« 最近のPixiv騒動について。 | トップページ | リモートデスクトップとWakeOnLanツールをMacbook Airに導入。 »

ソニー、AC100Vコンセント6口を装備したリチウムイオン蓄電池

3月の震災(というかその後の電力不足)以来、この手の大型蓄電池が大/小・民間/業務色々と出ているのだけど。

ソニー、AC100Vコンセント6口を装備したリチウムイオン蓄電池 Impress 家電Watch

こういうものを設置するとした場合、各家庭/企業内で各々が必要な分を運用するのと、電力会社等の送電元でまとめて運用するの、どちらが効率が良いんだろう?

回路内の避けられない電力損失とか、発熱対策とか、地域全体での電力の偏り防止という方向で考えると、個別運用よりも一括・大規模運用のほうが良さそうな気がするのだけど。

電力会社のやらせとかデータ詐称とかは脇に置いておくとして。

この夏の問題は電力の総供給量が足りないのが原因なので、その対策として家庭内で自分用の電力を確保して安心していても、隣の病院では電力確保に失敗して人が死んでいるかもしれないわけよ。だったら、一般家庭と病院両方をまとめた単位で大型電池を置いて、どちらに優先的に配分するかを制御したほうが社会全体として有益。

あと、リチウムイオンとか全部希少金属だし発火の危険があるしきちんとメンテしないと寿命縮まるし、どうせ運用するなら「必要なところ」にきちんとまとめたほうが良いはず。

これの一種の「アリとキリギリス」か。

問題は、「必要なところ」を吟味して「優先的に配分を決定して」運用すべき団体が、現時点でどこも信用できない、というところだけどねー。これも一種の社会主義というか全体主義というか、その方向性だし(あたし現代史苦手なのでそこは突っ込むな)。

そういえばこの手の大型蓄電池、寿命が来たらどうやって廃棄するんだろ?特に家庭向けのほう。重たいうえに結構面倒くさそうな気配。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/52430807

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー、AC100Vコンセント6口を装備したリチウムイオン蓄電池:

コメント

コメントを書く