« あぁ、携帯からHTMLメール送ると、ちゃんとHTMLとして反映されるんだー。 | トップページ | 2010/05/29 の Twitter ログ »

児童ポルノフィルタリストをつくるおしごと。

ここ最近になって、インターネット向けの児童ポルノフィルタリングが本格始動しましたねぇ。ま、判定が公正で対象が実在青少年のみだというのであれば、別に反対はしないのですが。

…有効性にはかなーり疑問があるが、ね。結局地下に潜らせるだけのオチにならなければ良いのだけど。

で、そのフィルタリストをつくるお仕事をする人について、ちょっと思いを巡らせてみたのです。

お仕事的には「日々児童ポルノとおもわれるコンテンツを精査し、判定を下す」ということだと思うのですが。

「んー、これは児童に見えるけど実は成人だね。フィルタ対象外っと。」

「えー、これは身体的特徴からして明らかに児童だ。遮断遮断。」

…みたいな?いったい何を見て判断するのかがかなり不明ですが。性器の発達状況でも見るのかしら???
大人がコドモのふりをしているシチュAVは、割と簡単に判断付くとは思うけど。演技わざとらし過ぎるので。

それはともかく、人間は児童ポルノを見続けると、どのくらいで"堕ちる"のかなぁ、と。

人類として本来の生殖期間は10代前半(第2次性徴時期=生殖可能時期ですから)だと思うし、とすれば本能的には10代の性的アピールに反応するのは有りかと。普通は理性でほぼ無意識に押さえるのでしょうが。

その前提で考えると、児童ポルノをずーっと見続けると、ノーマル性癖だと思っている人でも"堕ちる"んぢゃないかなぁ…という心配が。

今までにも散発的に、「番組のあとで警察官やら補導員やらがおいしくいただきました」という事件は起きているけど、これって統計とっているのかしら?例えば、援助交際の補導に携わっている人が、数年以内にそちらの趣味に目覚める(実行に移さないひとも含めて)確率、とか。

対策は…。えー、定期的に「妥当な年齢層の異性」との性行為をあっせんする…でしょうか?(汗)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/48485384

この記事へのトラックバック一覧です: 児童ポルノフィルタリストをつくるおしごと。:

コメント

コメントを書く