« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

“Office 2010”に対応した「Office 2007-2010 オールドスタイルメニュー」

これは良さ気かも。特に、新しいものに慣れる能力が低下しているうちの父とか向けに。

そろそろ実家のPCを新調したいのだけど、今買うとOfficeとかの操作感が変わってしまうのが気になっていたのよー。

“Office 2010”に対応した「Office 2007-2010 オールドスタイルメニュー」 (窓の杜)

 「Office 2007-2010 オールドスタイル メニュー アドイン」は、「MS Office」のリボンに「MS Office」2003風のメニューとツールバーを備えた[メニュー]リボンを追加できるアドイン。最新版では「MS Office」2010に対応し、「MS Office」2010でも「MS Office」2003風の操作を利用できるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac OSの名前が。

Mac OS X ライオンキング になるのはどのバージョンあたりかなぁ…。

いや、なんかそろそろネタ切れなんぢゃないかと…。

それとも、

Mac OS X ジャングル大帝 とか

Mac OS X イリオモテヤマネコ とか

Mac OS X ヤママヤー とかに

なったりするのかなぁ…(全部日本向けやん)

日本向け限定なら、

Mac OS X ネコミミ少女

とかもアリか?(ねぇよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小峰シロ初描き(線画)。

つーことで、線画をPixivとTINAMIにアップロードなう。

TINAMIはこちらに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆらオンリー in 汐入、なので。

みなさま、遠いところからようこそなのですよー (by 地元民)

てか、むしろ主宰の方がすでに市外だし。

地元民はざっくり昼過ぎに出かけて一回りしてダイエーで日用品を買って帰るというアレっぷりな。

そして子之神社が何故か たまゆら 仕様!!ここには同じ人がおる!間違いなく同じ人がおるぞ!!!

誰だろう…むむむ。

さて、小峰シロに戻るか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅→走水神社

18日は天気が良くて暖かいので、走水神社を目的地として観音崎-浦賀経由で1周してきましたよ。

っても、途中写真とったり坂道は登りも下りも歩いていたり、果ては海沿いの横風の強さに負けて歩いていたりもしたのですがっ

スポーツバイクに乗っているからといって、苦手な坂道を歩いてやり過ごしてはいけない、ということは無いという当たり前の事実に気付きましたさ。

後、この世で最も恐ろしいのは自動車ではなく、無灯火逆走の自転車であるということも!

こいつら移動速度が早い上に見えねぇっ!!てか、避ける意思が全く感じられないのは気のせい?!

ちなみに、2番目に恐ろしいのは突然渡ってくるご老人とか、突然ふらふらし始めるご老人とかです。たまに同様の行動をとる若者もいるけど。横須賀は年寄多いからなぁ…。

コース的には、走水水源地付近の梅が3分咲きくらい。このあと半月~1か月くらいは観れるんじゃないかと。その後はソメイヨシノが咲くよね、ここらは。

大津〜馬堀海岸は海風が横から来るのが予想外に辛いけど、直線平地だし車道2車線、歩道も充分な広さがあるので良い感じですな。海風で髪がガビガビになるけどな!

…自転車も洗ったほうが良かったかなぁ…。横須賀って山の上でも風は海風なんだけどね。

走水水源地~観音崎あたりは1車線の登り&急な下り坂なので、最初っから諦めて歩道を押して歩くなど。途中車道に出て走り始めたら、後ろからロードバイク3人衆に抜かれたなど。いいモン、自分のペースで行くモン。

ブレーキングも慣れてきたし、てか、意識しておしりを後ろに位置させたら安定したというか、ブレーキ周りに溜まっていた汚れを全部拭き取ってオイル差したら動きが良くなっただけな気も…。自転車屋さんの払い下げだから整備済だろうと思い込んだのが間違いだったかもしれない…。

増設したバックミラーを、ベストポジションに座らないときちんと後方確認できないようにセットしたので、後ろが見えないと思ったら姿勢を正せばよいようにしてみましたさ。

これなら2台目にクロスバイク買わずに、ちゃんとしたロードバイク買ってもいいかな。ツーリング向きのフレーム丈夫でタイヤ太目の、そこそこ軽い(9kg台以下)やつを。

あと、原付免許取ったほうが良い気がしてきた、交通法規的に。細かいところ知らないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、あれ…?

小峰シロのB2ポスターにもなっている桜花&小峰シロのイラスト、小峰シロのアホ毛がレイヤずれしている、ような…(汗)

参考資料に使っていたのだけど、アホ毛を描こうとしたら中央に生えているはずのものが右頭部に生えている…よ??

あと、このブレザーセーラー襟がかなりバランスとりにくいっす(泣)

あと、わりとどーでもいいけど今Twitter眺めていて”ソニー”を”ニーソ”と誤認しました。末期です。なんだろう”ニーソとミノルタ”って…とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫煙専用道路を造れば良いんじゃないか、とか。

喫煙者、特に歩き煙草派の人が、自前で資金調達して分煙歩道を造れば良いと思うのさ。

もちろん完全ドーム化、減圧空調で外部に煙が漏れない仕様にしてね。

そうすれば、一瞬でも喫煙を我慢できない歩き煙草派も、嫌煙派も、身の危険にさらされているお子様も、皆幸せになれるような。

道路工事で雇用も生まれるしね。

…と、今日も歩き煙草の受動喫煙をしながら強く思った。煙草が手放せないなら、自分で煙草を吸うための環境造りをしなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ところで今日の朝ARROWS Xが。

なんぞ勝手に電源断したり再起動を繰り返したり挙げ句時計だけがリセットされたりしまくったのですが、やっぱりアレですかね、いくら防水でもラーメンの汁ぶっかけはヤバかったんですかね…?

しばらくしたら安定はしたんですが。それともウィルスを疑うべきかなぁ…。やっぱりそろそろこいつにも導入するか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河日帰りわふたー。

ただいま帰宅中の湘南新宿ライン逗子行き。てか、逗子を寿司と変換することえり良い度胸だなコノヤロウ。横須賀-白河の日帰り、割となんとかなるもんですなー。

06:44の衣笠発に乗る予定なので、4時に起きれば2時間くらい同人作業ができるなあ、と思って自己暗示を掛けてみたり。
そして、4時に起きると 新幹線使わずに10時到着できるという現実に気付いてみたのが運の尽き。

03:00 なぜか目が覚める。そして眠れない(汗)。むしろヤバめの高テンション状態。

03:45 仕方ないので起きる。そして在来線5時間の旅開始。

04:52 …危なかった!04:58だと思っていた電車がまさかの52分発車だなんて!(なんぞ前回の福島旅行でも似たようなことをやった…ような)

新幹線の指定席切符は品川での乗り換え待ちの間にみどりの窓口で払い戻し。早い時間の新幹線に移す手もあったけど、それをやるには少し時間に余裕が無いので。キャンセル料は930円ですが、指定席券全体は3130円なのでやっちまったほうが良いだろうと判断。

08:20 品川で1本早い京浜東北線に乗ったおかげで、宇都宮での乗換が08:44発黒磯行きの予定が、2分待ち同ホーム乗り換えで08:20発に乗れることに。コレはJRの罠かと思いきや、後で結局到着時間は変わらないことが判明。

09:39 郡山行きに乗り換え。品川で稼いだ20分が、何気にここで水泡に帰してる。しかし、ここの乗り換えは階段上って2本先のホームへ移動の上に列車の位置もずれているので、ここで4分乗り換えより宇都宮2分乗り換えの方が良い気が。

そして黒磯から先は首都圏ではないのか。車両基地的な場所もあるし、JR的にはここからが東北なのかなあ。

外の空気は流石に冷たいけど、気持ち良い冷たさだね。空気がきれいだからかしら?

そして暖房の効いた車内はむしろ暑いぞ。

10:04 小峰シロわふたー、げっと。体感温度としては十分イケる範囲なので、白河の関を目指すべく…先ずはおシロこで暖まろう。

…小豆の汁に白玉3つ…(汗) もう少し頑張ってほしいかな、って。

10:50 バス遅れてくる。そして貸し切り状態。シログッズは盛況に見えたのに、皆聖地巡礼やらんのん?

白河の関は終点の「白河関の森公園」ではなく、1つ前の「白河の関」で降りるとちょうど目の前に白河神社の入口があってよろしい感じ。

距離的には自転車で来れるはずだけど、ずずっと緩い上り坂、カーブ多し、途中から民家無し…なので、それなりに体力つけてロードバイクで高速長距離走行ができるようになってからグループで来た方が良いねここは。一人で来ると後悔しそう。

でも、バスの運賃は往復で1280円、タクシー運賃は片道3000円くらいとの話なので、グループだったらタクシーを貸し切って(諏訪湖では2万くらいだった)割勘したほうが良いのかも。2万として3人で割れば6000円ちょい。タクシー往復で道の混雑による誤差が出ないことと、好きなところを回ってもらえることを考えれば、小峰城、南湖、白河の関をコンプリートするには便利な気が。

もとい。

手水舎…水が枯れている…てか、凍結しちゃうんだなコレ。仕方ないのでそのまま失礼しましょうか。

神社境内も積雪数センチのうえ石階段部分は凍結してるので、足下注意です。あたしは雪を見越して米軍レプリカのジャングルブーツで来ましたさ(それでも少し滑った)。てか、前回の福島旅行でもこの靴だったし、旅行での定番になりつつあるわね。多分そのうち行くであろう諏訪湖セカンドチャレンジもこれ履いて行く気がしますわ(でないと前回猪に出会って断念した北斗神社は階段を登りきれない予感)

社務所…人居ない…。呼び出し用の電話番号あるけど、まあ今回は見送るか。御朱印帳、持ってくるの忘れたし。どうせおとめ桜の咲く頃にはもう一度来るだろうし。

そしてまた貸し切り状態のバス。てか、あたしが戻ってきたのを見て運転手さん出発の支度を始めるなど。大丈夫、バスに行く前にお土産屋さん行くからね。発車後、自然運転手さんと行き先についての話が始まる。まあ、帰りは他の人が乗って来たけど。

途中南湖で降りるか迷ったけど、帰りの電車が辛そうな時間なので見送り。南湖で降りて、ご飯食べて、湖一周とかやっていたらきっと時間が足りない。まぁともかくも3箇所コンプリートはしたわけだし。

やっぱり10分遅れくらいで白河駅到着。

取り敢えず昼食と言うか朝食を食べてからだるま市散策を始めるも…うーん、食べ物屋の屋台しかないな…。

小峰城は相変わらず封鎖中。そして…二ノ丸茶屋休業中…だと?!

シロたまぜんざいが…。また来ねばならぬ…ぐぬぬ。いやまぁ来る気はあるんだけど。

小峰城を一周しようと裏に回ったけど、何ぞそっちも封鎖されている気配なので戻る。後ろ側は堀が凍っているのね。そして、こっち側は目立った崩れがないから、小峰城がカッコイイ。

残り15分ほどを駅カフェで過ごそうと思ったけど、満員御礼でおシロこが飛び交っていたので諦める。お店の人が「シロちゃん入ります!シロちゃん入ります!」と連呼しておる…。

そして帰宅へ。まあ悪くない結果かしらね。

結局往復ともに在来線5時間くらいを掛けている訳ですが…。乗り換え時間が割とタイトなのと、乗り換え回数が多い関係で1つの電車には最長2時間くらいしか乗っていません。ま、快速ラビットに乗り換えた後宇都宮までと、宇都宮から黒磯までは終点までなので、降りる駅を気にしなくて済みました。ただやっぱり爆睡という訳には行かないけど。

乗っている間に飽きるかというと、まぁ乗り換えパターンを確認したり、ちょっと寝たり、イラストのラフ出しやっていたりと行った具合で、結局本を出すことも無く。帰りはこのBlog書いているし。あたしは片道5時間程度なら特に苦にならないみたいね。仕事で毎日はちょっと嫌だけど。てか、満員電車だと座っていても2時間がきついけど(体が動かせないのでエコノミー症候群っぽくなる)。

問題はトイレと食料で、ラビットとかは乗っている時間が長い割に車両にトイレがなかったり、乗り換え数分なのでトイレ休憩を入れづらかったり。白河関に行く間もバスで30分くらいは乗りっ放しだし。あとホーム売店とかがなかったので食料の補給がままならず、結局朝起きてから白河関を見て白河駅に戻ってくるまでに食べた物は自宅から持ってきたウィダーインゼリー、カロリーメイト2本、おにぎり1個という有様に。あ、あとおシロこ。

事前に食料をきちんと確保した方が良さげ。しかし、その一方でトイレに行くことは諦めておいたほうが良いので、水分はあまりとらない方が良さげ。地味にきつい状況(なら新幹線使えよ)。

てか、まともな食事は駅に戻ってからの白河蕎麦だけかぃ…。

在来線往復にしたおかげで、移動経費は8290円(指定席券払い戻し含め)。以外と安く済んだ感じ。

さて、帰ったら各種申し込みをやらねば。明日はワンフェスだった気もするけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は白河へ!

…寒そうだぁ…。

今回は日帰り旅行デス。現地の体感温度が想像できないのに宿を確保しても、最悪のケースは1日室内で震えてるオチなので!
(まぁそこまで酷くは無いと思うけど)

最低目標は小峰シロわふたー(だからわふたーでは無いって)。

最大目標は白河関を含む聖地コンプリート。一応バスには間に合う予定。

後は天気デスね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARROWS X LTE(ざっくり2.5週間くらい経過)

基本的には良い子。飯の喰いっぷりが半端ないけどそれ以外は良い子。

バッテリーが持たない:

機内モードを積極的に活用しませぅ。2日くらいは持ちそうです。最近気づいたのだけど、機内モードOnでもWifiは使える。つまり機内モード+WiMAXルータという選択肢。お前は何のために10時間バッテリーのMobileCubeを買ったんだ?!

お風呂で使用:

これについては今のところ問題は起きていませんな。端末内部への水侵入も無い感じ。先ほど発生した「カップラーメンのつゆをぶっかける」という惨事にも「水道水で洗って対応」という携帯電話らしからぬ解決を図ったり。

LTE:

ゆりっぺ(意訳:ゆりかもめ)車内はそこそこの確率でLTEモードになります。確かに早いや。横須賀線車内も、新川崎くらいまではLTEを拾っている気がしまする。「案外使える範囲が広い」というのが印象。

難点も少しあって、LTEとFOMAの境界線付近だと、両方を交互に拾おうとしてます。切り替え時に一瞬回線が切れるので、結果的にしょっちゅう切れているような状態になることも。ま、あたしは動画とか見ていないので、大して困らんのですがね。

ときどきつながらない:

アンテナは十分立っているのに、通信回線が開かないことがそれなりの頻度で起きてます。機体特性なのか、最近話題の「スマートフォン普及させたら晴れた日でも電波が届かないや」問題なのか、判別が難しいところですが。

慌てず騒がず、「機内モード」をOn/Offしませぅ。それでダメならあきらめませぅ

iPod Touch:

うーん、棲み分けが微妙になってきたぞ…?どちらも板モノ、片や通信機能あり、片や薄い…。むむむ。でもカレンダーとかタスクリスト類は、やっぱりAppleのほうが良質な気がするです。キャスパーたんデススマイルズはAndroid版出ないのかなぁ…。

充電クレードルが使いにくい:

なんでなんでしょうね…?ジャケット着せてるせいかと思いきや、ジャケット脱がしても充電が始まらないことが多くあります。接点の爪がうまく当たらないのかな…。

N-03Cもそうだったけど、差し込むと爪が飛び出る形式でなく、単に「置いたら接触する」形式になっていないのはなんでなんだろう…。接点から出る電力量がさりげなく高エネルギーで危険、とかあるのかしら??

裏カバーについて:

小っちゃいシールで「押し込む場所」を指示するくらいならば、ケース自体にマーキングを刻印したほうが使い勝手も良いと思うんだ。だいたいあのシール、水濡れしていると早晩剥がれるよ?N-03Cは半年くらいで剥がれたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android端末を買い替えた時のEye-fiとSugarSyncの悩ましい挙動。

先日GALAXY-TabからARROWS Xに移行した際、microSDHCについてはそのまま差し替えて使いまわしているわけですが、これに関してEye-fiとSugarSyncが共に困ったちゃんな挙動をすることに。

差し替えたmicroSDHCには当然GALAXY Tab時代の撮影画像が入っているのですが、Eye-fiもSugarSyncも、これらをすべて「新規カメラ画像」とみなしてしまうのです。

どちらも、起動一番「xx枚の新規画像があるからアップロードするぜ?」と聞いてくるのです。あたしの場合、その数82枚(SugarSync調べ)。数枚ならば無視もできますが、この枚数となるとアップロードにも時間がかかり、2重化するデータ量もそれなりです。

SugarSyncについては「止めれ」と言ったら以降黙ってくれたのですが、Eye-fiは先ほどセットアップが終わったところでガツンガツンとアップを始めてくれましたさ?

設定を見回してもこの挙動を止める術は見当たらない気がするのと、そもそもどちらのソフトもカメラ画像等を自動で探し回って見つけてしまうようなので、たぶんmicroSDHCの別の場所に移動しても無駄。下手をすると3重になりそう。

対応としては

  1. 多重アップロードなんて気にしない♪
  2. microSDHCを差し替える前に、カメラ画像の類は削除しておく
  3. microSDHCの使いまわしを止める

…といったところ。1.は論外として、2.をやるくらいならば3.にしたほうが良い気が。

MicroSDHCに入っているデータで新しい機種に持ち込みたいものを考えた場合、ダウンロードしたアプリ類が持って行けることを少し期待したものの、これはできない様子(認識されてない)。データファイル類の大半はそれこそSugarSyncかEvernoteに入っているので、ローカルで持ち込む必要は無し。

となると、新しいmicroSDHCを買ってきたほうが良さそうだね。

SugarSyncも、Eye-fiも、データのほうに何かフラグつけるとか、「今日この日以前に撮影した画像はアップロードしない」とか、なによりも「このディレクトリはみなかったことにしてくれ」という機能が欲しいなぁ…。てか、イメージギャラリーとか画像系はどれも共通して「見なかったことに」機能が欲しいのだけど…。

Android的に、どれも同じ「画像検索機能」とか使っていそうだな。

「見なかったことに」機能を持ったアプリを作ってみるのも一手?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河を目指すための防寒用品を買いあさる。

はたしてこの程度で太刀打ちできるのか、はてさて…。一応の目安としては「夜の横須賀でフル装備したとき寒くない or むしろ暑い」てなあたりデス。

ざっくり、白河あたりの最高気温が横須賀の最低気温ってあたりなので、夜間行動しない前提で考えればこちらの最低気温に耐えられる装備を組めばいいだろう…と思った次第。

ていうことで、コミティアをさぼって横浜桜木町のY'sロードに行ってきましたさ。このお店は良いですな。各種ウェアが揃っているし、ちゃんとハイエンドでないお手頃価格帯もあるし。いくら高性能と分かっていても、数万円のズボンとか出されては早々手が伸びませんぜ…!

自転車用品で固めているのは、横須賀での冬場自転車で使えるように。あと自転車用なら動きやすいだろうと。

ちなみに、今の季節通常装備で走ると、何より耳と太ももが寒かったです。なのでまずはこのあたりを防御。

で、まず耳。

ハイマウント Ear Cap 定価1,365円 (税込)

ベルトタイプとどちらにしようかと思ったのだけど、自転車に乗るだけではなく、これを付けて街を歩くことを考えてキャップ式にしました。

当初つけてみたときはなんぞ頭の後ろが引っ張られる感触があってハズレかと思ったのですが、よく説明を読むとバンド部分の長さが調節でき、3メモリくらい長くしたら違和感がなくなりました。

要は、ヘッドホンをふわもこにしたような造りのようデス。しかし、マニュアルに「フレーム構造をご理解いただき」とか書くならば内蔵フレームの写真くらい乗せろよこれ…。

難点といえば、あたしは髪が長め(今耳の下くらい)なので、髪を挟んだり巻き込んだりしないように注意が必要なくらい。

装備して自転車乗ると暖かくて快適★

あ、自転車用なので装備したままでも外の音はちゃんと聞こえます。

色はネイビーで(それしか無い、てかラスト1個)。

次に首。

パールイズミ 485 ネックウォーマー

定価3,000円(税込)

首回りから顎辺りまでをガードします。とかいいつつそこそこ余裕があるので、鼻の上まで引っ張り上げることも可能(鼻が少し痛いので長時間は不向き、てか鼻が低くなりそう(汗))。

なお、口を被せた状態で坂を上ったらかなり息苦しかったので、適宜上げたり下げたりしませう、的な。

別途スポーツ用のパーカーを買ってあるので、それと組み合わせると首まで完全にガード完了デス。

色は黒で。

手袋。

パールイズミ 5215

ウインドブレーク ウィンター グローブ

定価7,350円 (税込)

環境としては5℃用です。ラインナップにはこの下に0℃もあったのですが、お値段が1万超すので見送り。これの下に光電子の指なしインナーグローブを付けて温度調整しようかと。

一応手袋は光電子インナーグローブ+革手袋があるのですが、まぁこの機会だしバイクグローブ買っておこうかと。指の動かしやすさは、こちらのほうが上かも。

色は白で。

汚れが目立つというか、さっそくオイル汚れが付いていたりするのですが、なんか気が付いたらあたしの冬装備、完全に真っ黒になってまして。夜間絶対闇にまぎれてしまうので、せめてこのあたりを明るい色で。

…や、別途腕に蛍光テープでも巻こうか、とは思っているのですが。

そしてニーソ(ちげーよ)。

パールイズミ レッグウォーマー

定価5,145円 (税込)

自転車用品で防寒装備を物色するようになって常々思っていたのです。なんでタイツしかないのか、と。タイツは確かに暖かいけど、熱くなったとき脱ぐのが大変、てか脱げません。10年くらい前に発熱タイプのタイツを買って自転車乗って仕事に行ってみたら、その日一日、熱くて死ぬかと思いましたさ。

ならどういうものであれば使い勝手が良いのか?それはニーソックス(オーバーニー)だろうと。でも自転車は足を動かしまくるので、ニーソだとずり落ちてしまうかもしれない。

だったらガーターベルトも装備すればいいぢゃない、と。

まぁそんなものは無いだろうし、いや待てここは女装用品を漁れば…?とか思い出していた矢先、見つけました探し物を。

足首から下がないので「ソックス」にはなりませんが、太もも周りを防御でき、かつパンツタイプではないので脱ぐことも可能(実際には結構締め付けがあるので下から引っ張って脱ぐのは辛いかも)。

Mサイズで足首から止めると、大体太もも上部、ニーソ風味の位置まで持ってこれます。しかもそのまま自転車こいでずり落ちません。そして普段着としてもこれは足が冷えなくて良いぞ!

もう1本買っておこうかなぁ…。

#2012.02.09 追記: 徒歩だと足の動きが違うからか、案の定というかやっぱりずり落ちてきた…。ふくらはぎは落ちないので、ハイソックス2重履きくらいの効果は維持できる。

一応この装備+スポーツ用のパーカー+カジュアルジャケット+ウィンドブレーカー代わりのジャンパー(15年近く前にゴルフ用品店で購入。お気に入りなのだがインナー部分がここ10年ほど行方不明…)で家の前の坂を下って登ってしてみたところでは、まー防御していなかった鼻が寒かった程度なので良しとしようかと。てか、案の定登りが暑かった。

感触としてはもう少し走れそうだったのだけど、ブレーキ周りをいじったロードバイクさんがなんぞ不審な音を立てていたので中止(前輪のブレーキを締めると音が止み、解放するとスピードに合わせて音の感覚が短くなる…(汗))

さて、これで本当に南東北の冬に太刀打ちできるのか、てか今週末の天気はどうなのか、あとは行ってのお楽しみですかねー。

てか、日帰りで行くのか泊りで行くのか、決めないとな…。泊りで行くなら、各種装備もう1セットくらい準備したほうが無難だし。

当初3連休と思っていたけど、よく考えたら世間的にはただの2連休であり、ホリデーパスもウィークエンドパスも金曜日は使えないというごらんの有様だよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小峰シロ・わふたー…?

え、えくすたしーはいつ出ますか?(でねぇよ)

小峰シロが白河だるま市に! (小峰シロとおとめの情報局)

問題はこの出し物れすよ。

(白河限定)描き下ろしポストカード~和風(わふ~)EDITION~(4種1セット、内1枚表紙) ¥350

わふ~。

わふ~~。

わふ~~~!

だるま市は11日だそうですが。

あたし、10日が会社の休みなんすよ…?

神は言っている。コスチュームカフェのためにも現地取材は必要だ、と。

……防寒対策はしっかりと…ね?

てか、冬の白河に行くための防寒着はどのあたりなのか、誰か教えてほしいものれす…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年ぶりに「御神渡り」出現 長野・諏訪湖 (日テレNEWS24)

きたきたきたーっ!!遂に渡りましたねっ!!(誰が)

4年ぶりに「御神渡り」出現 長野・諏訪湖 (日テレNEWS24)

うーん…今週末かぁ…。明日は昼に用事があるし、明後日はコミティア…。ぬぬぬ。

可能性としては、明日の昼に出発して一泊、朝帰ってくる…とか?難しそうだな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rubyの魔法に惑わされる日々。

Ruby on RailsのActiveResource & Restfulなコーディングをマスターするぜ!と泥沼にハマるなど。

問題としては、世間がRails 3.1の時代にあってやっとRails2.xを見始めたところにあるような気がしないでもないのだけど。だってメンテしてるアプリRails1.xなんだもん!Rails3.xはOS自体が受け付けないんだもん!!

もとい。

ざっくり世の中の資料によるとAcitveResourceにお任せ設計したRailsでのレコード更新は、

<% form_for @record % do |f| %>...<% end %>

としておけば、@recordにidがあったらPUTでupdateメソッドを叩きに行き、@recordにidが無かったらPOSTでcreateメソッドを叩きに行く…らしいのだけど。

今使っているRails2.3.14でこの書き方をやると、PUTでupdateを叩くのまでは良いのだけど、params[:id]が無くなってしまった。色々試行錯誤した結果として、

<% form_for @record :url => {:action => :update, :id => @record.id} do |f| %>

とするとようやくまともな動きをするように。ちなみに:actionをさぼるとPUTでeditを叩きに行く気配。

editメソッドを叩くURLの生成も

<%= link_to( 'Edit', edit_record_url( @record ) ) %>

では駄目で、

<%= link_to( 'Edit', edit_record_url( :id => @record ) ) %>

としないといけない。

どうも過渡期のRailsを使い始めてしまった気がしないでも無いけど、ここらへんの差異は資料が見つかりにくいというか魔法が効きすぎてかえって解除に手間取る気がする。

てか、form_forに至っては開発環境でri form_for して出てくる説明と実動作が合っていないので、あたしの環境はドキュメントとコードがずれているような気もする…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)