« スカイガールズ(2)。 | トップページ | 【欲しい】底のあるエコバッグ。 »

宇宙消失。

宇宙消失 (創元SF文庫) グレッグ・イーガン \800+税

今日の早川さんつながりで読み始めたもの。てか、去年中に読了はしていましたが。

量子力学の話が始終出てくるので、理系知識は無いと辛いかも。あたしも一応高校が物理専攻だったのですが、なんとゆーか「設定」に頭を合わせるのに少し苦労したデス。

とりあえず、

「見ることによって結果が変わる、見ない限りすべての可能性がある」
「すべての可能性があるところから第三者の観察によって1つの可能性を固定される」

というところが基本なので。

で。
この本自体新しいものでもないし、きっとその業界では話題済みなのだろうけど、エヴァンゲリオンとか涼宮ハルヒとか、連想すると色々楽しい。
ファンタジー的視点で捉えるなら、レイアースやカードキャプターもネタにできるか?

特にハルヒの「消失」とか、放置プレイ真っ盛りの「分裂」とか。
長門がハルヒを固定しているのか、キョンもしくはジョン・スミスがハルヒを固定しているのか、とか。長門は一応「受動的な観察者」を明言しているから、唯一の一般人キョンのほうが怪しいか。そもそも「消失」のタイトルが被る。

「分裂」なんて、もろこの作品と同じ手法使ってるし。

てか、読んでいて「前編で拡散させたは良いものの、後編での収縮に失敗したんぢゃ無かろうな谷川流?」とか思った。まぁ実際は色々あるみたいだけど?

未来は過去の固定からしか生まれないことを考えると、朝日奈さんご一行の能力は低そうだ。

そういえば第2期では、いい加減ジョン・スミス出てくるんだろうか。第1期はどうにも、ハルヒが持つ能力がいまいち語られていない印象が強いけど。

エヴァンゲリオンも、可能性の選択という点で同じ感覚が。

本編。
あたし、未だにこの作品、後半示されている複数の可能性ルートから、どれがエンディングにたどり着いたのか、少し悩んでいるのですが…。まるで正解が示されていないゲームブックのようだわ。むしろ最初、乱丁も疑った(笑)

主人公の変わり身の早さと、最終的なヘタレっぷりが面白い。身代わりが早いっていっても、1部→2部は強制されているわけだけど。
そして最初は人類巻き込んで散々騒いだ結果、最後は一日ごろごろ。こうしてニートは誕生する(笑)


楽天Books
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/17664760

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙消失。:

コメント

コメントを書く