« ずっと、仕事。 | トップページ | 歯茎は腫れるし熱は出るし(でも仕事)。 »

夜に店が開いていることのしあわせ。

コンビニの深夜営業自粛は百害あって一利なし

というネタでひとつ。

今でこそ営業時間が延び、しかもあたしは首都圏に引っ越してしまいましたが。

覚えていますかね、三島のイトーヨーカドーに、「夏時間」と「冬時間」があったことを。

夏は夜9時まで。冬は夜8時まで。

職場から徒歩30分とはいえ、夜8時に間に合うには、そして買い物時間を確保するには、7時には退社しないといけません。
ちょっと仕事が詰まって、残業したらはい、おしまいデス。

その近くに24時間営業のコンビニがあったものの、ヨーカドーに行かないと買えないものも色々あったですよ。

服とか(靴下のストックが底をついた…が、しかしヨーカドーに買いに行けない!)。

洗剤とか(洗濯できないんですがっ)。

ご飯も(米が無ぇ…)。

終いには、8時前に一度帰宅して買い物をし、その後職場に戻って仕事の続き、とかやってましたな、当時。

コンビニが脇にあってさえ、夜買い物ができなくなると、ここまで不便なのですよ。これでコンビニの深夜営業がなくなったら、どれだけの人間が飢える事やら?

9時5時できっちり働ける仕事のほうが、最近珍しいんではなかろうか…。

ところで、二酸化炭素を減らそう運動について最近話題に上ったことと言えば。

「人間を減らすのが一番ではなかろうか?エアコン使う人も減るし。」

「いやしかし、死体を燃やすとかえって二酸化炭素が出るぞ?」

「土葬すると、メタンとかも出そうだよねー」

「鳥葬とか良いんでない?」

「それは単に、 分散配置してるだけだし。」

「日本海溝だ、日本海溝に沈めてしまえ!」

…人間を効率良く間引きし、かつ炭素を固定したまま始末する技術の開発が必要と思われます(笑)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/41978655

この記事へのトラックバック一覧です: 夜に店が開いていることのしあわせ。:

コメント

コメントを書く