« 見なおさないと。 | トップページ | 修理に出そうか売ってしまおうか。 »

画材の使用結果。

筆ペン。
買ったのは「くれ竹筆極細」24号なのだけど。確かに描き味は良いし、この感覚は好みだ、が。

太い(--;

よっぽど力を抜かないと、ちょっち太すぎる。特に色紙サイズには。
うーむ…。サインペンタイプのも試すか…。てか、その前にミリペン系を試すべきか。

筆は筆で、結構好きなんだけどねー。

練り消し。
買っておいて正解か。これなら色紙を掘らずに済みますな。

てか、あたしは割と最初っからデジタル画材(初めて使ったのはPC8801のSUPER春望か…たしか)だったので、案外アナログ画材の”常識”を知らないもんなのデス。学校の美術は好きなほうでもなかったし。

鉛筆ホルダ用の4Bとサムホルダースリムの4B。
このやわらかさだと、サムホルダーくらい重くて太いほうが扱いやすい…かなぁ。微妙。

でも、色紙相手だとやっぱりこのくらい軟らかい芯のほうが良いのは間違いないみたい。力は抜き気味にしないとダメだけどやっぱり。

てか、HB0.5mmシャーペン→Bの鉛筆ホルダ+ケント紙→(万年筆)→4B+色紙(和紙)、と進むに従って、どんどん筆圧が落ちている(落としている)気がする、あたし。

これはいいのか悪いのか。
この後筆ペンも扱えるようになるとすると、さらに筆圧が落ちるのは間違いないわな。

ちなみに筆圧が落ちすぎると、カーボン転写の伝票で2枚目以降に写らなくなったり、KOKUYOのミミオでセンサーが反応しなくなったりする副作用があります。<うちの課長が実践済み(笑)

実績は無いけど、たぶんぺんてるAirpenもダメだよな。要は「押し込んでセンサー用パルスを起動する」タイプがダメになるので。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/17695096

この記事へのトラックバック一覧です: 画材の使用結果。:

コメント

コメントを書く