« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

Mini-ITXを4枚収納可能なATX筐体。

実はMini-ITXのAtom 330マザーが登場したころから実現を目論みつつも資金面の問題とかから実現できなかったネタなのですが、これ。

準備段階として、100円ショップの部材でPCケースを作ってみる。なんてネタもやっていました。ちなみにこの時作った筐体はある日両面テープで済ませた個所が外れて崩壊したり、その後梅雨時にMDFボードにカビが発生したりと散々なことになって廃棄していますが。

で。

マザーが4枚入るMini-ITXケースが発売に 見た目は普通のATXケース (AKIBA PC Hotline!)

相変わらず資金面は辛そうですが。

そもそもなんでコレに興味があるかというと、次のような理由で1つの筐体に複数マザーを放り込めると便利だなー、と思った次第。

  • Mini-ITXのAtom 330(今だとD550のほうが良いか)だと、HTまで使えば論理4コアマザーになる
  • しかも1枚1万円以下、低電力、低発熱
  • お手軽並列コンピューティングを考えた場合、高価なマルチコア+複数HDD+大量メモリのPC上で複数プロセスを実行するより、安価PCを複数用意してネットワークでつなぐほうが、メモリとかHDDの管理面で単純(だと思う)
  • しかしMini-ITXといえど、複数配置は場所を取る
  • だがサーバラックなど一般家屋には言語道断

まー、興味持ち始めた時代はまだVPSとか今ほど普及していないし、実際自分の趣味範囲で並列処理するようなデータをもっているかというと持っていなかったりするわけで、結局実行に移さずじまいだったのですが。

この筐体だと電源系は独立しているようなので、少しずつマザーを増やしたり、壊れたところだけ交換とかも容易にできそうですねぇ。

しかし49,800円か。うちにある小型のMini-ITX筐体(ACアダプタ電源+スリム光学ドライブ+2.5インチHDD)が13,000円だったので×4で52,000円。…んー。お値段としてはあまりお得感は無いなぁ。ケーブル類がすっきりするとか、場所移動が楽、という利点はありそうだけど。

D550マザー1枚1万、メモリ3,000円、HDD1台5,000円×2として、49,800円+(2,3000×4)=141,800円…実際にはもう少し安いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイロファックス、それはとても残念だな、って。

最近A5手帳をファイロファックスのクロスに切り替えたわけですが。

7月からこっちまで使い込んで、とても残念なことに。

Filofax

鞄でこすれる角部分が削れ落ちてしまいましたとさ。さらに、そこから灰色の内臓がにょろりと。

茶色部分はうすーい感じでぺりぺりと剥がれるんですわねコレ。

えぇーなんか合皮のほうがまだましな傷み方するとおもうよー、とさすがに諦めきれず、こういうモノなのかどうかだけ確認したくて販売店へ写真付きで相談を。

さきほど返事が返ってきました。仕様だそうです。

まー、相談する前にググって、それらしい結論にはたどり着いてはいたのですがね。きっとファイロファックス界隈では有名な話だったんでしょうけどね。

ビニールコーディングですか、はぁ…。それ革で作る意味あるのん?

説明によると環境により稀にコーティングが剥離することがある…ということだけど、まぁあたしのコレは剥離っていうより削れたみたいだから、ハズレをひいたってのとは違いそう。

てか、ビニールコーティングが剥がれると色も落ちて下からは残念なモノが出てくるとは…。

他の部分で剥離っぽい現象は、確かに起きているけどねぇ。ベルト部分も一部灰色の物体が顔を出しているし。

ひとまず「本物」らしいのと、素材強度としては「革」らしいので一安心ではあるけど、さぁてこの手帳どうしたものか…。元々クレームつける意図はないので交換要求する気はないし、あたしの使い方だと交換したところでまたすぐ角が削れちゃうとおもうので、「元」を取ろうと思ったら交換・未使用で売却でもしないとダメだし。

金属の縁を自作してボロ隠し+強化とか、かなぁ。革自体がこの性能では修理して使い続けることは無いし、ならば回復可能にする必要は無し、と。

ファイロファックスはシステム手帳を使い始めたころから一度は欲しかった製品なんだけどねぇ。しゅーりょー。

ぶっちゃけ、ナウオンデイズのリサイクルレザー品のほうがよほど性能良いぞ?まぁこっちはこっちで2,3年でフチがぼろぼろになって寿命になるのだけど、お値段1800円だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーでもいいんですけど。

絵描き仲間の出産待機中のところに人妻ネタのSPAMがウザすぎます。

てか、状況が当事者の発信待ちってあたりが情報伝達手段としてアレすぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

gitのソースコード配布が復活しておる。

よく考えたらGit無いとRadiant CMSのエクステ入れられないぢゃんダメぢゃん仕方ないからEPEL使おう…と思いつつもふと魔がさしてGit本家を見に行ったところ、ソースコードのtar.gzがcode.google.comからの配布に切り替わって復活してる!!

どうやら過去のリリースも一式code.google.comに移住した模様??

ということで早速。

configureは特に指定なし。/usr/local/に入るけどまぁ良いか。パス通せば済むことだし。

粛々とmakeしてmake test。

結果。

fixed   0
success 7146
failed  0
broken  32
total   7278

…なんだbrokenって(汗)

まぁいいか(おぃ)

checkinstallでRPM化をば。

1 -  Summary: [ GIT - Fast Version Control System. ]
2 -  Name:    [ git ]
3 -  Version: [ 1.7.6.4 ]
4 -  Release: [ 1 ]
5 -  License: [ GPL ]
6 -  Group:   [ Applications/System ]
7 -  Architecture: [ x86_64 ]
8 -  Source location: [ git-1.7.6.4 ]
9 -  Alternate source location: [  ]
10 - Requires: [  ]
11 - Provides: [ git ]

こんな感じでいいかな。

出来上がったRPMをインストール。

$ sudo rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/git-1.7.6.4-1.x86_64.rpm
error: Failed dependencies:
        perl(SVN::Core) is needed by git-1.7.6.4-1.x86_64

ぬぐぐぐぐ。

# yum install subversion-devel
Installed:
  subversion-devel.i386 0:1.6.11-7.el5_6.4
  subversion-devel.x86_64 0:1.6.11-7.el5_6.4

Complete!

…が、しかしcpanでうまく入らん…。

こっちか!

# yum install subversion-perl

Installed:
  subversion-perl.x86_64 0:1.6.11-7.el5_6.4

Complete!

なんぞいつか来た道だなぁ、って。

りとらい。

$ sudo rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/git-1.7.6.4-1.x86_64.rpm
[sudo] password for kmamiya:
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:git                    ########################################### [100%]

よし入ったらしい。

試しに適当なテストアプリを用意してエクステを拾ってきてみる。

$ script/extension install language_redirect
$ ls vendor/extensions/
language_redirect

大丈夫そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Inkling(TM)」発売延期のお知らせ

2011年09月22日 「Inkling(TM)」発売延期のお知らせ (Wacomホームページ)

9月下旬に発売を予定しておりましたデジタルスケッチペン「Inkling」は、弊社の都合により発売を延期させていただくことになりました。販売開始につきましては年内を目指して調整しておりますが、予定が決まり次第弊社Webサイトでお知らせいたします。

発売をお待ちいただいておりましたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社ワコム

…くっ!

まぁできないものは仕方ない。良いものをつくってくれぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPod Touch (第4世代)。

つーことで、台風を乗り越えて(しかし挫折して)我が家にやってきたiPod Touch(第4世代)デス。世間ではまもなく第5世代発表とのうわさも高鳴る中、地道に死亡フラグを立て続ける我が林檎道。

iPhoneは「ソフトバンクが(というかあの社長が)なんとなく信用できない」という一点により購入してませんし、iPadは「でかすぎる」という一点により購入していません。てなことで、iOSはこれが初めてとなります。

…アプリとか、Androidと比べるとなんとなしに"育ちの良さ"を感じますな。以前職場で「Android marketはベクター、App Storeは窓の杜、という印象」と言ったことがあるですが、実物に触れてやっぱり同じ感想でした。

まー、それでもやっぱり玉石混ざってるところはあるようですが、それはそれ今後のチャンスが残っているということでしょう。カオスが残っているのは良いことデス。

で、導入物。

まず本体は8GB。今回主目的は「サブの」音楽プレイヤーとiOS技術の研究です。ついでに言うと、「メインの」音楽プレイヤーであるところのiPodも8GBですが、2GBも使っていません。あたしはライブラリを全部突っ込まないので、8GBで十分なのです。

液晶保護フィルムはノングレアを採用。テカるの嫌いなので。AppleCareはそのうちに。

ケースはスリーブ式。ジャケット式にしようか迷ったのですが、今一つ良いものが無いのと、鞄の隅に突っ込む場合液晶保護の点からもスリーブのほうが良いだろうと。

本当は、ちょっと素材に根性がある革の名刺入れとかならば、少し時間をかけてなじませれば良い感じのハードケースになるよなー、とか思っていたのですが、こちらも今一つしっくり入る革製名刺入れが見つからず。代わりになぜかレザークラフトの教本が手元にあります(何するつもりだオマエ)。

革細工をするに当たり「入門キット」を買わずに必要分だけ個別購入で済ませようと思って書籍をあたったのですが…。結論としては「入門キットを買っておけ」となりました(笑) 結局キットに入っているものは全部必要になりそうだし。

スリーブケースについては、表面のマイクロファイバーは手に持った時の滑り止めになり、裏地のマイクロファイバーは収納時自動的にiPodを掃除してくれそうです。今後、どの程度まで汚れが目立つかが評価の分かれるところですな…。

あと、写真にない裏面にはベルトが付いており、引っ張ると中のiPodを押し出してくれるという便利な機能付き。

ジャケットタイプについては…。このボーダー絵柄を見た瞬間「iPodに縞パンを穿かせたい」という衝動が止まらなくて困っているのですがどーしたものでしょー ←知らんがな

もとい。

導入アプリ。とはいえ定番というかGALAXY Tabと変わっていないとも言いますが。

  • Evernote
  • Eye-fi (iPodの写真を転送する用途として)
  • SugarSync (基本的にブラウザとして。iPod側にデータを同期する気はない)
  • gTasks HD (GoogleカレンダーのTodoと同期。代金支払ってフルバージョン化)
  • netprint (7-11のネットプリント用アプリ。まだ使っていませんが便利そうなので)

ゲームとかやる気は無いしね。あとPCのThunderbirdと相性の良いIMAP4メーラと、RSSリーダを物色中。開発技術も勉強しなくは。

あ、そういえば前にGALAXY Tabで使えるかどうか人柱やってみてダメだったShot Note 使えるぢゃん。

GALAXY Tabとかimode携帯との棲み分けとしては、

  • Webブラウジングは画面の大きいGALAXY Tab
  • 立ったまま片手操作で使いたい時、Evernoteの既存ノートを編集・参照したい時はiPod Touch
  • Evernoteに一方的な新規ノート追加で十分な時はimode携帯
  • ちゃんと作業したい時はMacbook Air
  • 弾幕にパワーが必要な時はこぁ搭載のVAIO Z(最近出番無いな…)

こんな感じかね。大体棲み分けはできる気がしますよ。

しかし、ここのところ急激に林檎病になりつつあるわね…。まぁ元々「イラストやるならMac」の1点でG4 Dualとか買っているけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらのVPSにRadiant CMSをセットアップ

さくらのVPS を導入してRadiant CMSの運用環境を構築するまでのメモ。なお、バージョンが指定された物は、依存関係を解決する過程で特定した物です。2011年9月現在の結果なので、OSや各モジュールの依存状況によって変動が出る可能性があります。最新状況の確認は各自にて。

また、バージョン指定物については「可能な限り最新版、ダメだったら少しずつバージョンダウンしてみる」という手法で解決を図っていますので、例えばrspecとrspec-railsはバージョンがずれており、合わせたほうがキモチ良いなーと思いつつそのままになっていたりします。

ちなみに、あたしはクリーンインストールに成功したこの記録に到達するまで、2回のOSリセットと概ね2回のごり押しをやっていまする。だいたい、1回目で破綻しつつ勘をつかんで、2回目+ごり押しでなんとか押し込むことに成功して、3回目できれいに納める、といった感じ。

記事全体としては、大まかな作業手順導入するRPM導入するgem具体的な手順、となっています。RPMやgemは、実際には導入手順の中で数回に分けて導入作業を行っています。大抵は最初に一括インストールして問題ないはずですが、確認はしていません(4回目をやるのが面倒)。RPMとgemの関係性とかもあるので、一括作業する人は注意。

大まかな作業手順

  1. rubyのインストール(1.8系)
  2. gemsのインストール
  3. railsのインストール(2系)
  4. DB関係のインストール
  5. radiant CMSのインストール
  6. 開発環境構築
  7. Passengerのインストール
  8. 運用環境構築

導入するRPMパッケージ

rubyのコンパイルで使うものたち。ext/の内容物をコンパイルするためのライブラリ類です。あとでアレが無いコレが足りないとやるのが面倒なので、後々必要になりそうなものをあらかじめ選び、導入要件を調べた結果こうなりました。
ncurses ncurses-devel gdbm gdbm-devel openssl openssl-devel zlib zlib-devel readline readline-devel
Rails運用に使うものたち。DB2種。ほかに使いたい人はそれを。sqliteは概ね最初から入っているはず。
mysql mysql-server mysql-devel sqlite-devel
Radiant CMS運用/開発に使うものたち。基本的には開発方面で必要になった気がします。ざっくりXML系ですな。
libxml2 libxml2-devel libxslt libxslt-devel
Passenger運用に使うものたち。
httpd-devel apr apr-devel httpd-devel curl-devel

導入するgem

Ruby on Rails本体。Rails3はあたしが慣れていないせいかそもそも一般流通しているgemが追従しきれていないのか、色々要らぬトラブルが発生するので当面Rails2でいきます。
rails -v 2.3.14
SQLite。これも、最新版(1.3.3)ではエラーになるので。まぁ基本テストで使うものなので多少いい加減でも良いかと。
sqlite3-ruby -v 1.2.5
MySQLについては特にひねりはありません。
mysql
Radiant CMSの開発環境まわり。運用だけならば不要だったように思います。
cucumber cucumber-rails database_cleaner webrat
おなじく、Radiant CMSのうちバージョン指定が必要な物。ちなみに、specぢゃなくてutest使うんだい!という人には不要です。
        
  • rspec -v 1.3.0
  •     
  • rspec-rails -v 1.3.2
Radiant CMS本体。Rails2系です。Rails3系は、radiant3だったかと。
radiant
Passenger。
passenger

手順

多少端折っていますが、実際に打ち込んだコマンドのログ。

まずはRubyとRubyGemsのインストール。前提条件として、RPM化するためにcheckinstallが導入済みとなっています。

rubyについてはインストール先のみ、/usr/に変更しています。単なる趣味というか職場環境がそうなっているからというか、まぁそのあたりが理由。

$ sudo yum install ncurses ncurses-devel gdbm gdbm-devel openssl openssl-devel zlib zlib-devel readline readline-devel

Installed:
  gdbm.i386 0:1.8.0-26.2.1.el5_6.1
  gdbm-devel.i386 0:1.8.0-26.2.1.el5_6.1
  gdbm-devel.x86_64 0:1.8.0-26.2.1.el5_6.1
  ncurses-devel.i386 0:5.5-24.20060715
  ncurses-devel.x86_64 0:5.5-24.20060715
  openssl-devel.i386 0:0.9.8e-20.el5
  openssl-devel.x86_64 0:0.9.8e-20.el5
  readline-devel.i386 0:5.1-3.el5
  readline-devel.x86_64 0:5.1-3.el5
  zlib-devel.i386 0:1.2.3-4.el5
  zlib-devel.x86_64 0:1.2.3-4.el5

Dependency Installed:
  e2fsprogs-devel.x86_64 0:1.39-33.el5 keyutils-libs-devel.x86_64 0:1.2-1.el5
  krb5-devel.x86_64 0:1.6.1-62.el5     libselinux-devel.x86_64 0:1.33.4-5.7.el5
  libsepol-devel.x86_64 0:1.15.2-3.el5 libtermcap-devel.x86_64 0:2.0.8-46.1

Complete!

$ cd ruby-1.8.7-p352
$ ./configure --prefix=/usr/
$ make ; make test

test succeeded

checkinstallでRPM化するにあたり、説明文はyum infoで得られるものをそのまま使います。どうせ個人使用なんで何でも良いといえばそれまでなんですが。

また、checkinstallでは1~4までの項だけを再設定します。Summaryについては同じくyum infoの内容をコピペ。2~3もyumで取ってこれるRPMに合わせることで、あとで入れ替えるときなどに要らぬトラブルが出ないようにします(したつもり)。

$ yum info ruby >description-pak
$ vi description-pak
★Description: の項だけ残して後は削除しておく。

$ sudo /usr/local/sbin/checkinstall
★1~4まで再設定。
1 -  Summary: [ An interpreter of object-oriented scripting language ]
2 -  Name:    [ ruby ]
3 -  Version: [ 1.8.7 ]
4 -  Release: [ p352 ]

**********************************************************************

Done. The new package has been saved to

/usr/src/redhat/RPMS/x86_64/ruby-1.8.7-p352.x86_64.rpm
You can install it in your system anytime using:

      rpm -i ruby-1.8.7-p352.x86_64.rpm

**********************************************************************

$ sudo rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/ruby-1.8.7-p352.x86_64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:ruby                   ########################################### [100%]

gemについては何のひねりもありません。

$ cd rubygems-1.7.2/
$ sudo ruby setup.rb
RubyGems 1.7.2 installed

Ruby on Railsについては、バージョン指定しているところだけが特殊です。何も指定しないと、Rails3が入ってきます。

$ sudo gem install rails -v 2.3.14

ここで、うっかり忘れていたDB関係を入れることに。sqlite3-rubyのみバージョン指定が入ります。

$ sudo yum install sqlite-devel
$ sudo gem install sqlite3-ruby -v 1.2.5

$ sudo yum install mysql mysql-server mysql-devel

Installed:
  mysql.i386 0:5.0.77-4.el5_6.6           mysql.x86_64 0:5.0.77-4.el5_6.6
  mysql-devel.i386 0:5.0.77-4.el5_6.6     mysql-devel.x86_64 0:5.0.77-4.el5_6.6
  mysql-server.x86_64 0:5.0.77-4.el5_6.6

Dependency Installed:
  perl-DBD-MySQL.x86_64 0:3.0007-2.el5       perl-DBI.x86_64 0:1.52-2.el5

Complete!


$ sudo gem install mysql
Successfully installed mysql-2.8.1

ここで、Ruby on Railsのテストアプリを作ってみて、welcomeページ程度まで表示できることを確認しておきます。

$ rails testapp
$ cd testapp
$ script/server
★http://<IPアドレス>:3000/にアクセス

Radiant CMS関係。試行錯誤の結果、特に開発環境についてはあらかじめ相性問題を解決したgemを導入しておかないと、勝手気ままに依存関係を解消しようとした結果訳の分からない状態に突入する、という結論になりました。

$ sudo yum install libxml2 libxml2-devel libxslt libxslt-devel

Installed:
  libxml2.i386 0:2.6.26-2.1.12          libxml2-devel.i386 0:2.6.26-2.1.12
  libxml2-devel.x86_64 0:2.6.26-2.1.12  libxslt.i386 0:1.1.17-2.el5_2.2
  libxslt-devel.i386 0:1.1.17-2.el5_2.2 libxslt-devel.x86_64 0:1.1.17-2.el5_2.2

Dependency Installed:
  libgcrypt-devel.x86_64 0:1.4.4-5.el5     libgpg-error-devel.x86_64 0:1.4-2

Complete!

$ sudo gem install cucumber cucumber-rails database_cleaner webrat

Successfully installed json-1.6.1
Successfully installed gherkin-2.5.1
Successfully installed term-ansicolor-1.0.6
Successfully installed builder-3.0.0
Successfully installed diff-lcs-1.1.3
Successfully installed cucumber-1.1.0
Successfully installed gherkin-2.4.21
Successfully installed cucumber-1.0.6
Successfully installed nokogiri-1.5.0
Successfully installed mime-types-1.16
Successfully installed json_pure-1.6.1
Successfully installed rubyzip-0.9.4
Successfully installed ffi-1.0.9
Successfully installed childprocess-0.2.2
Successfully installed selenium-webdriver-2.7.0
Successfully installed rack-test-0.6.1
Successfully installed xpath-0.1.4
Successfully installed capybara-1.1.1
Successfully installed cucumber-rails-1.0.5
Successfully installed database_cleaner-0.6.7
Successfully installed webrat-0.7.3
21 gems installed

ここで以下のエラー発生。ただしどうやらドキュメント類が破損したような気配だったので放置。だがしかし、その後のgemも軒並みドキュメント類で「Could not find main page README.rdoc」というエラーが出たようなので、対処したほうがよかったのかも…。

ERROR:  While generating documentation for builder-3.0.0
... MESSAGE:   Unhandled special: Special: type=17, text=""
... RDOC args: --ri --op /usr/lib/ruby/gems/1.8/doc/builder-3.0.0/ri --title Builder -- Easy XML Building --main README.rdoc --line-numbers lib CHANGES Rakefile README README.rdoc TAGS doc/releases/builder-1.2.4.rdoc doc/releases/builder-2.0.0.rdoc doc/releases/builder-2.1.1.rdoc --title builder-3.0.0 Documentation --quiet

この時点で、「Invalid gemspec in [...]: invalid date format in specification: "2011-09-18 00:00:00.000000000Z"」というエラーが大量に出始めて非常にウザくなります。調べたところどうもgemspecの日付フォーマットが実動作にあっていないものがいくつかあるようです。仕様がDateTimeからDateに変わったか、その逆なのでしょうたぶん。

取り敢えず、一通り入れます。

$ sudo gem install rspec -v 1.3.0
Successfully installed rspec-1.3.0
1 gem installed

$ sudo gem install rspec-rails -v 1.3.2
Successfully installed rspec-rails-1.3.2
Successfully installed rspec-core-2.6.4
Successfully installed rspec-expectations-2.6.0
Successfully installed rspec-mocks-2.6.0
4 gems installed

$ sudo gem install radiant
Successfully installed will_paginate-2.3.16
Successfully installed RedCloth-4.2.8
Successfully installed radiant-0.9.1
3 gems installed

先のInvalid gemspec in …を回復させます。 gem list 等を実行するとエラーがどどっと出るので、それらのgemspecファイルを開き、s.dateに代入されている日付の文字列表現を修正します。具体的には後半の時刻部分を削除。

前:"2011-09-18 00:00:00.000000000Z" →後:"2011-09-18"

もう一度 gem list 等を実行してみて、エラーが無くなればOK…だと思います。今のところ障害は無し。

今回構築した環境では、Radiant CMS関連を実行する際にMutex (NameError)というエラーが出ます。これもたぶん標準ライブラリか何かの構成が変わった…用なのですが、対処療法としては require "thread" を追記してやることでエラーが解消します。

今回は、書き換えるファイルが最も少なくて済む方法を検討した結果として次の2ファイルに追記しました。どちらも先頭(RAILS_ROOT =の直後行)に追記しています。

  • /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/radiant-0.9.1/config/boot.rb
  • /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/radiant-0.9.1/lib/generators/instance/templates/instance_boot.rb

テストアプリを作ってみて、Radiant CMSとその開発環境(取り敢えずあたしはextensionを自作したい)が正常動作することを確認します。

$ radiant -d sqlite3 testapp
$ cd testapp
$ env RAILS_ENV=production rake db:bootstrap
$ script/server -e production

★http://<IPアドレス>:3000/にアクセス。
adminログインし、ページ作ったりレイアウト作ったりしてみてDB書き込み含めて稼働することを確認。
$ script/generate extension test_ex
$ script/generate extension_model test_ex xxx
$ pushd vendor/extensions/test_ex/
$ rake spec
★app/models/xxx.rbをちょこっといじってみる
$ rake spec
★xxx.rbをいじった結果が反映されればOK。

$ pushd

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Mozillaの高速リリースは止めたほうが良いと思うな。

Google Tool Barが使えなくなるのが不便なので、職場のFirefoxは4のまま更新を拒否っているんだよね、あたしも。

自宅のはまさかこんな問題が出てくるとは思わずにさくっと5にアップデートしてしまったので、そのまま最新状態を保っているけど。

中のパラメータいぢれば使えるようになるのは知っているけど、それが周知されているにも関わらず配布元が対応しないというのは、細かい問題があるか検証しきれていないかのどちらかだろうし(前者だっけ?)

そしてやっぱりダブルスタンダード到来。

Mozilla、企業向けに『Firefox』の延長サポートを提案 (japan.internet.com)

うーん、個人使用も微妙に不便になってきたし、職場のもいつまでも古いままとも行かないし…。Chromeあたりに乗り換えるべき?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物理:光より速いニュートリノ? 相対性理論覆す発見か

実は今周知されている「光の速度」のほうが間違っていた、とかそんなオチは?もっと速いとか。

物理:光より速いニュートリノ? 相対性理論覆す発見か  (毎日jp)

 【ジュネーブ伊藤智永】欧州合同原子核研究所(CERN、ジュネーブ)は23日、素粒子ニュートリノを光速より速く移動させる実験に成功したと発表した。事実なら、「光より速い物質は存在しない」としたアインシュタインの特殊相対性理論(1905年)を覆す物理学上の「大発見」となる可能性があるという。

 発表によると、日本の名古屋大、神戸大や欧州などの研究者約160人が参加する「国際研究実験OPERA」のチームが、CERNで人工的に作ったニュートリノ1万6000個を、約730キロ離れたイタリアのグランサッソ国立研究所に飛ばしたところ、2.43ミリ秒後に到着し、光速より60ナノ秒(1億分の6秒、ナノは10億分の1)速いことが計測された。

 1万5000回も同じ実験を繰り返し、誤差を計算に入れても同じ結果が得られたという。チームも「説明がつかない」と首をかしげており、実験データを公表して、世界中の研究者に意見と検証を求めたいとしている。

てか、これと「量子テレポーテーション」はどう違うのん?…と思ったら、Wikipediaさんによると量子テレポでも光速は超えられないんだったね…。

でも、これが本当だとすると何が起こるんだろう。

技術としては、光回線よりニュートリノ回線のほうが早いってことか。でもナノ秒単位しか速くならないし、ニュートリノ自体も、発信はともかくとして受信が大変そう。ということはエラー率高いだろうから実用ベースでは大して変わらない…かな?あと、すっごくでっかいシステムになりそう。

学問的には、ニュートリノが光より速いにしろ、実は光がもっと速かったにしろ、宇宙の年齢とかそのあたりについて概念が変更になりそうだよなぁ。

Cプラス航法とかも実際には高次元空間突入ではなくて、ニュートリノ化すれば可能になるってことやね。

あ、ところで学者衆160名が1万5000回も首をかしげる効果については何か実験成果無いんですか?「首かしげ発電」ができそうな気がしているんですか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Radiant CMS 0.9.1でextensionをgenerateしようとするとgitを要求された顛末。

コトはさくらのVPSにRadiant CMS環境を、開発環境込みで構築しようとして起こりましたさ。

まずRadiant CMSが動くところまでで四苦八苦し(ハックなだけに)。

なんとか動いたぜー次はexntesion開発環境だぜーと思い、おもむろに script/generate extension xxx としたとき、こんなエラーなぞ。

$ script/generate extension page_category
NOTE: SourceIndex.new(hash) is deprecated; From /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/radiant-0.9.1/vendor/rails/railties/lib/rails/vendor_gem_source_index.rb:100:in `new'.
git version   2>&1:sh: git: command not found

まー、この"NOTE: SourceIndex.new(hash) is deprecated"もなんとかしたいのですけどね…。

で、問題はgit様。まぁこの機会に使い方を覚えるぜ?とインストを試みたところ、

  • CentOSの標準yumではRPMが無い。
  • Git本家に行ってソースコードを落とそうとしたところ、ソースのtar.bz2に何度やっても日を改めてもアクセスできない。
  • しかし「gitがダウンロードできない」的なキーワードでGoogleっても何も出てこない。

今日ようやく適切なキーワードを見つけ、真実に行き当たることができましたさ。

曰く、kernel.orgがクラックされた→gitのソースコードはkernel.org配下にある→ミラーは…無いの?(汗)

で、git無しでRadiant CMSのextensionを開発するための回避方法。つまりgit入れない。

radiant-0.9.1/lib/generators/extension/extension_generator.rb を読んだところ、どうもgit.gemが無かったり、Gitの呼び出しに失敗したときはスルーするように実装してある様子。また、件のgit: command not foundエラーは、require "git"した時点で発生します。

なんでgit.gem入れちゃったんだろう…と思っていたのですが、どうもRadiantをインストールしているどこかの段階で要求されたjewelerが依存していたことが判明。で、jewelerとは何ぞや?と調べなおすと、ソウルジェムもといrubygemの作成支援ツールのご様子。まぁ当面は要らないでしょう。

ということでgem uninstall jeweler gitなう。

結果として、

  1. script/generate extension xxxは成功。
  2. rake spec:extensionも成功。
  3. vendor/extensions/xxx/に移動し、rake specももちろん成功。
  4. spec/models/にtest_spec.rbを作成、中に適当な出力命令を仕込んでrake specしたところ、ちゃんと仕込んだ出力命令が実行されて終了。

ここまで動いたので、たぶん一安心かと。

この後もう一度さくらのVPSを初期化、Rubyのインストールから始めてみて、トラブルなく環境構築までできれば運用フェイズに移行しても良いかな、的な。

だがしかし、よく考えると運用環境に開発環境まで持ち込むのは色々危険だぜ?という真実のコトバは割と早い段階から聞こえてはいたのだけど、そこは取り敢えずスルーいたしたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gitのソースがダウンロードできないなーと思っていたら。

kernel.orgがクラックされていたのね。そのニュース全然気づかなかったよ。最近、会社命令で情報から遠ざけられているからなぁ…さすがIT系大会社。ま、そもそもgithubがブロックされているしな。

てか、目的はgitを使うことではなく、Radiant CMSをセットアップしていたらgitが無いと怒りだしたご様子なので対処していたところなのですがね。

さぁて、どうしたものかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞬電なう。

しかしAtom機の小型サーバとWacomの液タブ、部屋の蛍光灯はリセットされたものの、メインの こぁ i5 機は生き残った。

こぁ 最強!(…しかし何故だ?こっちのほうが消費電力高いのに…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なのはさん vs タッチ。

いえ別に魔法少女 対 野球漫画、では無いです(おぃ)

ここしばらく、思うところあって自分のスキルを一段上げるべく色々画策中です。

で、やはり英語力は上げておく必要があるという結論に達し、以前購入してリッピングまで済ませていた「聞くだけ英語教材」の類をちゃんと使おうということになったのです。

が、そもそも使っていなかった理由というのが、通常音楽を聴いているiPodに入れてしまうと予想外のタイミングで音楽の代わりに英語が流れてしまうので、再生機器を分けたい、しかし機器が無いというところだったのですな。

で、当時それを理由にiPod nanoを買おうかと思い、ふと見たiPod Touch 8GBとの価格差が7000円であることに気づいてしまい、さぁてどちらにしたものか…というところで買わずじまいになっておったのです。

で、今回いよいよ買うぜ!と。

目的を考えると「取り敢えず1アルバムが再生できれば良い」のでiPod Shuffleでもまぁ良いのですが、アレはさすがに使いにくいので値段も考慮してnanoにしようか、と思いつつ、ふと「これってアプリ開発できたっけ?」とか思ってしまい。

単なる音楽プレイヤーだったらアプリ開発しようなんて思いつかないんですけどねー?あそこまで機体性能が上がってくると、アプリ自作できた…かな?とか考えてしまって。

あのサイズでRSSとかTwitterとかメールの新着通知とか出せるようになると、結構面白そうなんだけどなー。あの画面で文章読むには向かないので、新着の通知のみ。

調べたところ、どうもnanoではアプリ開発とかできない様子。そゆ人はTouchに行け、ということらしく。やはりモバイルアプリ開発もスキル向上には必要だな、とか言い訳を付け。

あ、iPhoneはソフトバンクってところで除外ですよ?

次の課題は8GBか16GBくらいか?というところなのですが、適当にさまよったQAサイトで得た結論としては、動画見ないならば多少音楽詰め込んでいても8GBで十分、というようで。

あたしの場合、音楽も聞く(こっちをメインの音楽プレーヤーにするか、今使っているほうをメインのままにするかは微妙)けど、むしろアプリいぢりに走りそうですし。GALAXY Tab使っていても、結局動画とかは見ませんし。ヘッドアップディスプレイがあったらもっと見るかもしれないけどねー。

ということでiPod Touchの8GBをぽちってしまいました。←結論

で…。今日届くのさ(汗)

いやね、昨日の夜時点でiPod Touchにしようと決めたものの、今日の天気で帰り量販店寄るの面倒だなーとか思い、Amazonを覗きに行ったらまだ今日の到着に間に合う時間だったので、今日は台風だしちょっと早く帰ることにして帰ったらTouchが届いていたりすると幸せだよね、とか思ったわけで…。

ごめん。ほんとごめん。クロネコさまマヂごめん…。

あ。AppleCareも忘れないうちに買っておくべきかな…?(ぢつはMacbook airのほうもまだ買っていない)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

魔法少女まどか☆マギカ 最終巻発売!そしてワルプルギスの夜襲来…。

やっぱりまど☆マギは天変地異と相性抜群だーね。

本放送…東北地震によりあわや放送中止。

オンリーイベント…天候悪化ギリギリ回避

そして最終巻発売…ワルプルギスさん直撃

うぅーむ。今頃ほむほむが戦っているのかなぁ…。みょんな爆発音とかしたらきっとほむほむのせいだ(笑)

あ、今日は出先の顧客命令により、会社に連絡の上で午後で帰ってきましたよ(これ書かないと後で業務時間内に書き込んでいる!とかクレーム付くからなぁ…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロードバイク的なもの、もしくは軽めのセカンド機が欲しいのですが。

これロード系にしてはお値段格安なうえにレビュー評価も良いのでちょっとメモる。

【アルミロード】Made in Japan A400 ELITE

【アルミロード】Made in Japan A400 ELITE
価格:29,800円(税込、送料別)

重量は10kgかー。どーせロード系買うなら10kg切りたい気もするけど、そもそも旅行行ったばかりで今のお前には3万ですらきつい出費だろー、とミサカはミサカは冷静に突っ込んでみる。

オーダーメイドで仕上がりにしばらく時間がかかるみたいなので、季節的には今頃から購入しておいたほうが良さそうだけどね。冬になると寒いし。

フロントディレイラーが未だにワイヤーの張り方がよくわからない三角ユニットでないタイプみたい…。これなら使いやすいかなぁ。

ハンドルはロードタイプに慣れていないので、フラットバーにしたいところデスね。目的は高速走行より可搬性と長距離走行能力なので。

てか、究極の目標は一人・徒歩の電車旅行に持っていきたいというところなのだけど、結局軽い自転車を用意すべきか折り畳みでコンパクトにしておくべきかは悩みどころ。

しかしこのネットショップ、不安になるくらい誤字脱字が多いのだが大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河駅前に。

20110918090527

「スカーレットF」…このFはやっぱり妹様のF、でせぅか…?妹様50% OFF…。

とかしょーもないことを考えつつ空き地を挟んで隣の建物の前を通りかかると。

20110918_090721

「MADOKA」…(汗)

むー、なんだこの街は。しかも揃って服飾関係かよ。次辺り「なのは」とか見つかりそうな…(出現せず。しかし「緑屋」という旅館はあった)。

あと、かなり離れているけど「みさか小学校」があるやね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島攻略(1日目1東ホール1)

…なんだよ東ホール1って(習慣です。むしろビョーキとも。)

福島攻略の記録をTwitter風に。なお、時刻の記録にはEvernoteに送りつけた時間を使用してみました。途中携帯なんぞ打ってる場合ぢゃねぇ!的な箇所が多数あったので、そこは後から補完。

2011/09/17 06:30
衣笠到着。ちと余裕なかったか。
2011/09/17 08:09
新幹線の座席が図らずも見晴らしの良い2階席であった。残り物には福があるにょ。福島なだけに。
2011/09/17 09:53
福島駅到着。せっかくなので乗ってきた新幹線の写真を撮るなど。
2011/09/17 10:00-12:30

観光センターに行ってみたりさっさとお土産を買ってみたり白娘隊ひとめぼれが売り切れていてべっ別に絶望なんてしていないんだからねっとかやってみる(まぁ正直なところ白娘隊のイラストクォリティはどうでもいい)。

ちなみに女神山登山口である十二社バス停へは1番乗り場の川俣高校前行き、概ね1本/時間で20時まであるという、某NERV基地よりも恵まれた環境であった。

2011/09/17 13:10

しかしバス所要時間が40分、料金が740円もするという罠発動。これ運転手さんの方が大変だわ。降りる人少ないし。よく居眠りしないよな。

だがしかし肝心の十二社をスルーしかけるという超必殺技を炸裂。ちょうどそこで降りる別のお兄さんが、ぎりぎりのところでキャンセルに成功。…なーんかみょんにバス停の感覚が開いているとは思ったんだけどさー。

2011/09/17 13:20
月宮神社へ移動開始。途中堀切口で登山ノートに記帳したりしつつスルーして月宮口を目指す。
2011/09/17 14:21
月宮口から登山開始。月宮神社は割と近くにあるはず。
2011/09/27 14:42

月宮神社参拝終了、とりあえず月館分岐点を目指してみる。

割と早々に「大きいつづら」トラップに引っかかったらしく、歩くのが楽そうな桑畑沿いの道を選んだら途中で完全に藪の中に入り、蜘蛛の巣トラップとか薮茂り過ぎトラップをなんとか乗り越えて舗装された林道に出たらば、振り返ったそこには「私有地立ち入り禁止」の看板など。

うぅーむ、結局どのルートが正しかったんだろう…?てか、下の方にも表記欲しい…。

2011/09/17 15:48
女神山山頂なう。
2011/09/17 15:50-16:44

一休みしたり写真を撮りまくったりしつつ、下山開始。途中のトイレを利用したかったので、帰りは椚平口を目指す。

…しかしこちらの口もどーにもしばらく人が入った気配がなく、簡易トイレが薮に埋まりかけていたり、その後の道も鉈を装備すべきだったかとか思いつつ下山。ひぐらしが鳴く前に下山。

トイレ発掘をあきらめて外で済ませた輩が居るのぢゃないかというか、ABCのうちむしろBについての除染が必要な感じの感触が靴底にあったりもしたけれど、下に降りた後で確認したら何も残っていなかったのできっと気のせいか下山中散々踏みつけた下草で勝手に除去されたかと思われ。

2011/09/17 16:44
ともかくも舗装された道に出た。文明って素晴らしい。
2011/09/17 17:44

なんとか福島行きのバスに乗り込んで一息。

17:23のバスに間に合わず、さてタクシーを呼ぶか最終バスを待つか、いや待てこういうところの最終バスを待っているときには自由に遊んでいい(性的な意味で)娘さんが居るって最近こりすや様の本で読んだ!(←18禁)…とか思いつつ一応バス停に向かってみると、17:35何故か福島行きのバスが出現。

あぁっ女神さまっ!(間違っている…が、別の意味で間違ってはいない。)

しかしバス飛ばすなー。ちょー飛ばすなー。

そして白河へ

結局(というか下山前の時点で確定していたけど)ホテルのチェックイン予定時刻には間に合わず、電話連絡して変更。てか、次の電車が30分以上後だったりしたのがさらに予定外な。

てか、途中連絡路線の遅延に引きずり込まれて5分くらい遅れるし。あたし、駅から5分のホテルに行くのに、電車到着予定+15分くらいは見込んでチェックイン時刻変更したにも関わらず、付いたのが3分前とかいうナイスすぎる時刻に。

てな辺りで1日目しゅーりょー。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島攻略2日目。

宿泊地白河の内容を調べつつ。
小峰シロ…だ…と?

だがしかし。

グッズ「ただいま製作中なう」…"中"と”なう”が被っておらんか?

名所案内「注:東日本大震災の影響により石垣が崩れた為、ただいま白河小峰城のご入場は見合わせてます

ぬぐぐぐぐぐぐ…?!

色々な意味で、春先にもう一度来ることになりそうな気がするぜ…?

早々にホテルをチェックアウトして小峰城(外だけ?) →南湖 →白河関跡 →新白河 →15:00 新幹線(席とれた)にて退却

…てな具合ですかにょ。白河駅から白河関跡まで徒歩2時間くらいかかるらしく、その間に南湖があるので移動は多分徒歩、どーせ間をふらふらしながら移動しているとすぐ15時にはなってしまうでしょー。

なかなか楽しいところのようですな、ここは。

そしてそんな中、昨晩条件反射的にホテルの自販機でBOSSカフェオレを購入したところ、ギザ十出現(昭和29年もの)。えぇーと、レイの長財布な人によると金運が変化する兆し…だったような気がしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島攻略(決定)。

切符とホテルの手配ができたので、9月17-18日に福島行ってきまする。

…いってくるだけだがな(おぃ)

行程:

衣笠発 06:31 - 東京着 07:48
東京発 08:08 - 福島着 09:47 Maxやまびこ237号

月宮神社 - 女神山 - 適当にふらふら - つきだて工房 (近くてタクシー呼び出すのに良さそう)

福島 - 白河(1時間くらい)

白河ビジネスホテル宿泊

帰りは未定(笑)

帰りの新幹線切符がとれそうに無い気配なのと、実は7時間ほどかければ帰ってこれるらしいので、ならば7時間乗ってくればいいかなー、と。

タイムリミットとしては、16時くらいに福島を出れば、23時くらいに帰れるらしい。つまり、日帰りも可能(笑)

でも、夜の電車は寝るしかないので、敢えて午前中とかに帰り始めて景色を観つつ7時間かけるのが良いですかねぇ。

ホテルは福島駅周辺が取れなかったので、新幹線で1駅分都心に近付いたところ。とはいえ新幹線で移動する必要はなく、並走する東北本線で1時間程度で行ける模様。

そして、今回はMacbook Airの旅デビュー。さてトラブルなく過ごせるのか?どーもEye-fiの認識が不安なので、Viliv S5も持っていこうかねぇ…。

あ、一眼デジカメD60のほうもEye-fiにしましたよ。セットアップをMacでやったら、ファーム更新直後に認識しなくなるとかかなり不審な動きだったけどな…。

旅行の計画を立てるには、Evernoteにばしばし放り込んでいくと後での見直しが楽で良いです。ホテルの吟味しつつ放り込み、電車の時刻確認しつつ放り込み、予約取ったらとったで放り込んでおくと、あとで割とどこでも参照できるのがうれしい。最近Docomoのiアプリ版も出たことに気づいて、さっそくインストールしましたさ。

これで後は、セブンイレブンのネットプリントから直接操作・印刷とかできたら最強なんじゃないかとか思う。

切符はウィークエンドパスにて。スリーデーにしようか迷ったのだけど、どうにも福島で2日フルに使う観光コースを組めなかったので止めることに。やるならば猪苗代湖方面に手を伸ばしたい気もしたのだけど、そうすると逆に2泊3日でも足りなくなりそうな気配があるのよね…。

さて、どうなることやら。特に天気。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

懲りずにフランドール襲撃メモ。

地道に探すと意外とあちこちに妹様が(違う)。

まずは福島は会津若松。

フランドール洋菓子店

そして茨城にはなぜか3店舗も。

フランドール昭和堂

フランドール鹿島店

フランドール東海店

水戸コミケの時にわかってればよかったねー(行ってないけど)。それはともかく、東海村…か。

今回穴場だったのが熱海。

熱海 洋菓子工房 フランドール

…ここ、忘年会とかで何度か前を通っている気がするんだけどなぁ…。

オーダーメイドでキャラクターをデコケーキにしてくれるようですよ?誰かやりませぬか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月連休の福島行きは。

かなり本気でルートとかつくっていたのだけど、今日の地震を受けてどーしたものか。

あの揺れ方、3月11日の本震よりもその1週間前にあった前震を思い出して嫌なんだよな…。

ちなみにルートとしては、

福島駅 →月宮神社(もしくはランドマークとして、つきだて工房 →月宮神社) →女神山登頂 →余裕あれば千貫森
→つきだて工房 →福島市街 →宿泊

くらいで。しかし福島市街に戻った後の観光ルートがまったく思いつかない罠。

割と全然関係ないところに「フランドール洋菓子店」なるものを発見してしまったりもするのだけど、福島市に行ってからだとちょっと回り道が過ぎる(汗)

さて、前半連休にするか後半連休にするか…。後半のほうが準備は楽だが、前半のほうが帰ってきてから休める。ぬぐぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Being Geek。

今読んでいるのは、Michael Lopp著の「Being Geek」。概ね読み終わったところ。

一章が短いので、通勤電車内で1日30分だけ読んで後は寝よう、とかやっていても1週間くらいで読み終わったかな。途中数回の集中読破があったかもしれないけど。

あたしがGeekかっつーとソコまでは到達していない中途半端野郎だけど、まぁ生き方としてはかなり共感できる。

敢えて言うなら、「左脳デジタル、右脳アナログ」というのがあたしの特性であり、このあたりのカオスっぷりがこのへたれ同人絵描きプログラマ、という困った状態を生んでいるのだろうとは思うが。

閑話休題。

この本はGeek=エンジニアが生きていくための本であると同時に、Geekが後輩Geekをうまく使って仕事していくための本でもある、と思う。Geekが生きていくために必要な転職の方法や面接のコツなんかも載せつつ、マネージャー視点として「困った人」の部類に属する様々なGeekをうまいこと捌くコツなんかも載っている感じ。

基本的にはどちらも日本社会というよりアメリカ社会の枠内だとは思うけどね。いやそもそもこの「日本社会」とかいう枠を設けることがまず誤りではあるのだけど、しかしこの枠を取っ払って生きていくにはそれこそ大気圏を脱出できるくらいの出る杭っぷりが必要なのではないかと思われ。

結局のところエンジニアがエンジニアのまま生きていくには独り立ちしかなく、そのためにはエンジニア以上の存在にならなければいけない、と。その点については大企業に所属していても独立していても変わりはないのだろうけど、残る最大の問題は「そこがエンジニアが生きていける環境であるか」ということなんだろうな。

となると、エンジニアにとって大事なのは「将来管理職になれるか」よりも「生きていける環境か」なのかも。

「生きて」いけない環境であれば、「生きること」に意味は無いのですよ。しかしまぁ、「生きる」ことを放棄するにはかなりのエネルギーが必要だけどね、どちらの意味でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A5システム手帳にGALAXY Tabをセット。

収まりが良いかってゆーと今ひとつ残念感が漂うのだけど、これまでで一番相性が良いらしい。

使用したのは「joyeux ファスナーポケット」。東急ハンズ横浜店にて購入。

Joyeux


このjoyeuxというシリーズ、ハンズでは数年前から見かける気がするのだけど、アマゾンでも楽天でも果てはGoogleでも出てこないっていうのはいったいどういうブランドなんだ???

材質的にはPVCの横ファスナー式ソフトポケットです。片面の下半分にサブポケットがありますが、そこにGALAXY Tabを突っ込む…と強度と底の浅さでおっこちるので止めておけよ?(笑)

突っ込むところはメインのポケットです。GALAXY Tabはポケットの口にギリギリいっぱい、ソフト材質なので抜くときはともかく、しまう時は片手で押し込むなんて芸当はかなり無理…と、決して最良のアイテムでは無いのですが、現状ほかに選択肢がないもので。

副作用的には、ポケットに入れたままでもGALAXY Tabが一応操作可能です。ただし電源ボタンはポケットのファスナーに阻まれて相当押しづらいですが(ダメじゃん)

あたしは、副作用も効果的に使うべく、通常の使用とは逆向きで手帳へセットし、GALAXY Tabの表面にサブポケットが来ないようにしています。…つまりサブポケットは下を向いてしまい、まったくの役立たずになり下がるわけですが…仕方あるまい。

あ、ファスナーポケットの防水性能は試していませんので、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブックマークスティッキーメモ。

本を読みながらとか、システム手帳を見ながらとっさのメモを取りたい時に便利。

普通の付箋紙パックと違い、メモブロック自体がブックマークとして機能できる点が売り。

ビジネス書読んでいてこれはと思うキーワードをメモっておくとか、技術書読んでいて気になる記述を見つけたときとか、手帳眺めながら唐突に全く関係ないこと思い出したときとか、そんな感じに便利。

まぁしかし、挟んでおくとメモブロックの分本が歪むので、読むとき、読んでいるとき一時的に本を閉じたときにページの端にひっかけておくとかいう手が有効かな。普段はシステム手帳のポケットに放り込んであるです。

包装部分に

「ポスト・イットノートを使用しています」「ポスト・イットは3M社の商標です」

さらには

「フセンを使い切った後はサイズの合うフセンをご購入いただきご使用ください」

うん、なかなか潔い態度ですな。

ちなみに、リアル店舗だと東急ハンズ横浜店にて購入できましたさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南会津町のマラソン大会。

…なんでしょうね、この「取ってつけた」というかむしろ「そこらからカブを抜いて付けたか」のような萌えキャラデザインは(笑)

Image1


南会津町ふるさと健康マラソン大会

最初桃かと思いきやなんぞ葉っぱがおかしくて、どーも特産品を見るにカブかな…と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の戦利品。

例大祭SPに行くはずが、何かに引き寄せられるかのように東京八重洲口の福島あんてなショップに行くあたし。

で。

Dsc_0023

漆塗りうさぎタンス!

ちなみに通販もやっておるようデス。通販があると教えてくれれば、店頭展示品を現品で奪い取るよーなことはしなかったんですがねぇ…(笑)

ちなみに姉が持っていきましたさ。お値段は13,650円。漆塗りなので高いとは思いませぬが。むしろこの値段でぶら下げられれば、そりゃぁ速攻で飛びつきますが。

通販サイトによるとこの鈴善漆器はほかにも色々とウサシリーズがあるようで…ふふ。

その他の購入品。

まずは、ももうさぎ。桃味のあんこが入った雪うさぎ風味デザインの饅頭でする。

Dsc_0037 Image

なによりこのパッケージが素晴らしいウサ。

後は、あかつき100%ジュースとモモ缶もといモモ瓶。

Dsc_0028

あかつきジュースはさすが桃100%だけあって、かなり濃い味が楽しめまする。最近のピーチネクターはどろり濃厚具合が足りん!とお嘆きの貴方に(誰)

ちなみにこの小瓶(確か300ml)で300円ですが何か。

1リットル瓶もあったのですが、開封後の保存ができなさそうなのと、そもそもこの小瓶で未開封ですらさほど賞味期限が長くないので、皆で飲むというのでなければ小瓶を複数買ったほうが良さ気と判断。

福島は桃に加えてなぜかうさぎグッズが豊富っぽくて色々危険ですなー。

あと写真撮ってませんが、うさぎのストラップ(こちらも現品を奪った)とうさぎ蒔絵の万年筆(こちらも現品を…)などと。こう書くと、なんぞあたしは店を荒らしてきたかのようだぜ…?

気が付くとお会計は2万を超過していましたとさ。例大祭どころぢゃねぇ…というか箪笥を手にした時点ですべてのターンは終わっていまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は人間ドックなのですが。

この暑さの中22時以降は水分取るななんて、熱中症万歳って感じなのですが…ぬぐぐ。

明日ちゃんと採尿できるんやろか…(汗)

取り敢えず標準コースのみなのでたぶん11時くらいには終わるし、、あとは1日休みをとってしまったので、終わったらどこ行こうかな…。

去年は山下公園前の馬車道で朝食兼昼食食べたんだけど、なくなっちゃったからなぁ…(悲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懲りずに福島行き計画など。

今回調べなおしたところ、当の福島県観光物産交流協会観光地の環境放射線モニタリング結果を公表してくれていたことに気づいた。あと、資料として福島県災害対策本部によるQA集もリンクしてある。

こういうのがあると、ともかくも判断の起点にはなるので良いことだと思うです。

QA集によると、子供向け基準は3.8マイクロシーベルト/時(P.11)とのこと。この数値でググるとScience portalでも取り上げられているので、まぁ一定の信ぴょう性はあるとしましょう。

で、かねてより検討していた(名前だけで選んだ)女神山・月宮神社周辺。

月宮神社は相変わらず資料が集まりません。どんなところやら…。

えー、まずはホットスポットと名高い霊山近くは3.5μSv/h。…おふぅ。

ちょっと福島市寄りの月見舘森林公園。1.7μSv/h。…まぁ一応は良しとするか?

ただし、福島市街周辺でも2.0とか1.9とかいう数値が残っており、やっぱ被っちゃったんですかね色々と、という具合。

んー、3.5クラスの霊山はさすがに"遊び"で行くのはどうか的な印象があるとして、2.0未満クラスは…うーむ。

9月連休に行こうと思うなら、そろそろ宿の手配が必要なんですがね。

あ。月宮神社の写真を発見

招きウサ…だと?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経産相大臣は。

真偽不明の一部に都合の良い真実が原因で、名前を覚える前に辞任か。

ま、どうもソースを握ってるところが黒幕らしいから、何やっても無駄だろうけどな。

結局のところ今の日本には真実も事実も無く、声の大きい人と声の大きさで無条件に信じ込む数の多い人たちが創り上げる虚構があるってことやね。

経済産業省は今回原発を握ってるところだし、経済回復の中心にもなるから予算もつくだろうし、色々と金色のお菓子が飛び交っているのかねぇ。

いま、そんなことやってる場合なの?原発は未だ終息せず、東北難民は途方に暮れたまま放置され、景気は最悪、予算ボロボロ、借金山積み。

年金なんて、あるわけない。未来は放射線で輝いている。

首相も大臣も始めたそばから足を引っ張って降ろしちゃうから、やれる人がどんどん居なくなる。てか、もう居ないんじゃない?最後に残るのはどーしよーもない雑魚ってことだな。雑魚過ぎて辞めさせることもできなくなるとか、そんな。

しかしなんで最近の「良識ある大衆」ってのは、「犯人探し」と「悪者捜し」と「責任とれやボケェ」的な展開が好きなんだろうな。たまには「よかった探し」でもやればいいのにさ。

自分たちこそが「犯人」で「悪者」で「責任を取るべき立場にいる」ってことを自覚しているから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メール便紛失事件の結末。最低だ…!

ファミリーマート青海フロンティア店では発送依頼とか公共料金支払いとかとにかく重要作業をするな!!←結論

昨日9月9日午前8時過ぎ、手始めにファミマに出向いた結果。

「店には残っていませんでした」

「こちらでクロネコヤマトに問い合わせて調べて折り返しお電話を…」

まー、店にないならクロネコヤマトへの問い合わせは自分でするわよ。伝言ゲームすることもないし。

で、いったん某所に行って機材を回収した後、適当な木陰でクロネコヤマトの連絡先を調べるべく再度配送状況の確認…したところ。

20110910_1_4

…発送されてるぢゃん。9月9日だけど。今日だけど!

で、誰が悪いの?素直に言いな?ファミマ?ファミマに出入りしているクロネコ?隠ぺい工作したのは誰?

ファミマが忘れていたっていうならその店は信用ならん。しかしその店担当のクロネコが忘れていたっていうなら、そんな担当業者が出入りしているその店はやっぱり信用ならん。

てか、一緒に手続きしたNTTの支払いは大丈夫なのか?

ちなみに、記憶によればメール便受付をしてくれた店員はその店の常連。バイトかどうかはしらないけどよく見かける人。もちろん、今回対応してくれた人は確か店長。電話に出た人もたぶん別の常連の人。そこらのバイト君がてきとーにやったわけでは、無い。だからなお、たちが悪い。

観光客も来るけど、あの店はビジネスマン相手が主だろうによ。そんなことで大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週明けが人間ドックなので。

母がカルボナーラを作ってくれました。

賞味期限を1.5年超過した2009年冷凍ものです。レアです。滅多に喰えません。

…死ぬがな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのれヤマトめ…!

クロネコヤマトもしくはファミリーマートがメール便を紛失したご様子?

なんで半月以上前の伝票番号が未だ未登録なんだよ…(-_-#

取り敢えず明日は早朝ファミマ強襲だぜー。7時以降なら責任者がいるのはさっき電話して確認したっ

取っててよかった伝票&レシート!

明日は早朝からテンション上げていくぜーっ そして昼前には落ちそうだぜ?(おぃ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

NHK:細野大臣 最終処分場は県外で

んー、なぜにわざわざ汚染区域を増やさなけりゃいけないの?

「福島の人がかわいそうぢゃなイカっ!!」とでも?それとこれとは別。だったら水疱瘡にかかって学校に来れなくなった奴はかわいそうぢゃないのか。鳥インフルエンザにかかって大量虐殺された鶏はかわいそうぢゃないのか。

県内に作っても県外に作っても、福島第一&第二原発の周辺区域は短くて十年単位で使い物にならないでしょう。もう避難とか帰れなくてかわいそうとか、そんなレベルは超えておるのです。

置き場所がないから県外"にも"つくるならわかりますが、まず作るならば福島原発敷地内でしょうな。

どうしても県外移転したいならば、国会議事堂東京電力本社首相官邸だろう。そこしか無い。

福島の痛みを分かち合うっていうならば、まずは確実に信頼がおける放射線汚染マップを開示して、「がんがん観光に行くべきところ」と「本気でヤバいから行っちゃダメなところ」をわかるようにして欲しいところ。

中途半端に気を使うからいけない。二兎を追うものは一途を萌えず。うさぎ年なだけに。

…ちげーよ「二兎を追うものは一兎をも得ず」だよ。どんな誤変換だよ(汗)

細野大臣 最終処分場は県外で NHK福島放送局

原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや土壌の最終処分場について細野環境大臣は4日の会見で「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」と述べ、福島県以外に設けたいという考えを示しました。

これは4日行われた就任会見で、細野環境大臣が明らかにしました。原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや放射性物質を取り除く除染作業で出た土壌などの処分をめぐっては、先月、菅前総理大臣が福島県の佐藤知事に対し、一時的に管理する中間貯蔵施設を県内に整備する方向で検討していることやその施設を最終処分場にすることは考えていないという意向を伝えています。

(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふとTwitterで拾った下絵を塗り始めたものの。

キャラを知らなかったので髪の色がわからなくて筆が止まるなど。あと、現TINAMIのプロフィール周りが未だに使い方で悩むんですが(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eye-fiデータの受け皿。

色々と考えた結果、衝動的に解決を図るなど。

結論として、受け皿は自宅デスクトップにしましたよ。

  1. カメラからはWiMAXなり適当な無線LANなりで送り出す。
  2. 必要に応じて自宅PCをWakeOnLANでたたき起こす。なお、出先では自宅LinuxサーバにSSHログインしてそこからたたき起こす。
  3. 光ファイバーでさくさくと受信。
  4. さらに光ファイバーでSugarSyncにざくざくと保存。
  5. 出先でMacbook AirなりGALAXY TabなりをSugarSyncに繋いで画像なりほかの場所に再アップロードなりお好きにどうぞ的な。
  6. 用が済んだら自宅PCはコマンドラインのshutdown /sで黙らせる。

結局ですな。

Macbook AirもGALAXY Tabも中身がシリコンメディアなので、あんまり書き込みたくないという感覚があるです。もちろん、そのためにMacbook AirはSSDがAppleCare protection対象になっている(…よね?)ことをきっちり確認したわけですが。

あと、GALAXY TabについてはEye-fiがSDカードにデータ保存しないという説(あたし含む)と、いやいやEye-fiはSDカードにちゃんと保存するよという説がどーもかみ合わなくて謎だったのだけど、最近になってようやく、「世間一般にAndroidのSDカードマウントは/mnt/sdcard/、GALAXY TabとかSとかは/mnt/sdcard/extarnal_sd/」らしい、という事実に気づきましたさ。

つまり、GALAXY Tab側がおかしいのであって、これではEye-fiが対応することはないだろう、と(GALAXY Tabのファームアップデートするとこの辺変わるのかな…?)。

まー、この方法を取ると無線WANが使えないところだと写真をカメラ外に出せないのがアレですので、一応Macbook AirにもGALAXY TabにもEye-fiのソフトをインストールしてありますがね。

しかし、ここへ来て肝心のEye-fiカードが自宅PCでもMacbook Airでも認識しない、という壮絶な問題が発生しておるのですが(汗)

元々の母艦であるVAIO Zはなぜかちゃんと認識していて、カード側のファームもアップデートしたのですがね。

Windows 7の自宅PCはカードが熱くなるまで必死に読んだあげくに降参し、Macbook Airはフォーマットしようとする始末。

うぅーむ、データを全部取り出した後でフォーマットしないとダメかね…?(汗)

…。

ここまで書き上げて、文章を見直していて気付いた。

自宅LinuxサーバでEye-fiデータを受信させれば良いのではないかと!

調べてみると、どうも動くEye-fi サーバがある、というような情報が。そのものの記事ではないので、リンクはまだ張らないけど。

てか、LinuxでEye-fiデータ受信できるなら、それ自宅サーバに置く必要ないじゃん。VPSに立ち上げておけば良いぢゃん?

うぅむ、このあたりもっと調べるか…。

#2011.09.04 深夜に追記:

寝ようとして毒電波を受信。Mac miniをサーバとして導入すれば良いぢゃない、と(爆)

…いいのかなぁ、こんなオチで。

#2011.09.10追記

ふと思い立ってEye-fi付属の専用カードリーダーを持ち出してみたところ、新・母艦PCのデスクトップではあっさりと認識。

機材との相性が悪かったのか、はたまたその日の気分が悪かったのか…。まぁなんにしても解決としよう。

あと、Eye-fiって「オンラインサービス」として独自のFTPサーバが選択できるのね。自分のサイトに自作のギャラリーシステム作ってそこ転送…とかも面白そう。プログラマ的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)