« 人工脳、10年以内に完成か | トップページ | ふと思い付いたこと。色々。 »

ここから使い始めです、Brain PW-AC900。

はい、とうわけで交換してもらいました。今度はハズレでないと良いなぁ。

てか、あのお店のブラックカラー在庫はこれで最後なので、今度不良だったら入荷待ちになってしまうですよ。

後は、残り二個だったレッドカラーに乗り換えるか。

なお、在庫無しの場合は返金にも応じる、とのこと。

…うん、今の所は調子良いみたいね。前回は、この辺りから怪しくなってきたから。

書いたメモはUSBケーブル接続でさっくり転送できました。Windows 7 beta(x64)でもばっちり大丈夫。てか、単なるUSBストレージ規格っぽいわね。

使用中のMicroSDは、この間HT-01Aにも突っ込んだので、SD-PIMとかWindows Mobileなディレクトリがちらほらできています。

その中に「SHARP」のディレクトリがあったので、これはもしや隠し機能が?!…と思ったのですが、良く考えたらHT-01Aの前には携帯電話に挿入していて、あたしの携帯はSH906iだったよ…(汗)

でも、取り敢えず「追加アプリ」欄がちょっと気になる今日この頃。WinCE用アプリを手当たり次第に突っ込めば、1つくらい動いたりはしないだろうか(笑)

…むむ、手書きメモは転送できないのか?ファイルが見当たらない…。色数は少ないけど、慣れればザウ絵くらいは描けそうな感じもするのだけど。

ともかく、今度こそきちんと使い倒せそうな予感。当面の用途は、メモ帳と辞書と…。この使い勝手なら、暇つぶし程度のプログラムエディタにもできる…か?

インターネットにつながらないのが残念なところですが、メモリカード経由であればHT-01Aとのやりとりも容易なので(問題はHT-01Aのメモリスロットが、カバーを外さないと出てこないところだな)、それほど致命的でもないかも。

Willcom NSでインターネットを参照して、PW-AC900で文章を打って、HT-01Aでメール送信?(笑)

…今ふと、

「どうせネットに繋がらなくてテキストエディタメインなら、それこそHP-200LXでいいぢゃん」

という電波を受信した気がするけど、気のせい、きっと気のせい(汗)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/45827476

この記事へのトラックバック一覧です: ここから使い始めです、Brain PW-AC900。:

コメント

コメントを書く