« 携帯電話は病院送り。 | トップページ | 遅いわぁ! »

dear。

完結です。

ですが…。なんでしょう、何か釈然としない感触が残るのですが。

あたしの気分のせいかも知れませんが、うーん…。丸く収まったことには違いないんだけど…。

とりあえず、アレかも。
12巻で語られている小桃と昴の出会い編。これが、「わたしの狼さん。」に繋がっている感じがしないような。そんな感じが。

なんで小桃は、このあと勇者として魔王討伐に燃えたのか。その辺に繋がらないような。

それとも、あたしの記憶が既にずれている?

えぇ、小桃の見事なつるんっぺたん具合と、ぱんつは文句ないデスが、ね?(笑)
縛りの入った小桃と、薄布越しに見える体のラインとか…(嘘はついていない)

しかしこの人、うまくなったよね…。それこそ「わたしの狼さん。」からずっと見てきたから…。
女の子の服のセンスは、昔からうまいけど。

あと、”原点”わたしの狼さん。…とおもったらもう絶版なのか…?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/40629234

この記事へのトラックバック一覧です: dear。:

コメント

コメントを書く