« 生ちひろマンホールジャンプなう。 | トップページ | 今日も遺品整理なう。 »

疲れました。

12月11日に叔母が他界しました。

まぁそのこと自体はおおむね予想がついていたというか、予想よりちと急転直下で混乱があったという程度なのですが。休み明けに何とか本人をたたき起こして聞き出そうと思っていたことが聞けなくなって家探しする羽目になったとか、そんな。

11日死亡、13日お通夜、14日告別式で終了…だったのですが、人手が足りないというので13, 14日会社を休んで参戦。

結果。

11日は自宅待機して電話番、その後昼にひとまず線香だけあげに。そのままドタバタになるのかと一応ダークスーツに着替えて行ったところ、親戚一同既に帰っていたというこの仕打ち。えぇ、拡大集会どころではありませぬが何か?

実は9日の時点で株券を持っていたことが判明しており、しかし担当の証券会社がわからなかったので、ともかく証券会社に連絡を取るべく、13日住居捜索。なんとか会社特定して母&別の叔母と店舗に出向き、口座確認と遺産相続&処分の相談。

今回分かったのは、遺産相続となると死亡した本人&相続人の身元確認が非常に面倒、ということ。「生まれたときから死ぬまで」の証明が必要と言われた…。要は、相続先として相手している人物以外、相続者となり得る対象が居ないことを証明しないといけない…らしい、ような。

確認はしていないけど、これ本人が生存中に委任状作ってもらうとか遺言作ってもらうとかしていればもっと楽なんだろうなー、とか思いましたさ。対応してくれた人のニュアンスからみて、今回口座の状態を確認できたのも少しイレギュラーっぽい気がする。たぶん回答拒否されても仕方ないのかも。

で、お通夜まで時間があったので、その足で市役所に行き、取れるだけの戸籍謄本を請求することに。…お、親(あたしの祖父母)の代まで必要…だと?!

んー。つまり「親から産まれて戸籍ができた」という部分について、なのかなぁ。ちなみに祖父母は九州出身(…祖母は違ったか…?)なのでこれまた手続きが面倒だったり。

証券会社の人曰く、相続時の状況によって死亡した本人&相続人の親の代まで「生まれてから死ぬまで」が必要らしいので(要は1親等上の段階が必要、ってことかしらね)、その場合さらにその上の曽祖父母まで必要だったりするのかと思うと、背筋が凍る思いですな(なにせあたしの親ですら終戦経験世代ですぜ)。

余りの恐怖に、市役所内の生活彩家で たまゆら カフェオレと ももねこ 様でおやつを食してしまうなど。さすが横須賀市役所、たまゆら商品がきちんと揃っておるな。

ちなみに当の相続人である母は、一見冷静ながら言動が支離滅裂気味の混乱状態。いやはや、会社休んで付いていて正解でしたです。自分の名前を間違えるとは…。

あと、株取引関係はやっぱり経験がある人間が話を聞かないとダメです。ただでさえ混乱しているところで慣れない話を聞いても、何を言っているのかさっぱりわかっていなかった様子なので。それを予想して、取り敢えずあたしが休みとっているときに証券会社に行くことにしたのですが。

そして終わったところでタイムアップし、お通夜会場へ。あたしのメインミッションは受付&香典係。受け付けをやりながら通夜をこなすと。まぁ親戚以外ほとんど来ていないので楽ではあるのだけど。

んで、今日は告別式。再度受付係。まぁ今日はもう人が来ないだろうということでそのまま式に参加していましたが。どちらが良いかというと、受付で緊張していたほうが眠くならなくて良かったですな(おぃ)

しかしまぁ「皆既月食翌日の十六夜」「東北震災と月命日が一緒」「てか、震災と同じ年」…。これは一生忘れない命日になりそうですな。いや、親戚としてはそれほど付き合いがあった人ではないんですけどね。

てか、戒名がそもそも某美少女戦士的というか月陽炎的というかなんぞ色々連想しそうなものになっているしなぁ…。

で、まぁへとへとですわよ。一応14時ころには家に帰ってきたのですが、アタマは働いていないし体は妙に疲れているし。しかし年末までにこなさないといけない事務作業は山盛りだし。

母がさりげなく混乱の極みに突入気味なので、うっかりスパークしなければ良いのですが。しかしなー相続関係は本人が動いてくれないとなー。

そして明日は会社…。2日間会社…。ぶっちゃけ日曜日からこっち休んだ気がしないので休みたいのですが、そうもいきませぬよ…。うぅ、カラダというよりアタマが持つかなぁ…。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/53485781

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れました。:

コメント

コメントを書く