« どーでもいいんですけど。 | トップページ | Mini-ITXを4枚収納可能なATX筐体。 »

ファイロファックス、それはとても残念だな、って。

最近A5手帳をファイロファックスのクロスに切り替えたわけですが。

7月からこっちまで使い込んで、とても残念なことに。

Filofax

鞄でこすれる角部分が削れ落ちてしまいましたとさ。さらに、そこから灰色の内臓がにょろりと。

茶色部分はうすーい感じでぺりぺりと剥がれるんですわねコレ。

えぇーなんか合皮のほうがまだましな傷み方するとおもうよー、とさすがに諦めきれず、こういうモノなのかどうかだけ確認したくて販売店へ写真付きで相談を。

さきほど返事が返ってきました。仕様だそうです。

まー、相談する前にググって、それらしい結論にはたどり着いてはいたのですがね。きっとファイロファックス界隈では有名な話だったんでしょうけどね。

ビニールコーディングですか、はぁ…。それ革で作る意味あるのん?

説明によると環境により稀にコーティングが剥離することがある…ということだけど、まぁあたしのコレは剥離っていうより削れたみたいだから、ハズレをひいたってのとは違いそう。

てか、ビニールコーティングが剥がれると色も落ちて下からは残念なモノが出てくるとは…。

他の部分で剥離っぽい現象は、確かに起きているけどねぇ。ベルト部分も一部灰色の物体が顔を出しているし。

ひとまず「本物」らしいのと、素材強度としては「革」らしいので一安心ではあるけど、さぁてこの手帳どうしたものか…。元々クレームつける意図はないので交換要求する気はないし、あたしの使い方だと交換したところでまたすぐ角が削れちゃうとおもうので、「元」を取ろうと思ったら交換・未使用で売却でもしないとダメだし。

金属の縁を自作してボロ隠し+強化とか、かなぁ。革自体がこの性能では修理して使い続けることは無いし、ならば回復可能にする必要は無し、と。

ファイロファックスはシステム手帳を使い始めたころから一度は欲しかった製品なんだけどねぇ。しゅーりょー。

ぶっちゃけ、ナウオンデイズのリサイクルレザー品のほうがよほど性能良いぞ?まぁこっちはこっちで2,3年でフチがぼろぼろになって寿命になるのだけど、お値段1800円だし。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/52848389

この記事へのトラックバック一覧です: ファイロファックス、それはとても残念だな、って。:

コメント

コメントを書く