« プラチナ万年筆 DOBULE ACTION 本革巻き。 | トップページ | 習慣が牙をむく瞬間。 »

もうだめです。

-その後、そこは戦場になった-

ヤマト引越し便の人は、そう思ったに違いありません。それでも粛々と段ボール箱を積み上げていく彼らは、ある意味勇者デス。いやむしろ死神か。

親元に帰ってきたし、当面の日用品は既に運んでいたので、
「取り敢えずはこのまま家に入れてしまって、その後ゆっくり開いて整理」
の方針だったのですが、ガンガン積んでもらい始めて30分くらいで、「入るのか?」という疑念が(入りませんでした)。

トラックから降ろしつつ、明らかにスキマ空いてそうな箱から開いて、箱をつぶしていってやっと。てか、いっぱいいっぱい。

新しい住居には、日用品しか納まら無いことがよっくわかりました。

むしろ、趣味の日用品である画材すら、展開できていません。玄関には白い色紙とボードの小山ができたまんまデス(汗)

やっぱり荷物の大半だったと思われる、本の山は、近くの友人と姉の家に分散配置して、なんとか実家の居住スペースを空けたような、まだ駄目なような。

フィギュアの類は、大半を泣く泣く売却することに。
明日から順次、写真にとってオークションでの安売りセールを始めないといけません。
えぇ送球かつ死球。もとい、早急かつ至急。

それでも決心がつかないまま実家に残ったダンボールはどうするのか。ていうか各所分散したものはどうするのか。

出た結論は、「家を買うしかない」(瀧汗)

ちょーど目の前1分の、友人と姉が住んでいるマンションの一室が中古で出ています。安いそうです。彼らが言うに、「2千万台だったら結構楽に支払えるよ?」だそうで。

今までの人生を捨てるのか、これからの人生での自由枠を捨てるのか。

今までの人生を捨てられるんだったら、これからの人生だって捨てられそうな気すらします。生活を変えるってのはそー言うことです。

取り敢えず明日からは不動産の勉強です。どーせならもう少し駅の近くがうれしい感じです。

…しかし、今なんとか押し込み終わった家からあまり離れると、今度はそこに移動するために今回と同じ戦場を這いずり回る羽目になるということでも…。

ていうか。
趣味に使っているお金の大半は本であるわけで、それを使わなければ物理スペースの圧迫スピードは鈍化するわけで、使わなかった分で月5万くらいは軽くいけそうなわけで。まったく使わないと、勉強もできないし、ストレスで爆発するのは目に見えているけどな。

三島から戻っただけで、月2万くらいは出費が減る計算となっているわけで(三島-都心部の往復)。2×12×30とかしてみると、これだけで720万ですか…。そんなもんですか。

まぁ、明日だ。明日からだ。うぅ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/41250645

この記事へのトラックバック一覧です: もうだめです。:

» ファンド・不動産 | 情報商材・評価ランキング10-分野別- トラックバック 情報商材・評価ランキング10-分野別-
ファンド・不動産の情報商材の評価が初心者でもすぐ分かるランキングです。 [続きを読む]

受信: 2008/05/19 14:57

» 俺の嫁。 トラックバック 哀と欲望の日々。
本。 以上! …。 「所持品(主に本)が実家に収まらないので家を買う」 という行為は、そーいうことデ [続きを読む]

受信: 2008/06/01 18:13

コメント

コメントを書く