« コミケSPプラン。 | トップページ | ヤフオク出品中:SATA→IDE変換コネクタ。 »

Illust Studioで解像度がかなり違う絵を拡大・縮小するとき。

実際には拡大は未確認。まぁたぶん同じ手が使えるでせぅ。ベクター機能良いなぁ。

  1. サイズ変更するほうのレイヤを、[レイヤー(L)]→[レイヤーの変換]で種類を「ベクターレイヤー」にして変換。
  2. できあがったベクターレイヤーをサイズ変更。
  3. サイズ変更後、ベクターレイヤーを再び[レイヤー(L)]→[レイヤーのラスタライズ]でラスターレイヤーに戻す。

ベクター化、コピー&ペースト、サイズ変更、ラスタライズともに、普通のラスターレイヤーよりは時間がかかります。

実績としては、350dpi・A4をCore i5+Windows 7Pro.+メモリ4GBのマシンでやると、各動作に5秒くらい。待ってれば終わるけど、ちょっとじれったい程度。

あとブルースクリーン出るので注意<お前だけだ

あと、ベクター化すると、線が少し太めになる気がします。丁度良いともいうけど。

なにがしたかったかって、350dpi・A4サイズで描いていた線画をコミティアの600dpiサークルカットに張り込もうとして、縮小サイズが30%とかになってアンチエイリアスも効かなくなったってオチですが。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/47749028

この記事へのトラックバック一覧です: Illust Studioで解像度がかなり違う絵を拡大・縮小するとき。:

コメント

コメントを書く