« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

Eye-fi X2 Pro.をP7000に導入。

やっぱりいちいちカメラカバーを外すのが億劫であり。ServersMan@SDカードは待っていられず。ここは基本に則り、Eye-fiに手を出すことにしました。

購入したのはEye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G 。RAW画像転送までは要らないだろう…と迷ったのですが、アドホックモードが使いたかったので。

今つかっているSDHCがClass 10の8GB、P7000のRAW+JPGモードはこれですら遅いので、遅延が少し気になりますけどね…。

で、購入後セットアップを開始したのですが、ちょっとGoogle師匠に聞くといろいろ出てくる通り、意外な難物の模様。まぁ大体同じ道をたどったわけですがね。

一番素直に繋がったのはBic WiMAXルータ。公衆無線LANは取り敢えず使える位置にも、使う相手も無かったので試していませんが、このあたりの使用を前提としている節があります。

  • 自宅の家庭内無線ルータが意外と苦戦。何度やっても繋がらず、ログを見ると接続後即rejectされているよーな、しているよーな気配。先達の足跡を見ると、どうもルータ側のセキュリティを全廃しなきゃだめだ!みたいな記事で絶望。
    したのですが、先ほど改めて試したらあっさり接続。えぇと、同じ無線LANに接続しているノートPCからセットアップしたのがいけないのでしょうか(汗)
  • 最難関、アドホックモード。直結なんだから簡単だろうと思ったのですが…。
    • 母艦PC側にアドホックモードの設定追加が必要。これはEye-fiのサポートページにやり方も出ています。逆に言うと紙のマニュアルとか添付の電子マニュアルとかには記述無い、てか添付マニュアルとか無い。
    • 母艦PC側をアドホックモードにすると、母艦PCの無線LANは切断されます。当然ですが。切り替えは手動…というか自動に出来たとしても、Eye-fiが近づいたとたんInternetを切断されたらたまったものではないな。
    • 一番アレなのが、アドホックモードではWEP暗号モードしか使えない。PC側の設定に他の暗号方式が出てくるので、「アドホック=WEPのみ」では無いと思うのだけど…。他のルータなどはWPAとか使えます。
    • そもそもあたしのVAIO Z、無線LANとWiMAXが切り替え式なので2段階切り替えという非常に面倒なことになるんだよ…。

アドホックモードの設定はしましたが、どうも一度外の回線を通したほうが楽そうですな…。

しかし、差し込んだとたんインストーラが起動し、インストールするといきなり新規アカウント登録画面に入り、その間アカウントがどういうものか、何をインストールするのかが説明不足。

パッケージをよく見ると小さく「動作には専用ソフトのインストールおよび無料ユーザ登録が必要になります」という記述。…あたしまずマニュアルを熟読しちゃった(読むほどのことが書いていないが)ので、パッケージの記述読み落としましたわ…。

PCが起動していなくてもEye-fiサーバにデータを一時預かりする機能とかもありますが、そもそもEye-fiサーバとは何なのか…結局公式サポートサイトを更にキーワード検索して、辛うじて「容量無制限で、無料サービスなら7日間、プレミアムサービスなら無期限でEye-Fiサーバ上に画像を保存する事ができます。」…っていうのが仕様なんだな、と分かった程度…。むむむ、信用していいのか?

プレミアム会員とやらは月額480円なので、だったら他のオンラインサービスに転送してPCには送らない、とかやったほうが幸せ?ServersMan@SDカードがServersMan@VPSの方と連携できるなら、そっちのほうが安心感あるかなぁ。

あと、パッケージ絵もだまし絵。外から見えるのは単なるシール、箱を開けるとUSBカードリーダに刺さった本物。…カードリーダ要らないのでパッケージ小さくして安くしてください…。

まぁなにはともあれ一通りのセットアップが完了したようなので、今日色々撮ってみるかねぇ。

あ、P7000は文句ひとつ言わず、引っかかりもせず、Eye-fiを受け入れてくれましたさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Serversman@VPS (debian) にJava開発環境を構築

検証用に。

しかし最近はServersManサーバとしても使うようになっているので、リセットボタンが手軽に押せなくなっています。そろそろもう一台契約するか、ファイルサーバかサンドボックスサーバのどちらかを、用途に合った別サービスに移すことを考えるべきかも。

オチ:

Javaを満足に動かすには今のエントリープランではメモリが貧弱らしい、ということに落ち着きましたとさ。次回は他社も含めたVPS検討。どっとはらい。

方針:

  • できるだけOSパッケージをそのまま使う。
  • あまりみょんな事はしない。
  • 当面の用途はSpringフレームワークとApache Winkの検証用。お仕事目的だけど、帰宅後に思いついたことがあったとき、試す環境が無いので。お仕事サーバは乗っけないよ。そもそもディスクが大幅に足らんし。

導入作業:

まずSun JDKを導入。以下のDebianパッケージ。

  • sun-java6-jdk
  • sun-java6-doc
  • sun-java6-javadb (当面不要だけどなんとなく)

依存関係補正後;

以下の特別パッケージがインストールされます:
  avahi-daemon dbus dbus-x11 gsfonts-x11 java-common libasound2 libavahi-common-data
  libavahi-common3 libavahi-core5 libdaemon0 libdbus-1-3 libnss-mdns libxtst6
  sun-java6-bin sun-java6-jre
提案パッケージ:
  avahi-autoipd equivs libasound2-plugins binfmt-support sun-java6-demo sun-java6-source
  sun-java6-plugin ia32-sun-java6-plugin sun-java6-fonts ttf-baekmuk ttf-unfonts
  ttf-unfonts-core ttf-kochi-gothic ttf-sazanami-gothic ttf-kochi-mincho
  ttf-sazanami-mincho ttf-arphic-uming
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  avahi-daemon dbus dbus-x11 gsfonts-x11 java-common libasound2 libavahi-common-data
  libavahi-common3 libavahi-core5 libdaemon0 libdbus-1-3 libnss-mdns libxtst6
  sun-java6-bin sun-java6-doc sun-java6-javadb sun-java6-jdk sun-java6-jre
アップグレード: 0 個、新規インストール: 18 個、削除: 0 個、保留: 23 個。
67.6MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 198MB のディスク容量が消費されます。

…と思ったんだがなんぞjavadocは面倒なことを言い出したので中止した。

ということで入りましたよ。

$ java -version
java version "1.6.0_22"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_22-b04)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 17.1-b03, mixed mode)
$ javac -version
javac 1.6.0_22

Tomcatの導入。以下のDebianパッケージ。

  • tomcat5.5

依存関係補正後;

以下の特別パッケージがインストールされます:
  ant ant-gcj ant-optional ant-optional-gcj gcj-4.3-base jsvc libbcel-java
  libcommons-beanutils-java libcommons-collections-java libcommons-collections3-java
  libcommons-daemon-java libcommons-dbcp-java libcommons-digester-java
  libcommons-el-java libcommons-launcher-java libcommons-logging-java
  libcommons-modeler-java libcommons-pool-java libecj-java libecj-java-gcj libgcj-bc
  libgcj-common libgcj9-0 libgcj9-0-awt libgcj9-jar libjaxp1.3-java libjaxp1.3-java-gcj
  liblog4j1.2-java liblog4j1.2-java-gcj libmx4j-java libregexp-java libservlet2.3-java
  libservlet2.4-java libtomcat5.5-java libxerces2-java libxerces2-java-gcj
提案パッケージ:
  ant-doc libbsf-java liboro-java libxalan2-java junit jython antlr libjdepend-java
  libgnumail-java libxml-commons-resolver1.1-java libcommons-net-java libjsch-java
  javacc libbcel-java-doc libcommons-beanutils-java-doc libcommons-collections3-java-doc
  libavalon-framework-java liblogkit-java classpath-doc ecj libgcj9-dbg
  libservlet2.4-java-gcj libxerces2-java-doc libapache2-mod-jk tomcat5.5-webapps
  tomcat5.5-admin
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  ant ant-gcj ant-optional ant-optional-gcj gcj-4.3-base jsvc libbcel-java
  libcommons-beanutils-java libcommons-collections-java libcommons-collections3-java
  libcommons-daemon-java libcommons-dbcp-java libcommons-digester-java
  libcommons-el-java libcommons-launcher-java libcommons-logging-java
  libcommons-modeler-java libcommons-pool-java libecj-java libecj-java-gcj libgcj-bc
  libgcj-common libgcj9-0 libgcj9-0-awt libgcj9-jar libjaxp1.3-java libjaxp1.3-java-gcj
  liblog4j1.2-java liblog4j1.2-java-gcj libmx4j-java libregexp-java libservlet2.3-java
  libservlet2.4-java libtomcat5.5-java libxerces2-java libxerces2-java-gcj tomcat5.5
アップグレード: 0 個、新規インストール: 37 個、削除: 0 個、保留: 23 個。
1 個のパッケージが完全にインストールまたは削除されていません。
38.5MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 93.9MB のディスク容量が消費されます。

またもsun-java6-docが入ろうとした。

maven2の導入。以下のDebianパッケージ。

  • maven2

依存関係補正後。

以下の特別パッケージがインストールされます:
  antlr libantlr-java libantlr-java-gcj libclassworlds-java libcommons-cli-java
  libcommons-codec-java libcommons-httpclient-java libcommons-lang-java
  libcommons-net-java libcommons-openpgp-java libdoxia-java libganymed-ssh2-java
  libjdom0-java libjsch-java libjtidy-java liblogkit-java liboro-java
  libplexus-classworlds-java libplexus-component-api-java
  libplexus-container-default-java libplexus-interactivity-api-java libplexus-utils-java
  libplexus-velocity-java libslide-webdavclient-java libwagon-java libwerken.xpath-java
  libxalan2-java libxalan2-java-gcj velocity
提案パッケージ:
  libclassworlds-java-doc libcommons-httpclient-java-doc libcommons-openpgp-java-doc
  libdoxia-java-doc libjtidy-java-doc libgnumail-java libplexus-classworlds-java-doc
  libplexus-component-api-java-doc libplexus-container-default-java-doc
  libplexus-interactivity-api-java-doc libplexus-utils-java-doc
  libplexus-velocity-java-doc libwagon-java-doc libxalan2-java-doc libbsf-java
  libxsltc-java velocity-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  antlr libantlr-java libantlr-java-gcj libclassworlds-java libcommons-cli-java
  libcommons-codec-java libcommons-httpclient-java libcommons-lang-java
  libcommons-net-java libcommons-openpgp-java libdoxia-java libganymed-ssh2-java
  libjdom0-java libjsch-java libjtidy-java liblogkit-java liboro-java
  libplexus-classworlds-java libplexus-component-api-java
  libplexus-container-default-java libplexus-interactivity-api-java libplexus-utils-java
  libplexus-velocity-java libslide-webdavclient-java libwagon-java libwerken.xpath-java
  libxalan2-java libxalan2-java-gcj maven2 velocity
アップグレード: 0 個、新規インストール: 30 個、削除: 0 個、保留: 23 個。
1 個のパッケージが完全にインストールまたは削除されていません。
12.9MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 41.3MB のディスク容量が消費されます。

JAVAHOMEをセットしないとmaven2は動かない。javaコマンド自体は/usr/bin/にあるけど、こいつはalternativesで管理されているのでJAVA_HOMEは別の場所。

$ /usr/sbin/update-alternatives --list java

/usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java

$ export JAVA_HOME="/usr/lib/jvm/java-6-sun/"

あとでちゃんと.bashrcとかも変えよう。

…mvn --versionですら、heapが足らんと文句を言うので、

export MAVEN_OPTS=-Xmx64m

も追加実行したところ動くように。よく見るとjavaでも同じ現象。ServersMan@VPSのEntryプランだと、Javaはきついか?

その後、createを走らせようとしたところで致命的な自体に。-Xmxを100mまで変えてみたところ、指定値が確保できるメモリ量より大きくなりすぎて失敗するか、Maven2のほうが指定値より多くのメモリを要求して失敗するかの2パターンに収束。ダメっぽいデス。

OS的には、150MB程度まではメモリ残っていたようではあるのですが…。

Entryプランだと保障256MB、最大512MBなので、タイミングを選べばもう少し動く可能性はあり。ただ、Javaは元々メモリ喰いなので、「運が良ければ512MB環境になって動く」ではNG。となると、最低限次レベルのStandard、保障512MBの世界が必要…。

この価格帯になると他社のVPSサービスも視野に入ってくるので、一度全体的な調査・検討が必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GALAXY Tabとそのカバー。

GALAXY Tab自体は、昨年11月末に購入。発売とほぼ同時。

理由は、電子書籍(というかPDF)を読むためのスレート型端末が欲しく、しかしiPadは大きすぎて躊躇していたところだったので。

お値段的には即金で行けたのですが、まぁせっかくなのでというか、店員さんが馴染の人であまり迷惑なこと言いたくなかったので、素直に端末購入サポート適用。ま、1万5千円なのは分かっているので、あらかじめ用意しておけば解約とか機種変更時に損した気分にもならんし。

DoCoMo携帯電話は2台持ちしているので、今回はサブのほうを機種変更。メインは未だSH906iです…。

PDFリーダーとしてはちょうど良く、昨年の分子生物学会では大活躍…というか神戸までプログラム集を持って行きたくない!というのが購入理由と言う噂も。あと、ノートPC開く率が減った。ちょっとしたWeb参照と物書きならコイツで十分。

悩みの種はアクセサリーの少なさ。

やはりこの大きさはマイナーらしく、カバーも良いのがありません。購入と同時に本体裏側をカバーするメタルカバーと液晶保護シートは導入したのですが、やはり液晶面の保護がほしい。

まず使ったのが、無印良品のジーンズのラベル素材で作った 丸留め付き封筒・小 。サイズ的に横幅と厚みはぴったり、立て幅は惜しくも少し余るものの、材質的に折り曲げることが可能なのでまぁ良し、と。

敢えて手間のかかる丸留め式なのと、封筒から出すのがちょっとMacBook Airっぽい気が…しないな(笑)

まぁそこそこ良かったものの、やはり紙製品ゆえ汚れます。引き続き物色していたところで、本日からコクヨのカバーノートを試してみることにしました。

特徴としては、内部にA5ノートが2冊はさめること、表側にポケット(色が変わる部分)があり、ペンなどがはさめること、てなところ。購入時ノートが1冊付いています。

で、GALAXY Tabは外側ポケットに入れることにしました。

Dscn0106

メタルカバーを付けると収まりが悪くなるので、外しています。あと、せっかくなので液晶を内側に。この入れ方だと今度はカメラが危険にさらされますが、まぁ2択ですわな。

これで収まるのですが、やはり厚み的にギリギリなので、同じ側にノートを入れることができません。入るかもしれないけど辛い。あと、カバーに入れたままノートを使おうとした場合、蓋の側(本で言うと表1)にGALAXY Tabを入れると、重心がヤバいというかそのままポケットから滑り落ちた日には泣くしかない状況になります。

結論として、ノートは蓋の側に、GALAXY Tabは底側(本で言うと表4)に。ちなみに写真は裏返した状態で撮影。ノートの使い方が少し変則的になりますが、そんなに使いにくい、ということはなさそう。ま、元々両側にノートを挟めるのがウリだからね…。

で、次の問題はそのノートでした。付属品はコクヨ純正の糊留め式A罫40枚ノートですが、このタイプ180°見開き展開が苦手なのですな。折り目付けちゃえば良いのですが、それでも反発してくるので少し辛い。ただでさえGALAXY Tabでギリギリ状態なので、ちょっと使いにくい状態でした。

解決策として、無印良品の植林木ペーパー 組み合わせて使えるノート A5・32枚・無地 を導入。少し薄くなるのと、中綴じ式で開きやすくなりました。本当はダブルリングとか理想なのですが、入れてみたところリング部が引っかかってしまい、カバーが閉じなくなりました…(汗)

さらに余ったポケット(蓋側)にマインドマップ用のカラーペンも入れ、後はしばらく様子見デス。

ちなみにマインドマップ用のペンは、TooのCOPiC MULTI LINER SP。本来画材なので高めの1本500円ですが、色数が多い、ペン先、インクともに交換可能、ペン先も太さ色々、なにより行きつけの画材屋で買えるところがポイントですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon COOLPix P7000。

買ったのは昨年11月ですが。

購入はビックカメラ横浜にて。キャンペーン特価中のアクセサリーキットを店員が見つけられず、その後ヨドバシカメラ横浜にてアクセサリーキットのみ購入。ちなみにカメラ本体をビックで買う前、ヨドバシまで値段確認に行っている…(ビック→ヨドバシ→後日ヨドバシ)。

今回はミラーレス一眼がかなり安くなってきたので、気軽に持ち歩く軽量一眼として購入したい、しかしやっぱりコレかさばるんぢゃね?てか一眼なのにファインダー無いのってやっぱり残念ぢゃね?とか躊躇して、NikonのCOOLPix S8100あたりにしよーかーなー、と物色中だったのですよ。

そこでふと横を見たときにP7000を見つけてしまい。

  • 価格帯は型落ちミラーレス一眼クラス。OK!
  • メーカーはNikon。元々コンパクトデジカメはメーカーにこだわらないけど、どうせなら一眼と同じメーカーに。OK!
  • CCDがでっかい1/1.7型。一眼レフ並みとは言わんが、結構近いところに。OK!
  • 光学ファインダー付いてる。ちゃんとレンズ稼働に合わせてズームする。OK!
  • みょんにメカメカしい外観。OK!

…という感じでこちらに決定。お値段は48,800円。

一緒に買ったアクセサリーキット「P7000アンティークキット」は、専用革カバーと外付け光学ファインダー。限定で約1万。なんで6千円のカバーと2.5万のファインダーがセットで1万に化けるのかが意味不明ですがっ

普段専用ケースとかは買わないのですが、こいつは普通のコンパクトデジカメよりちょっと大きいため、汎用ケースが合わないのです。とはいえむき出しで鞄に入れるわけにもいかないので、専用カバーに手を出したと。

使い勝手:

基本は悪くないです。が、未だ機能の大半は使いこなせていません…(汗) 良いんです、機械なんてものは自分の使いたい機能だけ使えば。マニュアル撮影とかかなり強力で、たぶん一眼レフ並みの細かい設定できそうな感はあるのですが。

スペック上は画素数10メガピクセルなのですが、FINE+RAWデータにすると、class 10のSDHC使っても書き込み遅いです。連写ができない。RAW要るかと言われると、使ったことないんだけどね…(てか、ソフトがない)。

レンズとかの反応は良し。光学ファインダーを使うかと言うと、サイズが小さいこともあってやっぱり液晶使っちゃいますが。

アクセサリー。

外付け光学ファインダーは試しに付けてみて覗いてみて、そのまま箱に戻りました(笑)

革カバーは、雰囲気は良いものの構造に難あり。

装着は三脚用の穴にねじ止め(カバー側にも三脚用ねじ穴がある)のですが、カバーを付けるとバッテリー、SDスロットはもちろん、HDMIコネクタ、USBコネクタにもアクセスできなくなります。写真を撮ってPCなりに移そうとすると、カバーを全部外さないと何もできません。Eye-fi導入しようか検討中です…。

カバー自体は、昔のカメラ風味たっぷり。本体に付ける部分+液晶やレンズ等を保護する部分の2枚構造で、2つはボタン3か所で留めます。うち1つのボタンを外すと、カバーを180°回転させて(下にぶら下がる)カメラが使えるようになります。…本当は3か所全部外すものかもしれないけど(汗)

えー。レンズは電源をOffにすれば自動で本体に収まるのですが、通常撮影時に外すボタンの金具が、ちょうどレンズ真上を通過するんですよね…。何かの拍子にレンズが出たままカバーを剥いたりすると、レンズにボタン金具が当たりそうでちょっと怖い…。

メカメカしい外観もなんとなく昔のフィルムカメラを連想するので、革カバーは中高年~30代くらいまでの昔を懐かしみたい人向けかも。あたしは実用目的ですがっ

その他、D60用に購入したリモコンキットが、偶然こいつにも使えることが判明。これは僥倖です。

ちなみに、古いコンパクトデジカメは母のもとに向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK第1話。

んー、グレヴィールがキモチワルくて素敵☆(待て)。

もとい。

1話で事件の導入~解決までやってしまうのはちょっと短いかとも思ったけど、テンポよく進むと言う意味ではあれで良いのかも。

しかし、ヴィクトリカの発言は映像化するとかなり残念な女の子になっていますわね…(汗)

声は結構良い気がします。しかしあれですか、ヴィクトリカ予告編ではっちゃけるのが基本スタイルになるんですか?(汗)

たぶん映像化は無理だろーなーと思っていた「未成年の喫煙」は、ちゃんとヴィクトリカが煙草パイプを咥えるシーンが合ったのでちょっと意外。さすがに火は点いていないけど。…大丈夫?東京都来ちゃうよ?

ま、煙草パイプ無いと後々エピソードが困りそうだけどね。九城君のおみやげとかね。

このクォリティがこのまま続いてくれるなら、ばっちりDVD or BlueRay購入ですな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@ryu2net さんのクラウドHACKS!読了。

この人の本はたまに集中して読むといい刺激になる。

ノマドワークスタイルは憧れるところではあるけど、うちの会社では絶対無理、今の出向先では導入方法によってはかなり可能、といったところだわな。なんだこの両極端。だからあたし、自社に居たくないと感じてしまうんだよな…。

ま、このワークスタイルを実践するにはいわゆる大手企業的なところには居られないので、その分のリスクを自分で背負うことになるけどね。リスクを背負う勇気があるかどうか、今それを背負うべきか、といったところか…。

以下、いくつか気になったところ、気に入ったところをメモ。

P42。「このハックシリーズもぜひ、電子化して持ち歩いてもらえるとうれしいです。」:

えぇ、持ち歩きたいので電子版出してくださいよ、まじで。

P51あたり。マインドマップ的ツール。あとで一通りチェックしてみよう:

  • MindManager
  • FreeMind (使用中)
  • iMindMap
  • mindmeister

P52。書籍管理に「メディアマーカー」。バーコードリーダーは買わなくても、最近は携帯電話で読み取れるやね。

P110。クリップで作れるiPhoneスタンド。大きさを工夫すればGALAXY Tabでもいけるか?

P135。「ワカモノ・ヨソモノ・バカモノ」いいなぁこの分類。

その他、割とどーでもいい、文章として気になったところ。

  • P53 後ろ3行 ブクログの「デザイン的にきれないサイト」→「きれいなサイト」?
  • P217 文頭3行 ここだけ(?)言い切り型になってる。他にあったかわからないけど、この手の違いは結構気になるタイプなんでここだけかな?
【送料無料】クラウドHACKS!

【送料無料】クラウドHACKS!

価格:1,575円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)