« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

フルーツバスケット(19)。

フルーツバスケット(19) icon 高屋奈月 花とゆめコミックス \390(税別)

今回のキーワードは「肉☆天使」。

…でわなく。 
「いまさら」デスかね。

しかし重い。あいかわらず重い。そしてまたひとつふたつ、新たな人間関係がっ。

つーかじいさん、あんたが一番「単に根が悪いだけの奴」だろ間違いなく。

あと、楽羅と紅葉見てると、やっぱり実際より年数経過してるよーに見えるんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このグリーン車乗るべからず?

普通グリーン車幼のグリーン券が、ホームではSuica専幼になるそうな。
ただでさえ車内購入が高いとゆーのに。

これはアレですか、JR東海エリア在住の人はグリーンに乗るべからずとゆーことデスか。

都心部から三島までの長距離になると、途中の乗り換えパターンを見てからグリーン車の利用を決めたいのよ。
乗り換えが多いのにグリーン車乗っても、面倒なだけで意味ないし。

なんで分割民営化なんてしたんだJR。
せめて乗り越し精算だけでも可能にしてくれよー(泣)

…しかもよく見ると、「函南、三島、沼津は紙の券を買え」との但し書きが。
そこまでわかってるならその3駅だけSuicaサポートしろや。
そしたら速攻で5000円券買うのに。

さすが国鉄は違うねー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京買い出し奇行。

久しぶりに東京へ。

目的は…ない(笑)
あえて言うなら「ヤマモトヨーコ」のDVDBOXがソフマップにないかなー、とか。

んで。
ソフマップでヤマモトヨーコの代わりにアルスをコンプリートしてるあたり、七転び本末転倒ってぇあたりデスか?

…コンプリート、できたよな?(汗)

ヤマモトヨーコはゲーマーズにはあったのれすが、特典はなかったのでコレは通販でよかろうと。
ソフマップにこだわってるのは、単にポイントを消費してしまいたいだけだったりするので。
ってゆーかソフマップの通販使えばいいぢゃんヲレ(児爆)

あと、今後のDVD発売予定をチェック。

1/25

灼眼のシャナ 1

1/25

ARIA 1

デモを見た限りじゃ、灯里の声のイメージがなんか違うのが気掛かりではありますが。

1/25

地獄少女 1

ちょい気になる。

1/27

かりん 1

2/24

銀河漂流バイファム COMPLETE BOX (完全初回限定生産)

ソフマップは1/17予約締め切りらしい。

3/24

機動戦艦ナデシコ Premier complete DVD-BOX

ゲーマーズ予約特典は割り引きだった。

ソフマップ予約特典はテレカ、店頭売り分無し、締め切りは2/15。

あと、プリティサミーTV版が上巻発売中。買わねば。

…つーか…。サイフが厳しそうだ…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連鎖反応的に…(笑)

「少女には向かない職業」のアフィリエイトリンクを作成していたらば。

ブルースカイ」 ハヤカワ文庫

こんなものが出ていました。Gosickの方はわかってて買ってなかったんだけど、こっちはチェックから漏れていたなぁ。
最大の敗因はアレよね。最近同人ショップ/アニメショップ/ビックカメラ以外の「普通の」でっかい本屋を巡らなくなったことかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女には向かない職業。

ようやっと読み終わりましたん。
桜庭一樹の作品は嫌いじゃないのれすが、たまに凄まじく精神状態を引っ張られるモノがあるのと、どーもこの作品がまさにソレに該当しそうな気配があったので後半に読み進む勇気がなかなか出ず。

実際には杞憂2割って感じでしたが。
ちなみに、一番引っ張られて後遺症が酷かったのは「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」、次いで「推定少女」とくるのれすが、各々別々に感想は書いているので詳細略。

今回の作品は、「砂糖菓子~」よりは酷くないけど(いや、結末としてはこっちの方がまし…なのか?)、主人公が確実に犯罪者になっているところが「推定少女」ほどアカルイ未来という訳にはいかず、といった感じ?

殺人が発生した状況を考慮して多少情状酌量の余地あり、とかにはなるのかも知れないけど、1度目はともかく2度目は確実に殺意を持って行動してるからなぁ。良くて少年院、なんだろうね。

ところで。
この作品、書店で注文したときは内容をまーーーーったく誤認してまして。
なぜか、「桜庭一樹の自伝」とか今思うとどこでそんな風に思ったのか思い出せないよーな勘違いを。

思うに、「少女には向かない職業」=「小説家」と思いこんだよ-で。

買いながら「きっと狛犬泥棒の本編が載ってるに違いない」とか意味不明な妄想をめぐらせていた自分がちょー素敵?

もひとつ。
本の後ろ(表4)にアオリ解説が入っているのれすが、最後にある「本書は著者が満を持して放つ初の一般向け作品」のフレーズ。

あぁつまりライトノベルは「一般向け」ではなくて「逸般向け」と。でもこの本も一般向けかというと結構人を選ぶんでない?とか。イマドキの「一般人」は小説なんて読むのかなぁ。漫画も読まないって聞いたことあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)