« フルーツバスケット(19)。 | トップページ | Poca felicita。 »

ブルースカイ。

ブルースカイ」 ハヤカワ文庫

読了〜。
なんか桜庭さんっぽくないよーな気配の中に、桜庭さんキャラが漂流してるよーな印象れすね。

今までの作品に比べて、感情(?)が言葉になってる感じ。

絶滅危惧種の少女。
少女というカタチのバケモノ。
「我々はまだ子供を味わっていない」

ロリータコンプレックスが「性的対象物が成長しなくなった結果」という解釈はなかなか興味深いれすね。
つまり、性犯罪者にありがちな「子供なら抵抗しないと思ったので襲った」はロリコンとは言わない訳で。単なる弱いモノいじめと。

あたし的に原点はエルピー・プルなワケですがどーですか(何が)

しかし桜庭一樹も流れ星ひかるも桐原小鳥も、なんで口を揃えて「少女=絶滅危惧種」なのか。むしろこっちが本題かも。

ところでこの小説によると、時代のトレンドを作る存在は少女→青年→老人と変化するらしいですよ?
よく言われるロリの末路として、少女→対象年齢下がる→突然少年に目ざめる(ショタコン)→最終的に「石」にたどり着く、とゆー意見がありますが、ぢつは少年と石の間には「老人萌え」が入ったりするのでしょーか?(笑)

« フルーツバスケット(19)。 | トップページ | Poca felicita。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルースカイ。:

« フルーツバスケット(19)。 | トップページ | Poca felicita。 »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31