« だる〜ん。 | トップページ | はうぅ(泣)<でもない »

赤朽葉家の伝説。#1

読み始めて今1/3といったところ。ハードカバーは電車で読みにくいのが難よねぇ。姿勢は良くなるんだけど。

んで。ここまでの印象で言うと。
なんか昭和史を読んでるみたいだ。ちなみにあたしの昭和は14年と10日(だっけ?)で終わっちゃったので、事実確認というより印象としての昭和だけど。

むしろ、うちの母が大体被る感じか。

前の「少女には向かない職業」とかもしくは「推定少女」のあたりからなんとなーく感じてはいたけど、桜庭一樹さんは昭和の時代が大好きで今が嫌い、もしくはその真逆だなってな感じがする。

素直に感じるなら前者だけど、たまに正反対の感情で書く人もいるから。

あぁ、そういえば「GOSICK」も日本的には昭和前半くらいだよねぇ。大戦前夜だもんねぇ。GOSICKの後半から赤朽葉に繋がるかしら?(でもあっちって一次だっけ二次だっけ?)

ところで。
キャラ的に全然違うとわかってはいるのに、読んでいてイメージが消えないキャラ対応。

赤朽葉タツ →「タマラセ」の久里浜純。いぁなんか口調が。「~なのよぉ」って。
赤朽葉万葉 →「味噌汁を壊れた水道管のように噴いた」てな描写が頭から離れない。えぇなんかきっときゅーとな娘さんに違いない。

てなことで。
鉄扇を振り回すメガネっ娘人間枯葉剤のタツと何かというと味噌汁を噴く万葉を念頭において読み始めるとキャラ描写が全然違うので(おぃ)


楽天Books

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/15212313

この記事へのトラックバック一覧です: 赤朽葉家の伝説。#1:

» 加藤ローサ 「身体を売って仕事を…」"夜の接待"映像流出 トラックバック 加藤ローサ 「身体を売って仕事を…」"夜の接待"映像流出
映画関係者の間で、評判がいい若手女優といえば、美少女系タレントの加藤ローサ。「ゼクシィ」のCMで大ブレークし、現在では「佐川急便」などのCMですっかりお馴染みの加藤だが、映画でもカーリングを題材にして話題を呼んだ「シムソンズ」や「CATCH A WAVE」、「陽気なギャングが地球を回す」などに出演。秋以降にも続々と主演作が発表され、あの柴崎コウを上回るほどの売れっ子ぶり。異例とも取れる、短期間での出演作の多さに、「たいした... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 13:30

» ゼクシィ cm トラックバック CMソング裏情報
ゼクシィのcmはいつも素敵ですよね。 今回のCMの花嫁さんは高橋真唯さん [続きを読む]

受信: 2007/06/05 03:58

コメント

> 加藤ローサ 「身体を売って仕事を…」"夜の接待"映像流出

…夜の接待で味噌汁を噴いたの?(笑)

投稿: 土野魔魅 | 2007/05/28 19:17

コメントを書く