移転開始してます。

ようやっと新環境の構築が終わったので、Blogの移転を開始しました。

ココログは更新を停止して、新しい記事の投稿は新環境にておこなう予定。

こちらも当面残しますが、一カ所にまとめておきたい記事については徐々に新環境へ持って行きまする。

新しいURLはこちらに: 哀と欲望の日々 - Mami's blog

[移転済]オーストリッチのサドルバッグを買った、が…。

2013.06.22 新URL( http://diary.magicalrabbit.jp/post-29f5 )に転記しました。

自転車のベルをOH-2400に変更した。

そもそも自転車のベルなんて「絶対に使わない(使えない)のに法規上付けないといけない謎部品」なんだから、邪魔にならんのが一番なのですよね。

今の交通法規だと、自転車のベルはよほどのことが無い限り歩行者に対して使うわけにはいかず、よほどの場合はベルなんぞ鳴らす前に叫んで警告しつつ自分はブレーキなり自爆コケで歩行者を避けるのが現実的なわけで。車道走ってる時は、自転車に積むベル程度では自動車ドライバーには聞こえるわけもなし。なんであんな意味のない装備が義務付けられてしまうのかと。

てなことで、今まではドロップハンドルのエンド部分にひっかけていたのですけども、ここだと輪行時に邪魔になる時が少しあったりして。

で、CATEYEのOH-2400デス。音も良いし、同じCATEYEのライト使っていれば、ライトと一緒に括り付けられる。いずれにせよ使う機会は無い部品だけど、エンド部分にひっかけるよりは実用性が高まった感じ。さっそくMR4用とTCR2用に2個買いデス。

副作用として、ライト取り付け用のバンドに予備部品ができる、という利点もありますね。

そして使い道のないベルが2個余ってしまったんだが、これどうしたものか…?

TCR2の使用感的な。

ダイブ間が空きましたが、まあざっくりと、乗り心地などを。

基本的には良い子。乗った時の姿勢としては特に辛いと感じることも無く、むしろ走りやすさを感じるのであたしはレース向きの姿勢なのかも。とか言いつつ割とまったりゆっくり走っているのですけども。

走行感としては、まず軽い!。装備品を色々付けちゃったのでその分台無しになっているけど、ベースが軽いので助かってる感じ。自分の筋力が戻ってきたというのもあると思うけど、以前登る気にならなかった坂が乗ったまま登れる(というか、めんどくさいなー降りようかなーと思っているうちに登り切ってる)。

ただ、やはり振動はガツンガツンと来ます。走りにくいとか疲れるというレベルはまだ感じてませんが、あまりにガツガツ来るので、乗り初めではパンクしたのかと焦って点検すること数回。「こういうもの」と分かれば、気にすることなく後は腕と脚で吸収すれば済む話ではあるのですが。

輪行は1回やってきました。行先は白河で。こちらについては、輪行バッグも両輪外すタイプに変えてみたり、デジタル一眼で重量増えてみたりとしてるので、以前と比較しづらい感じですが。そしてさっそくちょこっと傷をつけてしまった…。スプロケットにちゃんと「ロード用」のカバー付けたのですが、これ10速スプロケだと収まらん…いや、QR抜かなかったのが敗因…??

購入後、メンテナンススタンドはリアの車軸にひっかけるタイプを購入。エアポンプは付け方を再考した結果、シートチューブ側ならば取り付けられることが判明して解決。

あと、ペダルをビンディング(SPD)に変更。車体が軽くなったためというか走行性能が上がったためというか、走る際の快適性を向上させたくなってきたので。今のところ、立ちごけ1回で済んでいるので、まぁ大丈夫かな、と(横断歩道待ちで左足を外していたのになぜか右に体重をかけるという謎行動してた結果だし…)。

SPD金具が路面にあたると不快なうえ路面側に傷を付けそうなので、店内とかに入る際は使い古しのタイヤチューブを切って脚に巻いてみています。見た目が少しアレになるけど、そこそこ歩きやすくなる。チューブは普段、シートの下面にぐるぐる巻きつけてあります。

問題としては、自宅前の坂道を歩いて登ると、どうしてもSPDの金具が路面に当たってしまうというところ。これClick'rなら大丈夫なのかなー?と思いつつも、早々シューズを買い替えるわけにもいかず。

フロントライトは従来からの使いまわし(HL-EL620RC)のまま、リアライトをTL-LD611-Rに変更。これで両方ともUSB充電タイプになりました。

あとは、もう少し暖かくなるのを待つばかりですな…。

TCR2(2013モデル)購入!

年に2台もロードバイクを買うなんて…とは思ったのですが、来年は買う余裕ないかもしれないし、痛ロードバイク化とか事故車疑惑を考えると今が買い時だと神が囁いたのデス…。

てことで。

今度こそ700Cのロードバイクを新調しました。前回は誘惑に負けてMR4 Rを買っちゃいましたが。機種はGIANTのTCR2のホワイト色。

購入コンセプトとしては、ざっくり以下のような感じ。

  • 700Cフルサイズ
  • 痛自転車ベース車(=色とかロゴが主張しすぎない)
  • 輪行向け(=軽い)
  • 多少の悪路や下りもイケる(=軽すぎない)
  • 多少荒く使っても大丈夫(=カーボンフレームは止めておこう)
  • リアキャリア付けたい(=シートポストは円形で。エアロNG)
  • デュアルレバー式の変速ユニット便利よね
  • 予算15万くらいまで

で、最終的にはDEFY1、TCR1、Pace(輪行向けという意味で)になっていたのですが、Paceは少し重いのと、変速機がデュアルレバーで無いのが難点。DEFYとTCRではほぼ互角のパーツ構成、フレームがレース向けと一般向けという違いなのですが、TCRのほうが軽いし、乗りにくくなければTCRで、と思ってましたさ。

いつものサイクルショップ ショーワさんにはTCRの実機が居なかったのですが、GIANT Store二子玉川店に試乗車があるようなので行ってきました。

GIANT Storeはさすがメーカー直営だけあって、購入前提の質問は無茶ぶりしてもちゃんと考えてくれるんですね。

TCR1の乗り心地は悪くなかったのでコレで行こうと思ったのですが、新たな問題点発覚。シートポストがカーボンなので、リアキャリアで締めるのはNGとのこと。

Paceはデュアルレバーじゃないのが難…と言ってみたところ、原因は変速機系が3×9になってるところなので、2×10系のものに総取り替えすれば対応できますよ、との答えがでてきました。が、総取り替え部品代だけで3万弱するのでさすがにそれは止める気に。

GIANT Storeでスペック調べてくれた範囲だと、カーボンシートポストを避けるにはDEFY3までランク落ちる、と言われたのだけども、帰り道TCR1+別途非カーボンのシートポストはどうかな…と思いつつスペック見直したら、TCR2にすればアルミであることに気付いたり。

TCR1は変速機系が105、TCR2はTIAGRAなのが大きな違いっぽい。後問題のシートポスト。フレーム自体は共通なので、何なら後でTIAGRAを105に換える事もできる、はず。あたし程度のエンジン性能だと変速機系の違いはあまり影響が無いし、お値段的にもTCR2だと10万切るし。

あと、TIAGRAはMR4 Rと同じなので、使い勝手も同じになるし、最後の手段として互いに部品取りにも使えるしね。

結論、TCR2に決定。

購入は毎度おなじみのサイクルショップ ショーワさんです。まぁメンテとか頼むなら近い方が良いですし。輪行で福島まで行くくらいなんだから、壊れたら袋に放り込んでGIANT Store行けば良いぢゃん、という異次元からのツッコミも入りましたが。まぁ地元で買い物しましょう。

10/26に仕上がったので受け取って、現行のFELT F90から保安部品とか移植して乗れる状態に。…移植する部品を袋につめてショーワさん行ったら、その袋が2kgくらいある気がしてきてアレだったですが…(汗)

ちなみに、今回のTCR2がホワイト、前回のMR4 Rがブラックなので、見事にパンダ化しました。まさにGIANTパンダと呼べるのではないかと!

 

Dscn1204_s_2

で、早速の問題点ですが。ちょっと予想外のところから難点が出てきましたよ。

  • 角形フレームなので、ボトルホルダー用のネジを使って取り付ける、円形フレームに合わせてあるエアポンプのホルダー部分が取り付けられない
  • 角形フレームなので、ミノウラの簡易メンテナンススタンドが使えない(円形フレームに引っ掛ける形式なので)

ぐぬぬ。角形フレームは痛ロードバイク化の時デコる面積が増えて良いなーとか、エアロ形状に気をつけるのはシートポストだけだと思っていたのですがががが。

この2点はもはやどうしようもないので、買い直すしかなさそう。エアポンプは当面鞄にいれて携帯しか無いですね…。これ多分、DEFYフレームでも発生する問題だと思うよ。

あと、別次元の問題として、受け取り当日足の薬指を角にぶつけてしまい、内出血なう、なのであまり自転車に乗れなくなっているのですが。本当は27日に白河まで輪行して、1日乗り回す予定だったのですががが。

コスチュームカフェ29号店とMoe1。

えぇ、Moe1は今日と明日。コスチュームカフェ29号店は明日だったりもするのですががが。

明日のコスチュームカフェ29号店は、サークル参加しますです。場所は「5」番。…えぇ今回20サークルの超まったりイベントになっておりまス。

新刊は…作品ストックが2.5本しかないんですがどーしましょう(瀧汗) 0.5については、今日挫けなければ上がりそう…。

たぶん前回の小峰シロ本と、ストックを使ってなんかひねり出しつつ落書きでもしてそうな雰囲気。あ、あとシロ米を置いておく予定で。

ごめんなさいごめんなさい。

やっぱり先週のライブ・ラリー白河とか、夏の諏訪湖輪行とか、ちょっとあちこちふらふらしすぎたかも(汗)

ということで、最新作はこちらになりまス。桜花バニースタイル(ど う し て こ う な っ た)。

Photo

あとでPixivとかTINAMIにも上げますが。内容変わりませんけどね。

てことで、Moe1行ってきます(爆) 小峰シロ推してきます。

え、東北支援ですよーぅ。

ライブ・ラリー白河で俺のコメを。

誤字ぢゃありませんよ?

昨日10月6日に福島県白河市で開催された「ライブ・ラリー白河」に参加してきました。小峰城をバックに白河の若手バンド&全国から集まったプロのバンドによる計10時間のライブイベントです。

ちなみに、あたしはいつもの小峰シロおっかけなんですがね?てか、音楽は聴くけどライブとか行ったこと無いし敢えて行くほどの興味は無いんですががが。

まー、クラシックとかちゃんとしたホールで聴いてみたい気もするけど。爆睡しても良いなら。

もとい。

小峰シロ繋がりの白河イベントってことで、半ば行き当たりばったり的に READYFOR? のスペシャルサポーター登録してみたり、行くからには全力全壊ってことで早朝出発新幹線で会場入りした後フル参加後に一泊して今日の昼返ってきたのですが。

良いですな、こういうイベントも。

ライブってTVとかで見るやたら盛り上がりまくってるような空気の印象があったのですが、場所が屋外芝生公園ということもあってか非常にユルく。

一般参加者も熱いファンらしき人から散歩ついでにやってきたらしい人まで多彩。屋台も飲食から野菜販売所まで来ていたりと。

コスチュームカフェの原稿作業があったので、ステージから少し離れた芝生の上で、生演奏をBGMに作画作業してましたよ。作画と言いつつ、ステージのレイアウトとかバンド風景とか後々参考になりそうなので撮りまくったりもしましたがっ

まぁ、最後の2時間くらいでかなり強い雨が降り出して、雨天決行の癖にステージが半壊してたり(屋根の排水設計にミスがあったと見た)、タイムスケジュール押しまくりで最後の人が強引に時間を合わせてくれたりもしたのですが。

ちなみに、あたしの目当てはシロ米デス。えぇ、俺の嫁、もといコメですが何か。

Dscn1197

今週末13, 14日開催の Moe1 で販売の予定だったのですが、先行販売するそうで。先行分は去年H23年収穫の古米版で、Moe1で販売するのがH24年収穫の新米とのこと。ただやっぱり間に合わないんで注文用紙で受け付けて後程通販になるかも、と言ってましたが。

なお、中身はコシヒカリとヒトメボレなので、がっつり良い米です。サイズは2.5kg。そこそこ重くてかさばるので、通販のほうが楽かも。

あたしは持って帰りましたが!!これは愛の重さ!!!

ついでに予期していなかった小峰シロPV先行上映とか、見知らぬ同志が作ってきたシロ(犬)とか、痛車とかダルライザー作画の小峰シロが見れたのは僥倖でした。

んで。イベント自体について。開催の理念として挙げられている

運営は全員ボランティア

会場にいるすべてが参加者、イベントをつくるのも参加者

…はい、どこかで聞いたコトバです。コミケです。これが語られたとき、途中で抜け出すのは止めようと思いましたさ。

イベントの規模も内容も違えど、その意思は共通ですからね。ならば全力でしょう。たぶん次回も参加してる気がするよ。

ということでイベント本体は終わってるのですが、まだ1つ問題が残っておりまする。 READYFOR? で募集かけてる協賛金が足りんのデス。本日23:00終了で、17:30現在 203,000/300,000円。最低額に達しないと決済されないのですな。

来年もやるってことなので、なんとか目標額達成させたいのですよ。ちなみにあたしは1万円の小峰シログッズコースで参加。ほかにどれを選べと言うのか。

福島の二十歳に輝ける瞬間を!~みんなでつくるライブラリー白河 - READYFOR?

女声男子(1) 読了。

あー、「男の声」が出ないと歌の授業って苦痛だよねー、とアルトまでしか声が落とせなかったあたしが遠い目を。

ざっくり、

声が女の子の男の子(ノーマル)→男ギライのガールズバンドでボーカルに使いたい→そうだ女装させればいーじゃん→当人流されるまま男の娘化

ある意味「少女少年」の系統を継ぐ内容かも?キャラの特性からいうと「文学少女と穢名の天使」にも通じるものがあるかも。

男の娘ネタは性癖ノーマルの男子がなりゆきで本気の女装をする羽目になる系統のほうが好みですかね。「プラナス・ガール」の当人が好んで女装しつつ、本当は男なのか女なのかあやふやにする言動で周囲の男どもを振り回す方向性も嫌いではないですがー。

てか、あれは男の娘を愛でる作品と言うより、ソレに振りまわれる周囲の人間を愉しむものか。

もとい。

歌声が女の子だからといって日常生活に支障が出るほどの声になるかなー、とか女装するときに下着まで女物にしなくてもいい気がするけどなーとか色々ツッコミどころはあるけれど、基本的には気に入ったのでしばらく追跡対象に入れようかと。

ちなみに、あたし自身はもう数年単位でカラオケも行っていないので、今どの音域が出るかわかったもんじゃありませんが。「歌」としての発声に至っては中学頃からやってない。ちゃんと声出すと音域上がっちゃうから。

アクアマリンふくしまへ日帰り輪行。

MR4 Rを持って本格的な輪行、そしてアクアマリンふくしまへ。

最近は行動から1ヶ月ほどネタを寝かせておくのが流儀です。…嘘ですコミケとかで単に後回しになっているだけです。

もとい。MR4 Rも輪行体制がほぼ整ったので、宿泊装備を積んで出かける事に。ちょうどアクアマリンふくしまの復興Blogが色々とアレなことになっていて、以前から行ってみたい水族館でもあったので、この機会にいわきを巡る事にしました。

…と言いつつ、実際は宿が取れず、日帰りしてくるはめになったのですがね、ふふ。
 
MR4 Rと輪行について:

MR4 Rについては専用輪行袋+折りたたみペダル+宿泊装備用のリアキャリア+リアバッグの装備。結論としては、かなりテールヘビーになってしまい走行性能が極悪に。

出発地である横須賀は車道の交通量が多く、アップダウンも激しい場所です。結局、車道から歩道に上がる坂でフロントが浮いてしまったのと、最寄り駅に入るための坂ではリアサスが沈みすぎてテールライトが吹っ飛ぶ事件が発生。おかしいな、ちゃんと干渉しない位置にしたはずなんだが…。

輪行自体は快適。平日で通勤ラッシュの時間帯であることも考えてグリーン車で行ったのですが、MR4は輪行バッグに入れてしまえば座席後部に丁度収まり、リクライニングさせても問題ない状態でした(右写真)。

Dscn0951


むしろ、飛び出るハンドル部がグリーン車のテーブルとテーブルの間にハマるので、最初からこれを考えて設計したのでは…?と疑う程度にぴったり。

しかしまぁ、予想より早く通勤ラッシュが始まっており、乗るときは良かったけど降りるときには立席も出てるグリーン車から自転車持って脱出するという、かなり迷惑な行為になってしまったのですが…。いや一般車両だともっと地獄だったか。

そして泉駅到着。アクアマリンふくしまは3kmくらい、ずずっと大通りを通って行けます。ちなみにリアバッグは外して下においてありますが、付けたままだと使用している簡易スタンドが耐えられないからデス(汗)。

Dscn0953

いわきの道路状態は少し悪いかも。

砂利っぽいのは元々海の近くだから、という可能性がありそうですが、大型トラックが結構来るので車道はちょっと危険気味。端を走行すると砂利で滑りそうになったりする。てか、ちょっと危ないときが数回あった。歩道は十分広く、人も少ないのでそちらが走れるのですが、今度は所々大穴が空いていたり。

果たしてコレが普通の状態なのか、震災の影響がまだ残っているのかは判断に迷うところですが、事実関係としてロードバイクでぶっ飛ばすと所々危険ですな。

ということで、アクアマリンふくしまと記念撮影。やっぱり荷物を全部降ろさないと安定できない(汗)。

Dscn0960

アクアマリンふくしまは見学時間1時間程度、と公式Web等で見ていたのですが、うかりツボにハマってしまい、2,3時間は居たような。結果として他を回る余地が無くなり、宿も取れず、中通りに移動しようにも電車が行ったばかり、で、そのまま帰るはめに。いや、宿取ってなかったのは前日仕事が長引いたせいもあるんですが(汗)

あとはまぁ、前述のとおり乗っていたMR4の走行性能が悪化してたため、あまりあちこち走る気にならなかったというか。この問題についてはその後エアサスを堅くするなど色々と試しているのですが、どうも決め手に欠ける感が残っています。どうしたもんか。

旅程:

07/27
06:14
衣笠発横須賀線千葉行 (グリーン車使用)
07:25/07:30 (実際には乗り換えをもう1本遅らせたかも)
品川乗り換え・山手線
07:48
上野着
09:00
上野発常磐線スーパーひたち11号 指定席
11:16
泉着
17:30
泉発常磐線スーパーひたち54号 指定席
19:36
上野着
あとは適当に衣笠まで…

ハンドルバー延長+リアキャリー+ライト強化。

記録も兼ねて装備品をちまちまと紹介。いずれも輪行装備を前提としたクイックリリースタイプです。


ハンドルバー延長(MR4 R用)

MINOURA(ミノウラ) アクセサリーホルダー シルバー  SGL-300S を導入。その前にはMINOURA(ミノウラ) アクセサリーホルダー SG-200 シルバー を導入していたのですが、輪行時にはこのあたりのパーツをすべて外す必要があるため、ネジなし一発で外れるタイプに変更したのです。

例によってハンドルバーの分解ボルトに干渉するため、延長したバーが前方ではなく自分のほうに向かって延びるという変態仕様になってしまいましたが…。まぁ体に干渉することは無いだろ。

なお、SG-200はステム部に付けることを想定しているのですが、MR4はステムが台形なので付けられませぬ。ハンドルバーならステム結合部とハンドル分解ボルトの間にギリギリ入ります。

SGL-300SはSG-200と違って角度を無段階調整できないのですが、まぁ仕方あるまい。

リアキャリー(汎用)

色々迷った結果、IBERAのPakRakシリーズで合わせることに。IB-RA1 コミューターキャリアIB-BA1 コミューターバッグ の組み合わせです。

キャリアはシートポストに固定するタイプで、6角レンチ一本で取り外しが可能。バッグはキャリア専用なので、前の爪でひっかけて後ろの可動爪で固定。

バッグとしては、積載容量がざっくり2泊3日程度の着替えが入りそうなのと、自転車から外したときショルダーバッグにできるという点でまぁこのあたりかな、と。両サイド取り付けとか始めるときりがないし、「自転車旅」ではなく「自転車を持った電車旅」なので、分解時のことも考慮しないといけないので。

容量的には一眼レフセットも入りそうですが、ここに入れるか人間が持つかは微妙…振動がねー。衣類でクッション作れば大丈夫かなぁ…。

Macbook Airは、斜めに入れれば入ります。たぶん空いたところに衣類でも詰めれば安定するかと。SSDなのでディスクが破損する心配はないけど、こっちは液晶画面への影響が心配かな…。

購入にあたってググったところでは「取り付けるとまたがれない」という難点が示されていました。確かに後ろから足を回してまたがるのは無理!前から乗りませぅ。

あと、MR4 Rの場合…というかあたしの乗り方の場合、シートポストの長さが足りず、バッグ前方とシートが干渉。キャリアを一番後ろに持っていき、バッグの端を押し込めば一応は入ります。

ライト。

キャットアイ(CAT EYE) ハイパワーライト HL-EL620RC Nano Shot USB充電モデル を追加購入。CAT-EYEシリーズなのでハンドルへの取り付け部が共通なのと、夜間用ライトとしては 自転車人 Vol.027 (別冊山と溪谷) で高評価だったのでこれに決めてみました。USB端子はライト下側に防水パッキンされています。あと、オプションで充電池の交換部品が手に入る様子。

雨漏り対策で屋根裏を覗くときの懐中電灯として、さっそく役立っております(…ん?)

«MR4 R輪行強化。

無料ブログはココログ
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30