« 哀と悲しみのairpen。 | トップページ | jigブラウザ »

airpenのその後。

…ってもまだ手放してないよ?(笑)

前回の日記を書いた翌日の午前中、代品が届きました。

予想外に早いれす。きっと、あたしがクレームを入れた直後に送り出したのかも?
ぺんてるを褒めてあげるべきか、黒猫が頑張ったのかはびみょ~れすがね:-)

んで、まぁ代品でテストしてみたらば、ちゃんと使えたわけですよ。
ついでに言うと、前の電池で。

ただ、代品の上部ふたを破損品につけてみても認識しないので、どーもこれが原因ではないようで。

あと。
代品を改めてみると、ペン先を砕いた原因がさっぱりわからん。
なぜあたしは、ここを砕いた???

ひとつ考えられるのは、認識不良に陥ったとき、キャップでペン軸を抜こうとして変な風に力を入れた可能性…か?

原因に思い当たらないだけに、ナニに気をつけたらいいのかもわからなくてちょっとびくびくしてる日々。

愛と哀の比率れすか?…びみょ~れすねぇ。
とかいいながらシステム手帳リフィルと一緒に持ち運ぶためのアタッチメント開発は続けてるあたし。
どうにも良いケースがないので、革細工にも手を出さなきゃいかんか?とか思い始めてる。

#前回の日記で書いた、「使いやすい100円ボールペン」のオチ。
ぺんてるに破損品を送り返すとき、「これが使いやすい太さです~」という意味をこめるべく製品名をチェックしたところ、そこには「ぺんてる」の文字が…(笑)
他社ならもちょっと厭味がこめられたのデスが(おぃ

…あぁ、その前に使ってたやつはPILOT製なんだから、そっちにしてやれば良かったのか(児爆)

« 哀と悲しみのairpen。 | トップページ | jigブラウザ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: airpenのその後。:

« 哀と悲しみのairpen。 | トップページ | jigブラウザ »

無料ブログはココログ
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30