« やれやれ…。 | トップページ | airpenのその後。 »

哀と悲しみのairpen。

ぺんてるairpenの続報。

数日前、ついにペンが壊れました(泣)
その前にも書いたとおり、ペン上部のふたがひび割れてたりもしたのですが、壊れるさらに数日前から、なーんか突然認識しなくなったのよ。

仕事中メモを取っていて、ふと見るとLEDが点滅してない。
えぇっ?!とか思って試書きすると、やっぱり認識のサインが出ない。
まぁ紙には残ってるし、とか自分に言い聞かせつつ、仕事が一段楽したところでPCにつないで見る。

…用紙の1/3くらいで記録が止まってやがる…。こりゃ始業30分くらいで落ちたな…(--;

まぁ電池の寿命と思ったわけさ。ちょっと早い気もするけど。電池切れサインも見かけなかったけど。
んで、電池を買ってきて変えてみても、やっぱり認識してない。

とりあえず、ペン軸を入れなおしてみようとしてやっと気づいた。

今度はペン先の透明プラ部分が砕けてるっ?!

airpenのデジタルペンは、先が発信機になってる都合上、濃い色の透明プラでさらにペン軸周りは全周にスリットが入ってるデスよ。
ほーら、なんかこれだけで砕けやすそうな感じでしょ?透明プラという材質が。
んで、いつからなのかさっぱりわからないのデスが、スリット先端部がばらばらになってて、一部砕け落ちてる。
指で触ると、そのそばから砕け落ちるくらいもぉヨワヨワ。だって繋がってる部分が1mmくらいで、そこすら折れてるんだから。

そーっと元の形に戻してみると、ペンが認識するようになった。
…つまり、破片が邪魔をして認識不良を?

と・こ・ろ・が。
翌日、使おうとするとやっぱり認識しない。
ペン先を整えてみてもダメ。
ふと思い電池ブタを開けてみると、なぜか中で電池が踊ってる(--;
ふたにひびが入ってることが原因かは、不明。だってまともなふたがないから、比べられないし。
…ヒビの感じからして、電池が踊るほどに締りが悪いとは思えないんだけど…?

電池を押し込んで、ふたを補強してるテープも巻きなおしてみたら、やっと認識。

でも、これでは終わってないんだよね…。
その後1日くらいでついに認識しなくなって、今までの経験則をすべて試してもダメ。
もぉ壊れているからいいや、と思って、試にペン先の破片を全部取っ払ってもダメ。

さぁおしまいだ(笑)

…ぷらっとほーむの通販によると、ペンは単体で6,000円くらい。
約2ヶ月で6,000円デスか?

あたしが最も重視するのは、初期投資ではなくて継続費用です。もしくは部品の耐久力。
モノと値段にもよりますが、必要性・有効性を感じたものであれば初期費用はあまり考慮に入れません。購入直前まで見ていないこともあります(笑)

正確には、初期費用と継続費用と使用するであろう時間のバランスとなりますが。

んで。
airpenは目的に対する初期費用は申し分ありません。むしろ安い方。
しかし、6,000円/2ヶ月はちょおおおおおっとダメすぎる。
しかもこれ、筆記具ですよ?電子機器とはいえそれなりに耐久力がないと、実用に耐えません。

かなり愛が哀に変わってます、今。

その後。
まぁ、ダメだろうと思いつつ、クレームも兼ねてぺんてるのサポートにメールを投げてみたですよ、今日の昼。

したら。
無償交換してくれるそーです。
新品送るから折り返し破損品を送れと。
昼に送って夕方返答がきたので、サポートとしては結構優秀なほうでせぅ。

まぁこれ1回でしょうが。普通のメーカーならそれで上等だとは思う。
しかしさて、2ヶ月で壊れました。使い方に気をつけたとしても、保証期間の1年のうち、あと数回はコワレそうな勢いです。
もし仮に2ヵ月ごとに壊れて、そのたび新品交換になったとしましょう。
それでも壊れた瞬間にはダメージがあるのよ。いくら経費がかからなくても。
なにせ、電子化していたと思ったものが紙にしか残ってないんだから。今のところ紙も全部取ってあるからいいけど、これがもし、紙をぞんざいに扱ってたりすると…。

…airepenはソフマップの買取対象デスか?(笑)でも半分はマヂ。

ま。
あとはこいつが壊れて、仕方なく前に使ってた100円ボールペンを使ったら、なんかすげー使いやすかった、というのもあるのだけれど。
極細なのを目当てに買って、昔使ってたときは「インクの出が悪くてすぐかすれるなー」とか不満があったのですが、今使うとペン軸の細さがちょうどいいのです。

指先ってのはやっぱり敏感だなーとか思いつつ、もしかするとあたしが一応イラストも描いたりするので、この手の感覚が鋭いのかも知れないのですが。
筆記具っていうのは、やっぱり手になじまないとダメですね。

…さて、ほんとにどうしようか。
機能的にはすごく気に入ってて、発売を心待ちにしていたし、今後の発展も期待してるのですが。マヂで。
しかし今回壊れてみて、筆記具というのは人柱になるにはあまりに危険なものであると知ってしまいました。
加えて相性の厳しさも。
さてさて、どうする?悩む時間が長いほど、蓄積するダメージも大きいぞ?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28934/2729796

この記事へのトラックバック一覧です: 哀と悲しみのairpen。:

» airpenのその後。 トラックバック 哀と欲望の日々。
…ってもまだ手放してないよ?(笑) 前回 [続きを読む]

受信: 2005/01/31 21:22

コメント

コメントを書く