« ダメかも…? | トップページ | ありゃ、ServerMan@VPSが落ちてる…? »

ServersMan@VPSの環境構築#3。

rubyの状態を確認したところ、どうもビルド時点で色々とライブラリが足りていなかったことが判明。要るモノをチェックして、ビルドし直し(や、個別にビルドできるのは調べてわかったんだけど、面倒なので)。

rubyビルド環境のext/にあるモノを調べる。以下のスクリプトでライブラリを叩いてみて、LoadErrorになったら足りないぞ、ということで。

$ cat Setup |perl -ne 'next if $_ =~ /#option /;next if $_ =~ /#Win32API/;next if $_ =~ /^$/;$name = substr($_, 1);print $name."\n";system( "ruby -r $name" );'|grep LoadError

この時点でzlib-devel、openssl-develまでは入れていたので、足りないとわかったのは以下。各々内容を確認して、入れるかどうか決める。

  • curses
    …端末操作ライブラリらしい。面白そうだから入れる。yumで指定するときは、ncursesになるので注意。
  • dbm
  • gdbm
    …dbmかgdbmのどちらか片方あれば良さ気。gdbmを入れる。
  • readline
    …入れる。
  • tcltklib
  • tk
    この2つはGUI系なので、入れない。
  • あとWin系のが1つ混じってたけどそれは見なかった方向で。

yumで各々の実行ランタイム(?)の有無をチェック後、develをインストール。

Dependencies Resolved

==========================================================================================
Package                    Arch           Version                   Repository      Size
==========================================================================================
Installing:
gdbm-devel                 i386           1.8.0-26.2.1              base            36 k
ncurses-devel              i386           5.5-24.20060715           base           1.6 M
readline-devel             i386           5.1-3.el5                 base           146 k
Installing for dependencies:
libtermcap-devel           i386           2.0.8-46.1                base            56 k

Transaction Summary
==========================================================================================
Install      4 Package(s)
Update       0 Package(s)
Remove       0 Package(s)

で、rubyをもう一度configureしてmakeしてmake test。

そしてrubyのパッケージづくりとインストール。

$ sudo /usr/local/sbin/checkinstall --fstrans=no

なんか、ファイルコピーがみょんに時間かかるわね…。

念のため、できたRPMの内容をチェック。

$ rpm -qp --list /usr/src/redhat/RPMS/i386/ruby-1.8.7_p249-1.i386.rpm

大丈夫そうなので、インストール。

$ sudo rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/ruby-1.8.7_p249-1.i386.rpm

確認。
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2010-01-10 patchlevel 249) [i686-linux]
$ which ruby
/usr/bin/ruby

あと、省略するけどライブラリ類の有無も、必要分を調べたときと同じスクリプトでチェック。

よしよし。次はgemsを入れて、いよいよRuby on Railsの導入へ。

RubyForgeでRubyGemsの最新版を取得。

$ sudo ruby setup.rb
RubyGems installed the following executables:
        /usr/bin/gem

$ which gem
/usr/bin/gem
$ gem -v
1.3.6
$ gem list

*** LOCAL GEMS ***

で、Railsをいよいよ入れるですよ。

$ sudo gem install rails

Successfully installed rake-0.8.7
Successfully installed activesupport-2.3.5
Successfully installed activerecord-2.3.5
Successfully installed rack-1.0.1
Successfully installed actionpack-2.3.5
Successfully installed actionmailer-2.3.5
Successfully installed activeresource-2.3.5
Successfully installed rails-2.3.5
8 gems installed

$ rails -v
Rails 2.3.5

$ rails testapp
$ cd testapp/
$ script/server --port=2222
=> Booting WEBrick
=> Rails 2.3.5 application starting on http://0.0.0.0:2222
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server
[2010-04-20 23:57:02] INFO  WEBrick 1.3.1
[2010-04-20 23:57:02] INFO  ruby 1.8.7 (2010-01-10) [i686-linux]
[2010-04-20 23:57:02] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=9320 port=2222

動いた…かな?

http://183.181.170.141:2222/へアクセス。

画面は出たんだけど…"About your application’s environment"クリックしたら、sqlite3アダプタが入っていなくてエラーに。ま、これは仕方ないやね。

調べてみるとそもそもyumでsqlite-develが入っていないと言うオチがつき、面倒なので一応終わったことにする。

あ、21日の2:00からメンテやるみたい。一応screenは落としておこう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/48118432

この記事へのトラックバック一覧です: ServersMan@VPSの環境構築#3。:

コメント

コメントを書く