

で、一緒に特集されていたスマートフォン新機種。

なんぞつまらない世界になったねぇ。どれもこれもスレート型、どれもこれもトップメニューにドロイド君印の買い物袋アイコン。まー今回の新機種はスマートフォンだけではないしスレート型だけでもなかったけど、もう少し多様性ってものを考えてもいいと思うんだよなぁ。

しかもこれだけ一度に出しちゃうと、どーせ個々の商品は初回限定受注生産並みに台数が少なくてあっという間に在庫切れなんだぜ?

ま、あたしは大体にして時代の先を走ったあげく面倒になって最後尾をてくてく歩いていくようなパターンになりつつあるので、すでにこの手のデバイスに飽きてきたというところかもしれないけど。

なんというか、スマートフォンっていうよりPDA+無線通信って世代だしね。

追記:Mac OS XはLinuxぢゃなくてBSDですだぜー、というツッコミは不可。そゆ人には美獲素手神拳Death。あたた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自炊の森」が30日(日)に閉店決定、別の自炊スペースが来週オープン

ついに閉店決定かー。結局一度も行けなかったな。

でも、別の自炊スペースってのは期待できそうね。裁断機とスキャナのレンタルに純粋特化しているのなら、法的には大丈夫だと思うけど。

唯一グレーになる可能性があるのは「用済みの裁断済み書籍を有料で引き取るサービス」か。これで引き取ったものをどこかで販売とかレンタルとかしてしまうと、一気にダークゾーンに行ってしまう。

いっそ「ゴミは各自でお持ち帰りください」にしてしまえば清々しくて良いのではないかとも思うのだけど。

明日(今日)までプレオープンか…。雑誌を適当に数冊持って覗いてみるのも手かな。

「自炊の森」が30日(日)に閉店決定、別の自炊スペースが来週オープン (AKIBA PC Hotline!)

ブックメンテナンス秋葉原のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妹の…もといリモートのリポジトリを用意したいので。

一番手っ取り早いのは契約しているVPSとかレンタルサーバにSubversionリポジトリ作っちゃえばいいのだけど、そのVPSを初期化リセットしたくなったらどーするんだとか、いやいや世の中にはgithubってーものもあるんですぜ旦那、とかそんな宇宙毒電波が聞こえる毎日。

リポジトリに突っ込みたいのは、Macbook Airでいじっているソースとか、VPSで構築しつつあるRadiant CMSの自作エクステとか。

最終的に公開することもやぶさかではないけど、今はとても見せられませぬ、というかそこまで本気でやっていないというか。

となると公開共有が前提のgithubはちょっと用途が違うかなー、というかアレは完全プライベートのリポジトリにも使えるのか?<本を読め、買ってあるんだから

さて、どこに置いたものやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macbook Air (こぁ2Duo Lion) + CLIP Paint Lab + PTB-MT1。

CLIP Paint LabをMacbook Airにインストールしてみましたよ。

Mac OS XのバージョンはLion。CLIP Paint Labのバージョンは0.71c。

起動時に「動作対象外OSで起動されています。」等とぬかしよりますが、問題なく動いているのでまぁ良し。パフォーマンスチェックも問題無し。

タブレットは取り敢えずうちにあったPrincetonのPTB-MT1。Pixivモデルの誘惑に負けて買ったとかは秘密なので!

ドライバはメーカーサイトからダウンロード。

まーこちらも問題は無いのですが、敢えて言うならあたしが液晶タブレットに慣れ過ぎというか、このタブレットはマウスパッド兼用が売りということもあってふにゃふにゃなので、持ち運びには向かないというか。

こんど余力があるとき、ワイヤレスのワコムタブレットでも買っておこうかしら。

一緒にWindows版もダウンロード&インストールしてあるので、当面IllustStudioの代わりに使っていこうかな、とか思っています。

ま、この使い勝手ならばMac用にPainter買う必要はないかな、とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac OS X用のイラストソフト…。

Macbook Air用のグラフィックソフトが欲しいので。

むしろタブレットもセットにしたい欲求が高まってきたので。

てか、出先でちょっとした画像加工したいだけなのに自宅のPC起動してリモートデスクトップでIllustStudio起動…なんてとてもできたものではないというかそもそもそんなことできるんか?!

で。

やっぱりPainterかなーPhotoShopよりはPainterのほうが良いかなーとか思っていたのですが、なんぞセルシスがMac版イラストソフトを出している様子!

CLIP PAINT Lab

何故か公式ページのほうにも画面写真が全くなく、機能説明もなく、辛うじて読み解ける文言から推測するとまさかこれは部品を組み合わせて漫画用人物を造るだけの簡易版?!とか思ったのだけど、CLIP Labのほうにようやく一枚の画像を見つけたので安心的な。

ということで後で試そう。いやタブレットが無いけど。液晶タブレットしか。

…あ、いや、どこかにPixivコラボのタブレットがあった、ような…。

まずはCLIPに登録しないといかん。TINAMIにPixivにCLIPと、なんでこうもあちこちこの手のサイトに登録する羽目になるのやら…。自分のWebサイトがあるのにさ。

これで経過が思わしくなければ、やっぱりPainterかなー。でもアレだと逆に、写真加工とかはやりづらかったような…。

え、Windows 7の存在意義?エロゲ用でしょ?(笑) ←最近めっきり積みゲーだけどな

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジョブズは最後に大変なものを残していきました。

「Siri」って日本語圏だとどーしても「尻」になっちゃって、色々と問題が出そう。

「尻に話しかける」「尻を見せびらかす」「尻を使わせてください」「尻の使い過ぎ」「尻の調子がおかしい」…ダメだなこれは(汗)

てか、ソフトバンクの「俺を尻に敷くな!」はこれを狙っていたのかしら…?

iPhone 4Sの隠し球機能「Siri」とは? (PC Watch)

…と、散々なことを書いたうえでSteve Jobs氏の冥福を祈りたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod Touch (第4世代)。

つーことで、台風を乗り越えて(しかし挫折して)我が家にやってきたiPod Touch(第4世代)デス。世間ではまもなく第5世代発表とのうわさも高鳴る中、地道に死亡フラグを立て続ける我が林檎道。

iPhoneは「ソフトバンクが(というかあの社長が)なんとなく信用できない」という一点により購入してませんし、iPadは「でかすぎる」という一点により購入していません。てなことで、iOSはこれが初めてとなります。

…アプリとか、Androidと比べるとなんとなしに"育ちの良さ"を感じますな。以前職場で「Android marketはベクター、App Storeは窓の杜、という印象」と言ったことがあるですが、実物に触れてやっぱり同じ感想でした。

まー、それでもやっぱり玉石混ざってるところはあるようですが、それはそれ今後のチャンスが残っているということでしょう。カオスが残っているのは良いことデス。

で、導入物。

まず本体は8GB。今回主目的は「サブの」音楽プレイヤーとiOS技術の研究です。ついでに言うと、「メインの」音楽プレイヤーであるところのiPodも8GBですが、2GBも使っていません。あたしはライブラリを全部突っ込まないので、8GBで十分なのです。

液晶保護フィルムはノングレアを採用。テカるの嫌いなので。AppleCareはそのうちに。

ケースはスリーブ式。ジャケット式にしようか迷ったのですが、今一つ良いものが無いのと、鞄の隅に突っ込む場合液晶保護の点からもスリーブのほうが良いだろうと。

本当は、ちょっと素材に根性がある革の名刺入れとかならば、少し時間をかけてなじませれば良い感じのハードケースになるよなー、とか思っていたのですが、こちらも今一つしっくり入る革製名刺入れが見つからず。代わりになぜかレザークラフトの教本が手元にあります(何するつもりだオマエ)。

革細工をするに当たり「入門キット」を買わずに必要分だけ個別購入で済ませようと思って書籍をあたったのですが…。結論としては「入門キットを買っておけ」となりました(笑) 結局キットに入っているものは全部必要になりそうだし。

スリーブケースについては、表面のマイクロファイバーは手に持った時の滑り止めになり、裏地のマイクロファイバーは収納時自動的にiPodを掃除してくれそうです。今後、どの程度まで汚れが目立つかが評価の分かれるところですな…。

あと、写真にない裏面にはベルトが付いており、引っ張ると中のiPodを押し出してくれるという便利な機能付き。

ジャケットタイプについては…。このボーダー絵柄を見た瞬間「iPodに縞パンを穿かせたい」という衝動が止まらなくて困っているのですがどーしたものでしょー ←知らんがな

もとい。

導入アプリ。とはいえ定番というかGALAXY Tabと変わっていないとも言いますが。

  • Evernote
  • Eye-fi (iPodの写真を転送する用途として)
  • SugarSync (基本的にブラウザとして。iPod側にデータを同期する気はない)
  • gTasks HD (GoogleカレンダーのTodoと同期。代金支払ってフルバージョン化)
  • netprint (7-11のネットプリント用アプリ。まだ使っていませんが便利そうなので)

ゲームとかやる気は無いしね。あとPCのThunderbirdと相性の良いIMAP4メーラと、RSSリーダを物色中。開発技術も勉強しなくは。

あ、そういえば前にGALAXY Tabで使えるかどうか人柱やってみてダメだったShot Note 使えるぢゃん。

GALAXY Tabとかimode携帯との棲み分けとしては、

  • Webブラウジングは画面の大きいGALAXY Tab
  • 立ったまま片手操作で使いたい時、Evernoteの既存ノートを編集・参照したい時はiPod Touch
  • Evernoteに一方的な新規ノート追加で十分な時はimode携帯
  • ちゃんと作業したい時はMacbook Air
  • 弾幕にパワーが必要な時はこぁ搭載のVAIO Z(最近出番無いな…)

こんな感じかね。大体棲み分けはできる気がしますよ。

しかし、ここのところ急激に林檎病になりつつあるわね…。まぁ元々「イラストやるならMac」の1点でG4 Dualとか買っているけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なのはさん vs タッチ。

いえ別に魔法少女 対 野球漫画、では無いです(おぃ)

ここしばらく、思うところあって自分のスキルを一段上げるべく色々画策中です。

で、やはり英語力は上げておく必要があるという結論に達し、以前購入してリッピングまで済ませていた「聞くだけ英語教材」の類をちゃんと使おうということになったのです。

が、そもそも使っていなかった理由というのが、通常音楽を聴いているiPodに入れてしまうと予想外のタイミングで音楽の代わりに英語が流れてしまうので、再生機器を分けたい、しかし機器が無いというところだったのですな。

で、当時それを理由にiPod nanoを買おうかと思い、ふと見たiPod Touch 8GBとの価格差が7000円であることに気づいてしまい、さぁてどちらにしたものか…というところで買わずじまいになっておったのです。

で、今回いよいよ買うぜ!と。

目的を考えると「取り敢えず1アルバムが再生できれば良い」のでiPod Shuffleでもまぁ良いのですが、アレはさすがに使いにくいので値段も考慮してnanoにしようか、と思いつつ、ふと「これってアプリ開発できたっけ?」とか思ってしまい。

単なる音楽プレイヤーだったらアプリ開発しようなんて思いつかないんですけどねー?あそこまで機体性能が上がってくると、アプリ自作できた…かな?とか考えてしまって。

あのサイズでRSSとかTwitterとかメールの新着通知とか出せるようになると、結構面白そうなんだけどなー。あの画面で文章読むには向かないので、新着の通知のみ。

調べたところ、どうもnanoではアプリ開発とかできない様子。そゆ人はTouchに行け、ということらしく。やはりモバイルアプリ開発もスキル向上には必要だな、とか言い訳を付け。

あ、iPhoneはソフトバンクってところで除外ですよ?

次の課題は8GBか16GBくらいか?というところなのですが、適当にさまよったQAサイトで得た結論としては、動画見ないならば多少音楽詰め込んでいても8GBで十分、というようで。

あたしの場合、音楽も聞く(こっちをメインの音楽プレーヤーにするか、今使っているほうをメインのままにするかは微妙)けど、むしろアプリいぢりに走りそうですし。GALAXY Tab使っていても、結局動画とかは見ませんし。ヘッドアップディスプレイがあったらもっと見るかもしれないけどねー。

ということでiPod Touchの8GBをぽちってしまいました。←結論

で…。今日届くのさ(汗)

いやね、昨日の夜時点でiPod Touchにしようと決めたものの、今日の天気で帰り量販店寄るの面倒だなーとか思い、Amazonを覗きに行ったらまだ今日の到着に間に合う時間だったので、今日は台風だしちょっと早く帰ることにして帰ったらTouchが届いていたりすると幸せだよね、とか思ったわけで…。

ごめん。ほんとごめん。クロネコさまマヂごめん…。

あ。AppleCareも忘れないうちに買っておくべきかな…?(ぢつはMacbook airのほうもまだ買っていない)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

福島攻略(決定)。

切符とホテルの手配ができたので、9月17-18日に福島行ってきまする。

…いってくるだけだがな(おぃ)

行程:

衣笠発 06:31 - 東京着 07:48
東京発 08:08 - 福島着 09:47 Maxやまびこ237号

月宮神社 - 女神山 - 適当にふらふら - つきだて工房 (近くてタクシー呼び出すのに良さそう)

福島 - 白河(1時間くらい)

白河ビジネスホテル宿泊

帰りは未定(笑)

帰りの新幹線切符がとれそうに無い気配なのと、実は7時間ほどかければ帰ってこれるらしいので、ならば7時間乗ってくればいいかなー、と。

タイムリミットとしては、16時くらいに福島を出れば、23時くらいに帰れるらしい。つまり、日帰りも可能(笑)

でも、夜の電車は寝るしかないので、敢えて午前中とかに帰り始めて景色を観つつ7時間かけるのが良いですかねぇ。

ホテルは福島駅周辺が取れなかったので、新幹線で1駅分都心に近付いたところ。とはいえ新幹線で移動する必要はなく、並走する東北本線で1時間程度で行ける模様。

そして、今回はMacbook Airの旅デビュー。さてトラブルなく過ごせるのか?どーもEye-fiの認識が不安なので、Viliv S5も持っていこうかねぇ…。

あ、一眼デジカメD60のほうもEye-fiにしましたよ。セットアップをMacでやったら、ファーム更新直後に認識しなくなるとかかなり不審な動きだったけどな…。

旅行の計画を立てるには、Evernoteにばしばし放り込んでいくと後での見直しが楽で良いです。ホテルの吟味しつつ放り込み、電車の時刻確認しつつ放り込み、予約取ったらとったで放り込んでおくと、あとで割とどこでも参照できるのがうれしい。最近Docomoのiアプリ版も出たことに気づいて、さっそくインストールしましたさ。

これで後は、セブンイレブンのネットプリントから直接操作・印刷とかできたら最強なんじゃないかとか思う。

切符はウィークエンドパスにて。スリーデーにしようか迷ったのだけど、どうにも福島で2日フルに使う観光コースを組めなかったので止めることに。やるならば猪苗代湖方面に手を伸ばしたい気もしたのだけど、そうすると逆に2泊3日でも足りなくなりそうな気配があるのよね…。

さて、どうなることやら。特に天気。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Eye-fiデータの受け皿。

色々と考えた結果、衝動的に解決を図るなど。

結論として、受け皿は自宅デスクトップにしましたよ。

  1. カメラからはWiMAXなり適当な無線LANなりで送り出す。
  2. 必要に応じて自宅PCをWakeOnLANでたたき起こす。なお、出先では自宅LinuxサーバにSSHログインしてそこからたたき起こす。
  3. 光ファイバーでさくさくと受信。
  4. さらに光ファイバーでSugarSyncにざくざくと保存。
  5. 出先でMacbook AirなりGALAXY TabなりをSugarSyncに繋いで画像なりほかの場所に再アップロードなりお好きにどうぞ的な。
  6. 用が済んだら自宅PCはコマンドラインのshutdown /sで黙らせる。

結局ですな。

Macbook AirもGALAXY Tabも中身がシリコンメディアなので、あんまり書き込みたくないという感覚があるです。もちろん、そのためにMacbook AirはSSDがAppleCare protection対象になっている(…よね?)ことをきっちり確認したわけですが。

あと、GALAXY TabについてはEye-fiがSDカードにデータ保存しないという説(あたし含む)と、いやいやEye-fiはSDカードにちゃんと保存するよという説がどーもかみ合わなくて謎だったのだけど、最近になってようやく、「世間一般にAndroidのSDカードマウントは/mnt/sdcard/、GALAXY TabとかSとかは/mnt/sdcard/extarnal_sd/」らしい、という事実に気づきましたさ。

つまり、GALAXY Tab側がおかしいのであって、これではEye-fiが対応することはないだろう、と(GALAXY Tabのファームアップデートするとこの辺変わるのかな…?)。

まー、この方法を取ると無線WANが使えないところだと写真をカメラ外に出せないのがアレですので、一応Macbook AirにもGALAXY TabにもEye-fiのソフトをインストールしてありますがね。

しかし、ここへ来て肝心のEye-fiカードが自宅PCでもMacbook Airでも認識しない、という壮絶な問題が発生しておるのですが(汗)

元々の母艦であるVAIO Zはなぜかちゃんと認識していて、カード側のファームもアップデートしたのですがね。

Windows 7の自宅PCはカードが熱くなるまで必死に読んだあげくに降参し、Macbook Airはフォーマットしようとする始末。

うぅーむ、データを全部取り出した後でフォーマットしないとダメかね…?(汗)

…。

ここまで書き上げて、文章を見直していて気付いた。

自宅LinuxサーバでEye-fiデータを受信させれば良いのではないかと!

調べてみると、どうも動くEye-fi サーバがある、というような情報が。そのものの記事ではないので、リンクはまだ張らないけど。

てか、LinuxでEye-fiデータ受信できるなら、それ自宅サーバに置く必要ないじゃん。VPSに立ち上げておけば良いぢゃん?

うぅむ、このあたりもっと調べるか…。

#2011.09.04 深夜に追記:

寝ようとして毒電波を受信。Mac miniをサーバとして導入すれば良いぢゃない、と(爆)

…いいのかなぁ、こんなオチで。

#2011.09.10追記

ふと思い立ってEye-fi付属の専用カードリーダーを持ち出してみたところ、新・母艦PCのデスクトップではあっさりと認識。

機材との相性が悪かったのか、はたまたその日の気分が悪かったのか…。まぁなんにしても解決としよう。

あと、Eye-fiって「オンラインサービス」として独自のFTPサーバが選択できるのね。自分のサイトに自作のギャラリーシステム作ってそこ転送…とかも面白そう。プログラマ的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macbook Air (core2Duo) +変換名人で外部ディスプレイ。

あたしの2011年の夏休みは東映無線にあるんだぜ? (…ある意味間違っていないよな >謎<)

テクノハウス東映に立ち寄ったところ、mini DisplayPort → HDMI 変換のアダプタがあったので購入。

Macbook Airのコネクタがmini DisplayPortなのかどうかも確かめずに購入。

明らかにMac用部品的な作りだったのと宇宙から王子様が命令毒電波を飛ばしてきたので即購入。ほら2011年だしね。

結果、勝利。ばっちりコネクト成功。

HDMIケーブルも、同じく変換名人の3mケーブル。ちなみに我が家にHDMIディスプレイは無いので、これまたHDMI →DVI変換コネクタでディスプレイに繋いでおります。この変換コネクタは以前買ったので出生が怪しいけど、たぶんこれも変換名人か、玄人志向あたりだと思いますです。

あ、DVIの先が DVI →アナログDSUB変換だったりはしませんぜ?(笑)

しかしあれだよなー。

Macbook Air(こぁ)はなんぞサンダーボルトとかいう対魔族用ライフルを搭載してしまったので、この製品早目に確保しておかないと無くなっちゃいそうだよなー。あたし的には、怪物ライフルよりルチエラちゃんに復活して欲しかったんだがなー。 ←なんぞ一部間違ってるぞ

ちなみに同系統でmini DisplayPort →DVIとか、mini DisplayPort→DisplayPortとかもあったのですが、持ち運びとかケーブルの取り回し考えるならDVIは除外、我が家にDisplayPort接続端子が無い以上DisplayPortも除外、となりましたさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リモートデスクトップとWakeOnLanツールをMacbook Airに導入。

妹もといリモートデスクトップソフトは、普通にMicrosoft謹製のRemoteDesktop Connection Client for Mac 2デス。ほかにもフリー有料色々あるけど、相手がWindows 7なんだからそこは純正でいいじゃない。

そして、普段は電源Offしてる(あたしにはデスクトップ機をスタンバイさせる、という思想はない)Windows機を妹ちがったリモートで起動するために、Wake On LANソフトを導入。その名もそのまんま、WakeOnLan。"LAN"って"Local Area Network"の略だから大文字で書くもんぢゃないのか?

このソフトはMac OSのGUI用ですが、死活監視も一覧で見せてくれるので中々によろしいかもしれず。

そしてBIOSでWakeOnLAN信号を拒否っていた罠にはまる。そういえばこの間リセットしたんだったわ。

使用後にWindows機をシャットダウンするには、コマンドラインで"shutdown /s"しませぅ。バッチファイル作ってデスクトップにでも置いておくと便利かも。

ところでそろそろAirにLinuxを入れたくてうずうずし始めたんですが邪道デスか?いえWindowsのデュアルブートは興味ありません。必要ないので。Linuxはいつものパッケージが使えるから便利だよなぁ、とか。…Gentoo、とか?

それ以前に早いとこLion入れよーぜ > あたし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macbook Air。

…ちなみに旧版(Core2 Duo)ですにょ?

我慢できなくなってポチったのが先々週

届いたのが18日

新作発表されたらしいのが20日

ある意味完璧な死亡フラグの立て方というか、ほとんど最終生産ラインだったんぢゃなかろーか、とか。

そしてこのレビューは意味があるのか(笑)

もとい。

購入したのは11インチのApple Storeカスタマイズモデル。SSDは128GBで。容量的には64GBでも十分かなと思っていたのですが、CPUを1.6GHzにできるのが128GBのほうだけだったので。

CPUは1.6GHz Core2 Duoに、メモリは4GBに変更しています。Airは購入後のカスタマイズが効かないので、最初で積めるだけ積み込まないといけませぬ。

外付けアクセサリー類は全部無し。この辺りは家電量販店やAmazonで売っているのを確認したので、必要になったら順次購入。Apple careも、1年以内に購入すれば良いのでとりあえず後回し。

到着後手持ちの機材を試したところ、USB LANはBUFFALOのLUA3-U2-ATX がさっくりと認識。

キーボードはESCが小さく、Windowsの全角/半角があるところに1キーがある都合上、気がつくと画面上に"1"が乱舞していることが(汗)

あと、カーソルキーが小さいとか、deleteの上にある電源キーをなぜかBackspaceと誤認しそうになるとか問題は多少発生していますが、まぁこのあたりは慣れるしかないよね。

キーのサイズとか打鍵感覚はなかなかよろしい感じ。

マウスパッドはマルチタッチということを失念していて、スクロールを思い出すのに一苦労というか。ホームポジションのままスクロールさせようとすると、2本指を合わせるのにちょっと辛い感が。やり方が悪いのでしょうか…。

あとPCと違ってきっちりクリックしないといけないのが少し戸惑う感じ。PCだと軽くタップすれば反応するからねぇ。

モニタを閉じた瞬間即時静かにスリープしてくれるのは便利。使い方がPCよりPDAとかスマートフォン系になる。やー、WindowsでもSSD化してきっちり割り切って使えばこの程度にはできるとは思うんだけどさ。

あと、この薄さだと鞄の書類エリアに放り込めるってのは素晴らしいねぇ。本体も金属で剛性があるし、SSDで衝撃にも強いし、この「手軽に扱う」ためにもこいつはクッション入りケースではなく、バリアジャケット式で保護すべきだと思うさ。

しかし、買ったのがMacなのに常時展開しているのはターミナルだっていうのはどうなんだ?すっかりRuby on Rails開発環境になってますさ?

プログラミング環境としては中々良いので、今度ちゃんとSubversionなりGitなりのリポジトリを確保しないといけないなぁ、とか。

導入したソフト:

  • Evernote
  • Sugarsync
  • Firefox
  • Thunderbird

ThunderbirdについてはIMAP4接続で、ローカルデータとかSPAMフィルタとかをSugarSyncでWindows PCと共有。今のところ、特に支障は感じていない。

Firefoxもいい加減Syncを設定すべきか、うぅむ。

そういえばVAIO Zを常備しなくなったので、Eye-fiのデータ行先を考えないといけない。アレってMac使えたっけ??

購入した機材:

エアージャケットを取り付けてみたところ、非常にしっくり収まる上に透明度も高く、取り外しも可能という優れもの。ここは一つ、ジャケットの裏側にデコるしかないのではと画策中。

しかしこいつの背面はいただけませぬ。Macbook本体のゴム足込みでジャケット入りしてしまうのですが、ゴム足の代わりとしてシール式のゴムが付属しています。これをゴム足部の頂上に貼れ、という指示。
シールの接着剤はそこそこ粘度が高いのですが、それでも丸みを帯びた突起部に貼ったシールなんぞあっという間に剥がれるのです。鞄に放り込んで1日を待たずして既に2枚脱落。

しょーもないので全部剥がしてしまったけど、やっぱり滑るので何か手を打たないと。案としては、ジャケットのゴム足部分を開口して、本体のゴム足を露出させようか…とか検討中。この厚みのポリカーボネートとなると、ドリルで開口+糸鋸で切断…でもなんか苦労しそうでちょっとアレだけど。

しかしまぁ、アレだ。新型Airはポートのレイアウトとか変わったようなので、ジャケットもちゃんと新型を待ったほうが良いと思うよ?

| | コメント (3) | トラックバック (1)