« 今後の予定。 | トップページ | Rubyでオーバーライドしたメソッドを呼び出したい場合。 »

Core i5+Windows 7 Pro.(x64)導入。

ようやっと重い腰を上げる気になったようです>あたし

結局、Core i5機を新規構築し、そこにWindows 7 Pro.をインストール、現Core i7機と入れ替えていく方針にしました。

現Core i7機は…。この後Linuxのみの魔神にして、サーバ運用しようかな…というかサーバにしか用途が無いぞこの無駄にハイスペックな構成(汗)

Intel Boxed Core i5 i5-750 2.66GHz 8M LGA1156 BX80605I5750 (Amazon)
Amazon.co.jpにて購入。横浜のDOS/Vパラダイス、Sofmap、あまり期待できないビックパソコン館をチェックした結果、ここが一番安かった(数百円単位だけど)ので。
ASRock P55M Pro
横浜DOS/Vパラダイスにて購入。今回は初期投資を抑え気味、小型化も狙うので、マイクロATXです。買うの何年ぶりだろこの規格…。
しかしなんでこのM/B、どこでも通販に載っていないんだろう?
 PQI JAPAN DD31333-2G2D 240pin DDR3-1333(PC3-10600) 2GB 2枚組 ヒートスプレッダ付 (楽天市場)
メモリは4GBで、とりあえず。Core i7機は何かを思いたって6GB(2GB×3)が積み込まれていましたが、使うアプリが結局32bitタイプばかりなので、当面4GBもあれば良いだろう、と。
PALiT GeForce GT240 1GB (DDR3)
今回比較的重要視したところ(その割にコスト削減しているが)。いい加減グラフィックカードは新しくしたかったので。
やっぱり通販系に出てこない諏訪子カエルさんメーカー。
当初DDR5を導入する気だったのに、つい安いのを手に持ってしまってさっき気付いたらDDR3だった罠。
USB2.0拡張ボード(PCI)+Windows 7 Pro. x64
コレ以上USBを増やしてどうするのかとも思ったけど、USB3.0ボードは売り切れ、FDDはさらに買う気がしないので。
レイのイメージキャラの年賀状が付いてきましたが、ぶっちゃけいりません。まっしぐらにしてくださいよ、まっしぐらに(自分でやれ)。
SATA3拡張ボード(PCIe x1)
M/Bとセットで買えたので。まぁ使うこともあろうかな、と。
ミニタワーケース(エバーグリーン 電源ユニット TWG-AL625BL W/400w(ブラック) TWG-AL625BL400W)
電源450Wタイプ。まぁあまり予算をあてるところではないやね。

HDDは以前データドライブがクラッシュした時に購入していた、日立DeskStarの500GB SATAを転用。キーボードはみょんに使用率が高いミヨシ レーザー式トラックボール内蔵キーボード(ブラック) TK-24G04/BK(Amazon)。

光学ドライブはブルーレイを導入するか迷った末、今回は見送り。最終的には現Core i7機から移植する予定。インストールは外付けドライブでやってまする。

…とか書いているうちに、あっさりとWindows 7のインストールが終わったらしい。取り敢えずWindows updateを一通りやって、今日は終了かな。

ハードウェアの構築は、ほぼ問題なく。

主に2スロット専用のビデオカード積んだら、直下にあるPCIe x1のスロットがふさがってしまい、SATA3ボードが入らなくなった!という罠と、M/Bにある電源LEDコネクタが2ピン、HDD LEDコネクタが3ピンで、ケース側は電源LED3ピンとHDDLED2ピンだったという罠くらいか。

SATA3ボードはCrossFire幼に用意されているPCIe x4を使って対策、LEDは電源とHDDを入れ替えて対策…っと。

…ところで、ビデオカードのドライバは最新版を使用しようと思ってメーカーサイトからダウンロードしているのですが、光ファイバー回線で150MBを転送するのに残り1時間43分ってどうなのさ?(汗)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/47232756

この記事へのトラックバック一覧です: Core i5+Windows 7 Pro.(x64)導入。:

コメント

コメントを書く